bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年09月01日

扇風機の修理

乾季真っ盛りの今、夜はほとんど扇風機を回さずに熟睡できる快適な涼しさを満喫しています。

先日久しぶりに1時間くらい扇風機を回して寝ようかな〜と思う夜があったんですが、スイッチを入れて見ると扇風機の羽根が回らず静か〜に首振りだけをしているという悲しい状態になってました。(>_<)

CIMG0480

そんな夜でも「仕方ねぇなぁ〜」と思いながらあっという間に爆睡してしまったんですが・・・(^^ゞ

乾季の今は扇風機が回らなくても困りませんが、そのうち扇風機必須な夜が必ずやってくるんで近所の修理屋さんへ持ち込むことにしました。

持ち込んだ扇風機は回らなくなった寝室の扇風機と、書斎と言う名の私専用の物置部屋にある[弱] [中] [強]の差がよくわからない弱気な(?)扇風機の2台です。

どちらもモーター交換になるんだろうなぁ〜と思いながら修理屋のお兄ちゃんに状態を説明して、夕方までに連絡をもらうことに。

チェックの結果は回らなくなった扇風機はモーター交換が必要なんだけど在庫が無いから2〜3日待って欲しいと。

そして弱気な扇風機は調整だけでしっかり強弱のメリハリをつけて回るようになってました。

CIMG0477

いったいどんな調整をしたのかは理解できないだろうから詳しくは聞いてませんが、日本の電気屋さんじゃこんな事はやってくれないでしょうねぇ。

もっとも日本の人件費を考えれば修理より新品への買い替えの方が安いってことになるでしょうし。

2日後にはモーター交換をした扇風機も戻って来て雨季の夜に向けた態勢はキッチリと整いました。(^_^)v

今回の修理費用は、弱気な扇風機の調整が Rp.40,000.(336円くらい)、寝室扇風機のモーター交換が Rp.150,000.(1,260円くらい)でした。

新品の扇風機が30万ルピアくらいからあるんで、モーター交換しても新品の半額くらいですね。

CIMG0474

電気製品の修理ならなんでも任せろ!という気合の入った修理屋さんスタッフさんたち、ありがとうございました。<(_ _)>

 

posted by たかお at 15:37 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活

2017年08月28日

激甘で美味いぞ!Soda Gembira!

昨日は大家さんのカーチャーターを使っていただいたお客さんと一日観光ドライブをしていました。

夕方ウブドの宿に送り届けてから帰る途中に大家さんが「お腹が空いたから何か食べてから帰ろう。」と言い出して、サヌールにある大家さんおすすめのワルンに寄ることにしました。

ptk59930

Warung Pojok という街道沿いによくある間口の広いワルンです。

20170827_PTK59931

場所はバイパス沿いのこのあたり。

食事として食べたのは八宝菜風の野菜炒め CapCay Goreng とNasi Goreng でした。

お値段はどちらも Rp.20,000.(165円くらい)だったと思います。(今回は大家さんのおごりなんで)

ptk59937

大家さんおすすめのワルンだけあって美味しかったんですが、このワルンで久しぶりに Soda Gembira という飲み物を見つけたので注文してみました。

ptk59934

Soda Gembira =直訳すると「ハッピー・ソーダ」とか「幸せのソーダ」でしょうか。

コンデンスミルクとグレナデンシロップがタップリと入ったグラスに無糖の炭酸水を入れて飲むという、見た目にも豪華な(?)飲み物です。

ptk59936

グラスにソーダ水を入れてかきまわすとカワイイピンク色の飲み物になんですが、よくかき混ぜないとストローで飲んだ時グラスの底で溶けきれていないコンデンスミルク+グレナデンシロップの原液が口の中にいきなり入ってきますのでご注意を!(@_@;

この可愛らしい Soda Gembira の味は写真から想像できるとおりの激甘です。(^_^)v

激甘のジュース Soda Gembira と一緒に八宝菜+炒飯の食事って・・・(^^ゞ

でもインドネシアで食べると結構普通の食事として食べられちゃうから不思議なんですよねぇ。

ptk59938

激甘ジュース Soda Gembira は、たぶん Rp.10,000.(83円くらい)で飲めると思います。

ワルンのメニューで Soda Gembira を見つけたら話のネタとして注文してみてください。

ハマる人ははハマりますよ〜!o(^o^)o

 

posted by たかお at 21:26 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 食事・食べ物

2017年08月24日

AirAsia Travel Fair に行ってみました

今日8月24日(木)〜27日(日)まで Lippo Mal Kuta で AirAsia Travel Fair をやるっていうんで行ってみました。

airasia_travel-fair_22082017

わたしの来年の訪日チケットはバリ〜東京就航記念セールですでに取ってあるんですが、今日本に行っている奥さんの年末年始をまたいだチケットが安くなっていないかどうかチェックするのが今回のミッションです。

CIMG0616

フェアの期間が4日間と長いせいなのか?夕方からは CINB Niaga 銀行発行のクレジットカードを使ったキャッシュバックのハッピーアワーが始まるからか?お昼頃の会場は閑散としてました。

CIMG0618

私自身はCINB Niaga 銀行とは付き合いが無いので空いているエージェントのブースで12月中旬成田発〜2月中旬デンパサール発の往復チケット(VOAで延長して60日間滞在予定)の値段をチェックしてもらいました。

出てきたチケットの値段は往復で 4.7Juta(38,900円くらい)から5.5Juta(45,500円)とのこと。

これっていつものセールに比べても全然安く無いじゃん!

bayubuana

事前にネットで調べて出ていたエージェントの値段が「片道1.5Jutaから」だったんで予算は往復で3.5Jutaを考えてました。

自宅に戻ってからエアアジアのサイトで普通に調べてみると、44,930円(往復43,330円+カード決済1,600円)で買えちゃうじゃん。

screencapture-booking-airasia-Flight-Select-1503555385928

値段を調べてくれたお兄ちゃんには「それじゃぁ高すぎるから今回はあきらめるよ。」と詳しいことは聞かずに帰ってきたんですが、もしかすると今回のフェア料金(DPS-NRT 1.5juta〜)はインドネシア発着に限ったものかもしれませんね。

ということで、今回の AirAsia Travel Fair は単なる冷やかしに終わってしまいました。(^^ゞ

まぁ奥さんのチケットは、そのうち小さなプロモーションでも始まるのを待ってみましょう。

 

posted by たかお at 16:16 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物

2017年08月22日

ウブドのメキシコ料理 Taco Casa

またもやわたしの守備範囲外のお店に連れて行ってもらいました。(^_^;

昨日は既にバリ入りWさん夫妻に加えてお友だちのMさんとNさんが合流し、ウブドまでの移動に大家さんのカーチャーターを使っていただきました。<(_ _)>

賑やかで楽しいおしゃべりを車中で楽しみながら比較的渋滞が少なかった道を快適に走って Ubud エリアに到着。

宿泊先へのチェックインの前にランチ!ということで Taco Casa というメキシカンレストランにみんなでおしかけました。

258hpxw5fnbmu773

場所はこちら。

日本に居た頃だって自分じゃ滅多に行かないメキシコ料理のお店ですよ〜!

さすがは名だたる観光地のウブド、いろんなお店があるんですねぇ。(何に感心してるのやら?)

PTK59644

オーダーはみなさんにお任せしてたら、ボリューム感のあるお皿が次々に運ばれてきました。

PTK59649

料理の名前を知ってるのはタコスとラザニアくらいかなぁ・・・(^^ゞ

PTK59654

チキンやビーフのお肉もしっかり入っているし、インドネシアに住み始めてから家で買って使ったことが無い(高いからねぇ)「タバスコ」やら「ハラペーニョ・ソース」なんかがテーブルにのっていたんで久しぶりに「サンバル」以外の辛さも堪能しました。(^_^)v

PTK59645

プリプリのエビが入ってるサラダも旨かった!o(^o^)o

やっぱりこういうお店は大人数で行って、いろんな料理をみんなでシェアして楽しみながら食べるのがいいですね。

インドネシア料理ばかり食べているわたしにとってはこの日もまた観光客気分を満喫した日となりました。

みなさん、今回もごちそうさまでした。<(_ _)>

2017年08月19日

サヌールのイタリアン・ワルン Stiff Chilli Sanur でピザ

知人の Wさん夫妻がバリ島のサヌールへ遊びに来ていたんで一緒にランチを食べてきました。

というか、昼メシをたかりに行った!というのが正しい言い方かもしれません。(^^ゞ

サヌールのエリアはわたしにとって完全な守備範囲外なのでオノボリさん状態で連れてってもらったのはビーチを正面に見られる Stiff Chilli Sanur というイタリアン・ワルンです。

Exif_JPEG_PICTURE

お店の場所はこちら。

めったに行かないイタリアンですから厨房の奥に見える石窯で焼いてくれるサラミピザを注文。

CIMG0594

わたし好みの薄い生地の上には予想を超えた量のサラミがのっていてテンションも上がり気味!(^_^;

注文してからピザが出てくるまではチョイと時間がかかりましたが、今回はWさん夫妻との楽しいおしゃべりの時間がゆったり取れたのでイラつくようなことはありませんでした。

でも1人で食べに行ってたら「ねぇ〜、ピザまだぁ〜?」って5回ぐらい言ってたかも。(^o^)

ゆっくりとしたランチも終わってお勘定をお願いすると、ウエイトレスのお姉ちゃんが持ってきた伝票がこれ。

CIMG0596

テーブルに置いた瞬間は「えっ?何?」と引いてしまったくらいインパクトがありました。(^o^)v

「だから何?」と言われても困るんですが・・・まぁこんな事もきっと旅の思い出になるんだろうなぁ〜!と思った観光地サヌールのイタリアン・ワルン Stiff Chilli Sanur でした。

Wさん、美味しいピザをごちそうさまでした。<(_ _)>

 

bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :