bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年12月12日

2017年12月現在のインドネシアルピア定期預金金利

ぼちぼち冬のボーナスが支給されて皆さんの懐も暖かくなった頃でしょうか?o(^o^)o

ということで、全国紙 KOMPAS 経済面のインドネシア国内銀行ルピア建て定期預金金利(すべて年利)の一覧表を載せておきます。

20171211_deposit

前回(2017年6月)と比べると相変わらず金利はやや低下傾向のようです。

2017年6月現在のインドネシアルピア定期預金金利: インドネシア居座り日記

インドネシアで生活していると様々なものの値段がジワジワと上がっているという実感がありますが、急激なインフレでは無いのでインドネシア国内では順調にお金(経済)が回っているということなんでしょう。

金利が下がっているのは経済政策もそこそこ上手く回っていて安定している証なんでしょうね。


※インドネシア入国時の無料観光ビザだけで定期預金(2017年12月現在の税引前年利7.5%)ができる銀行を紹介しています。

観光ビザで本人名義の定期預金・普通預金口座が開設できる銀行を紹介します: インドネシア居座り日記

観光ビザで開設できる定期預金の利息が上がります: インドネシア居座り日記

規模の小さい地域銀行なので多少の制約がありますが、リスクとメリットを天秤にかけてみてください。

お問い合わせは こちら から。

バリ島に遊びに来るたびに利息という「あぶく銭」でたっぷり無駄遣いして下さいね〜!o(^o^)o


 

posted by たかお at 07:14 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2017年11月09日

台所の蛇口が壊れた!(>_<)

1週間前に奥さんが再び日本へ行き、手慣れた単身生活では毎日(たぶん?)きちんと家事もこなしてます。(^_^)v

昨日もいつものように台所で「フフフンフ〜ン♪」ってな感じで食器洗いをしていると、蛇口の根本からポタリポタリと水漏れがしているのを発見。

「ありゃ?根本が緩むことなんて無いんだけどなぁ〜」と蛇口の上部を握った瞬間、蛇口が根本からポキリと折れてしまいました。(>_<)

EP080253

井戸水を使っている我が家は海から近いこともあり多少の塩分も含まれているんでしょう。(しょっぱく感じることは無いですよ)

しょぼく薄っぺらい蛇口の根本のネジ部分が見事に腐食して折れちゃったようです。

ここクドンガナンの家に引っ越してきた時に取り付けた蛇口ですから、もう6年も経っていたんで仕方ないでしょうか。

EP080256

しかし突然折れて水が吹き出してきたんで、とりあえず手の届く場所にあった古新聞をパイプに詰めて布巾やタオルでぐるぐる巻きにして台所の水没を阻止しました。

水道の元栓を閉めてから近くの Toko Bangnan(建築材料屋さん)へ行って新しい蛇口を買ってきました。

EP080252

見た目はピカピカで良さげですが、軽いプラスチック感バリバリの蛇口は Rp.47,500.(400円くらい)でした。

ここでケチらずに10万ルピアを超えるようなまぁまぁ品質のものを買ってくれば5〜6年後にまた大騒ぎする必要がなくなるんでしょうが、まぁまぁ品質のものでも一生ものでは無いので貧乏性のわたしは安いものを買ってきちゃいました。(^^ゞ

壁から出ているパイプにも少々細工をしてシールテープを巻いた蛇口をねじ込んで取替工事は無事に完了。

EP080261

ポキリと折れてから復旧まで買い物時間も含めて作業時間は小1時間程度で済みました。

これで毎日の家事も快適に出来ることでしょう。\(^o^)/

ただし、この蛇口が何年持つかは誰にもわかりません。(^_^;

 

posted by たかお at 13:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2017年10月30日

バリ島アグン山の警戒レベルが引き下げられました

在デンパサール日本国総領事館からメールがあり、アグン山の噴火警戒レベルが一段階引き下げられたとのことです。

p_1486949471

●10月29日午後4時(現地時間)、インドネシア・エネルギー鉱物資源省(ESDM)は、バリ島アグン山の噴火警戒レベルをレベル4(危険Awas)からレベル3(警戒Siaga)に引き下げたと発表しました。

1.10月29日午後4時(現地時間)、インドネシア・エネルギー鉱物資源省(ESDM)は、バリ島アグン山の噴火警戒レベルをレベル4(危険Awas)からレベル3(警戒Siaga)に引き下げたと発表しました。
2.引き続き山頂から6km(北、南東、南西部は7.5km)圏内は、立ち入り禁止区域とされていますのでご注意ください。
3.アグン山の火山活動の状況については、引き続き注意が必要ですので、今後も関連最新情報の入手に努め、安全に十分注意して下さい。

[参考情報HP]
インドネシア・エネルギー鉱物資源省(ESDM):
http://www.esdm.go.id/
インドネシア火山地質災害対策局(PVMBG):http://www.vsi.esdm.go.id/
インドネシア国家防災庁(BNPB):https://www.bnpb.go.id/
バリ州防災庁災害対策センター(BPBD BALI):http://balisafety.baliprov.go.id/
バリ州観光協会:http://balitourismboard.or.id/

============================================================
在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

日本でもニュースが流れてるようですね。

バリ島の火山 警戒レベルを1段階引き下げ | NHKニュース

バリ島アグン山噴火警戒レベルを3へ引き下げ:ハウズバリ バリ島生活情報誌

警戒の発表があってから約1ヶ月。

避難を余儀なくされていた13万人超の人たちの一部も、これで家へ戻ることが出来るんでしょう。

ただ、警戒レベルが引き下げられたと言っても噴火の可能性が無くなった訳じゃないので、これからも注意は必要です。

これから年末年始にかけてバリ島への旅行を計画していた人たちにとっては、少しは気が楽になったでしょうか。

バリ島はこれから本格的な雨季に入ります。

乾季には東からの風が吹くバリ島も雨季になると風が西からの風になりますので、今後噴火があっても噴煙や火山灰は東の方向(ロンボク島の方角)に流れると思います。

そうなればバリ島のデンパサール空港(Bandara Internasional Ngurah Rai)が閉鎖される可能性も低くなると思います。(絶対とは言えませんが)

火山活動が沈静化しているのも、バリ中の人たちが山を鎮めるお祈りをし続けてくれたおかげでしょう。

バリ島の神様とバリ島の人たちに感謝です。<(_ _)>

posted by たかお at 14:05 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 生活

2017年10月22日

来年(2018年)のカレンダーを買ってきました

早いもので今年も残すところ2ヶ月あまり。

ということで、バリ島での生活には絶対欠かせない来年2018年のバリカレンダーを買ってきました。

EP220183

買ったのはデンパサールのマタハリデパート地下にある本と文具のお店 Gramedia で、1部 Rp.10,000.(85円くらい)でした。

カレンダーを買ったらチェックするのは大きなイベントの日です。

2018年のニュピは3月17日。

EP220185

来月の1日にもあるガルンガンは2018年5月30日。

EP220186

イスラム教徒の断食明け大祭 Idul Fitri の休日は2018年6月15日と16日。

EP220187

そして2018年2回目のガルンガンは2018年12月26日。

EP220188

バリカレンダーは文字がびっしりと書いてあるんで日本人的なメモを書くスペースがありません。

そこでわたしは毎年日本語のカレンダーをダウンロードしてバリカレンダーに貼り付けてます。

EP220182

こうしておくと簡単なスケジュールを書いておくことが出来ますし、日本の祝祭日もわかってなかなか便利です。

一番便利なのは「あれっ?今年って平成何年?」って時にこの日本語カレンダーを見るとすぐにわかることでしょうか。(^^ゞ

なにしろこっちで生活してたら元号は全然使いませんからねぇ。

 

posted by たかお at 18:15 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2017年09月01日

扇風機の修理

乾季真っ盛りの今、夜はほとんど扇風機を回さずに熟睡できる快適な涼しさを満喫しています。

先日久しぶりに1時間くらい扇風機を回して寝ようかな〜と思う夜があったんですが、スイッチを入れて見ると扇風機の羽根が回らず静か〜に首振りだけをしているという悲しい状態になってました。(>_<)

CIMG0480

そんな夜でも「仕方ねぇなぁ〜」と思いながらあっという間に爆睡してしまったんですが・・・(^^ゞ

乾季の今は扇風機が回らなくても困りませんが、そのうち扇風機必須な夜が必ずやってくるんで近所の修理屋さんへ持ち込むことにしました。

持ち込んだ扇風機は回らなくなった寝室の扇風機と、書斎と言う名の私専用の物置部屋にある[弱] [中] [強]の差がよくわからない弱気な(?)扇風機の2台です。

どちらもモーター交換になるんだろうなぁ〜と思いながら修理屋のお兄ちゃんに状態を説明して、夕方までに連絡をもらうことに。

チェックの結果は回らなくなった扇風機はモーター交換が必要なんだけど在庫が無いから2〜3日待って欲しいと。

そして弱気な扇風機は調整だけでしっかり強弱のメリハリをつけて回るようになってました。

CIMG0477

いったいどんな調整をしたのかは理解できないだろうから詳しくは聞いてませんが、日本の電気屋さんじゃこんな事はやってくれないでしょうねぇ。

もっとも日本の人件費を考えれば修理より新品への買い替えの方が安いってことになるでしょうし。

2日後にはモーター交換をした扇風機も戻って来て雨季の夜に向けた態勢はキッチリと整いました。(^_^)v

今回の修理費用は、弱気な扇風機の調整が Rp.40,000.(336円くらい)、寝室扇風機のモーター交換が Rp.150,000.(1,260円くらい)でした。

新品の扇風機が30万ルピアくらいからあるんで、モーター交換しても新品の半額くらいですね。

CIMG0474

電気製品の修理ならなんでも任せろ!という気合の入った修理屋さんスタッフさんたち、ありがとうございました。<(_ _)>

 

posted by たかお at 15:37 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :