bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年12月10日

デンパサールで Mie Ayam

先日デンパサールの郵便局へ行く用事があった時、ちょいと小腹が空いていたんで裏通りにあった Mie Ayam(鶏肉の甘辛煮が乗ったそば)を食べてみました。

20170925-DSCF6053

Mie Ayam のワルンが密集している交差点をみつけて入ったのは RAMLI LALU というワルンで場所はこのあたり。

がっつりと食べたいほどでは無かったんでこの日はBakso(鶏肉のつみれ)無しの Mie Ayamです。

20170925-DSCF6050

Mie Ayam のワルンが密集している一角にあって競争も激しいせいか、なかなか美味しい!(^_^)v

カラッと揚がった Pangsit(ワンタンの皮だけを揚げたようなもの)をスープにつけて食べると程よくスープを吸ってフニャフニャになったところとカリッとしたところを同時に楽しめます。

この Mie Ayam と Es Jeruk(オレンジジュース)で Rp.10,000.(85円くらい)と聞けば「なかなか美味しい」から「十分に美味しい!」に格上げです。o(^o^)o

こういう事も多々あるんでワルンの新規開拓はやめられませんねぇ。(^^ゞ

posted by たかお at 13:49 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 食事・食べ物

2017年11月19日

Soto Ayam(鶏肉のスープ)屋探しで見つけたジンバランの Soto Ayam Surabaya

9月に見つけた近所の Soto Ayam(チキンスープ)屋さんに続いて、今度はジンバラン方面を探してみました。

20170912-DSCF6015

食べてみたのは Waroeng GoGo Soto Ayam Surabaya というワルンです。

場所は JL.Uluwatu II 沿いのこのあたり。

オープンしてからそれほど時間が経っていないような小奇麗なワルンで、テーブル席の他に座敷風の席がありました。

20170912-DSCF6016

注文したのは Soto Ayam + Nasi(鶏肉のスープ+ご飯)Rp.15,000.(127円くらい)と Es Teh(アイスティー)Rp.4,000.(34円くらい)で、合計 Rp.19,000.(161円くらい)です。

20170912-DSCF6018

いつものように Juruk(インドネシアのライム)を鶏肉、春雨、野菜などが入ったスープに絞り入れてから食べてみました。

ここの Soto Ayam も味は普通に美味しいんですが「うわっ、ウマっ!」というほどではありませんでした。(^_^;

100円ちょいちょいでバカうま!激うま!を探そうと思ってることに無理があるのかなぁ。

でも、これまでも安くて旨いワルンにいろいろ当たってるんで、あきらめずに探してみますよ。(^_^)v

 

2017年11月17日

クタのワルン CAK DUL でレレ・ゴレン(ナマズの唐揚げ)

昨日はクタにある旧くからの友人がやっているワルンへ行って夕食を食べてきました。

EP160404

友人のワルンの名前は CAK DUL で、場所はこのあたりです。

店主の Rodhi(ルディ)との付き合いは私が旅行者時代からなので、かれこれ20年近くになると思います。

20170214_DSCF6281

たまたま入ったワルンでコックとして雇われていたルディは、客が少なくなって厨房から出てきてカタコトのインドネシア語しかしゃべれない私を相手にいろいろおしゃべりをしてくれました。

その後働いていたワルンは無くなり、当時の同僚だったコマンと結婚してから閉店後の軒先を借りて夜だけ小さなワルンを開き、今年の1月には小さいながらもクタにお店を構えて「一国一城の主」となったサクセスストーリーの持ち主です。

EP160403

そんなワルンも着々と固定客をつかんでいるようで、ゆっくりとは言え確実にビジネスを大きくしつつあるようです。\(^o^)/

普段は夕方からの大渋滞に巻き込まれるのが嫌でなかなかルディのワルンへ行くことが少ないんですが、昨日は久しぶりにワルンをのぞいてみました。

EP160406

注文したのは大好物の Lele Goreng(ナマズの唐揚げ)と写真に写っていない Tempe Goreng(大豆の発酵食品の唐揚げ)、Es Juruk(オレンジジュース)で Rp.20,000.(170円くらい)。

炊きたてのご飯に揚げたてのナマズ!これに奥さんのコマンが作ったお手製サンバル(唐辛子ベースのソース)と一緒に食べれば実に旨い!o(^o^)o

食後は久しぶりに会ったルディ、コマンといろいろとおしゃべりも楽しめて、なかなか充実したディナータイムを過ごせました。

EP160407

最後にみんなで記念写真を撮って満腹のお腹をさすりながらバイクで帰宅しましたとさ。(^_^)v

 

2017年09月29日

近所の Soto Ayam(鶏肉スープ)屋さん Warung Surabaya

なんだか無性に Soto Ayam(鶏肉スープ)が食べたくなったものの、実は近所で食べたことがありませんでした。

でも特別な食べ物じゃ無いからどっかにあるだろうとバイクでウロウロして見つけたワルンに入ってみました。

DSCF6007

Warung Surabaya というワルン(安食堂)の場所はこちら。

小さなパサール(市場)の一角にあるごく普通のワルンです。

DSCF6006

食べたかった Soto Ayam とご飯を注文して、やってきたのがこれ。

DSCF6009

細切りの鶏肉とビーフン、数種類の細切り野菜が入った Soto Ayam にテーブルの上にあった Jeruk Nipis(ライム風のミカン)を絞り入れ、スープ用のサンバル(唐辛子の調味料で液状のもの)をスプーン一杯入れて食べてみました。

食べたかった Soto Ayam ですから美味しかったですよ。

でも普通に美味しいという程度で「またここで食ってみたい!」と思うほどでは無かったです。(^^ゞ

この Soto Ayam と Nasi Putih(白ご飯)に Es Teh(甘いアイスティ)をつけてお値段は Rp.20,000.(168円くらい)なので、過剰な期待を持つほうが悪いのかもしれませんが、たぶん同じくらいの値段でメチャ旨の Soto Ayam がどこかに絶対あるはず!

近所の Soto Ayam 屋巡りをして美味しいところを見つけたいですねぇ。

 

2017年09月26日

近くに新規開店した夜限定のSate屋さん Warung Sate Nikmat

我が家のすぐ近くに新しい Sate 屋さんが店を出していたんでお試しがてら食べに行ってみました。

DSCF6041

昼間は別のお店が営業していて閉店後の軒先を借りてワルンを出すという、インドネシアでは一般的な出店方法です。

Warung Sate Nikmat の場所はバイパス沿いにあって日産ディーラーの向かいにあります。

メニューはごく普通の Sate 屋さんのものでした。

DSCF6043

Sate Kambing(ヤギ肉の串焼き)とご飯を注文した後でじっくりメニューを見てたら、見慣れない Sate Susu と言う文字が目に止まりました。

Susu はミルクという意味なんで「ミルクの串焼き?なんだそれ?」と思いワルンのお兄ちゃんに聞いてみると牛のオッパイの部分の串焼きだそうな。

ネットで調べてみるといろいろと出てきて、中には「味と香りはチーズに似ている。」なんて書いてあるところも。

Sate puting susu jadi kuliner paling diburu saat buka puasa di Bali | merdeka.com (インドネシア語)

Sate Susu ala Bali - Kompas.com(インドネシア語)

こりゃ次回食べてみないと!o(^o^)o

しばらくして出てきた Sate Kambing(ヤギ肉の串焼き)は他のワルンより肉が一回り大きくていい感じ!

DSCF6044

お肉のひとつひとつが大きいとヤギ肉の柔らかさやジューシーさも味わえていいですねぇ。(^_^)v

屋台で食べる超ミニミニ ケバブのように串に巻きつけた Sate Kambing とはまた違った食感が味わえました。

Sate Kambing+Nasi Puti(白ご飯)+Es Jeruk(オレンジジュース)の豪華3点セットで Rp.30,000.(255円くらい)と値段もお手頃価格!

お肉が大きくて「肉食った〜!」感を十分味わえたワルンでしたが、まだ開店して間もないからかお客さんが少ないようでした。

お客さんが少なくて撤退しちゃうのはもったいないですから、毎日夜6時ごろからオープンしてるようなんで是非 Warung Sate Nikmat へ寄って食べてみてあげてくださいね!

 

 

posted by たかお at 07:10 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 食事・食べ物
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :