bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年12月04日

EPO(KITASを取り消す手続き)のため弾丸シンガポール往復!

今日無事にEPO(=Exit Permit Only KITASを取り消す手続き)のため弾丸シンガポール往復をしてきました。(^_^)v

来年1月に取得予定のリタイアメントビザの手続きのためには現在取得中のビザを取り消す(二重にビザは発給しない)ことが条件になっているんで、強行軍ですがしかたありません。

EP040686

アグン山の噴火による空港閉鎖以来、前日(12月3日)までフライトキャンセルだったエアアジア QZ502便は今日から再開。

screencapture-airasia-my-en-latest-news-flights-affected-by-mount-agung-volcanic-activity-as-of-3-december-2017-2200hrs-page-1512381486321

いやはや「4日も飛ばないかもなぁ〜」と思いつつ今朝4時に起きて、このインフォメーションを見た時には一人ガッツポーズをしちゃいましたよ。o(^o^)o

シンガポール行きのフライトはありがたいことに出発も到着もほぼ定刻通り。

EP040689

到着したシンガポールのチャンギ国際空港のイミグレーションは予想以上に閑散としてました。

EP040690

それにしても今年の10月末にオープンしたばかりとあってチャンギ国際空港のターミナル4(LCC向けターミナル)はどこもメッチャきれいですねぇ。

EP040695

シンガポールへの入国もスムーズにいってターミナル内を走って移動する必要も無かったんで、まずは到着フロアの外にある喫煙所に直行。

EP040697

喫煙所はターミナル2とのシャトルバス乗り場の脇にありました。

エアアジアが使ってるチャンギ国際空港ターミナル4は地下鉄駅が無いので、地下鉄を使って市内へ行く場合はこのシャトルバス(無料)でターミナル2へ移動する必要があります。

EP040701

2階にある出発フロアへはエスカレーターで移動。

LCC向けのターミナルなので自動チェックイン機やら自動バゲージタグ発券機やらがたくさん並んでいて、カウンター内の人は少なかったですね。

EP040703

観光している余裕も無い今回のシンガポール往復なので、すぐに出国手続きに向かいました。

出国ゲートは三分の一が有人ゲートで三分の二が自動ゲートが並んでました。

最初は有人ゲート側に並んでいたんですが案内のお姉さんが「日本のパスポートは自動ゲートが使えるからどうぞ。」と案内してくれたんで自動ゲートを使って出国手続きを済ませました。

自動ゲートは2段階になっていて最初はパスポートの本人写真があるページを読み取り、次にチケットのバーコードを読ませると1段階目のゲートが開いて進めます。

1段階目のゲートの先では入国時に登録する指紋の読み取り装置があって、両手の親指をガラス面にくっつければ2段階目のゲートが開いてくれます。

ICパスポートならこの仕組で出入国管理が出来るんでしょうが、なんで日本は事前登録制などという面倒な仕組みになってるんでしょうかねぇ?

日本はすでに「過去の先進国」で今の先進国では無いのかも。(>_<)

EP040708

出国手続きとセキュリティチェックが終わって時間に余裕があったんで出発フロアの上(3階部分)にあるフードコートでブランチをすることにしました。

EP040711

機内〜空港とエアコンだらけの場所に居続けて冷え切っていたので温かい麺をチョイス。

EP040710

なんだが具がたくさん乗ってるチキンヌードルセット SGD7.90(665円くらい)をお願いしました。

EP040715

待つこと5分で出てきた具だくさんのチキンヌードル。

EP040716

体が温まって満腹になれば当然タバコ!(^_^)v

出発フロア2階と3階の喫煙所はどちらもきれいでしたよ。

EP040731

出発フロアの椅子にはたくさんコンセントがついているんで、搭乗前に手持ちのスマホやらタブレットやらの充電もできて便利そうです。

EP040744

帰りのQZ505便もほぼ定刻通りに離陸。

EP040756

バリ島南部のヌサペニダ島上空を旋回してから無事にバリ島へ帰ってきました。

voa

今回のインドネシア入国では次回の出国(リタイアメントビザ取得)予定まで30日を超えているんで、VOA(Visa on Arrival)のUS35ドルを支払いました。

久しぶりのVOA入国だったんですが、今はVOAだと入国審査がインドネシア人・KITAS・KITAPのレーンを使えるんで、長蛇の列になっている無料の到着ビザの人たちを横目にササッと入国審査が終わりました。

小さな手荷物だけだったのに税関で呼び止められましたが(風貌が怪しいのか?)当然怪しいものは何も無くすぐに放免。

預け荷物のピックアップが無かったとは言え、飛行機の到着から20分ほどでターミナルを出てきちゃいました。

出発前はドキドキハラハラだった今回のシンガポール日帰り弾丸往復も終わってみれば全部順調に終わりホッとしています。

帰宅後は留守番をしていた子どもたち&孫たちに「留守番ご苦労であった!」と褒めてあげてからお気に入りの缶入りキャットフードをあげて労をねぎらってあげました。

このままアグン山の噴火が沈静化しますように。

 

posted by たかお at 20:31 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) |

2017年10月20日

無事に帰宅

わずか1週間の日本滞在中、運動会の季節なのに晴れたのは1日だけ、しかも気温は12月並みという(わたしにとっては)過酷な旅を終えて無事にバリ島の我が家へ帰ってきました。(^_^)v

一番心配していたアグン山もまだ噴火しておらず、警戒レベルは相変わらず最高レベルの「Awas(危険)」で変わりは無いものの、ここ2〜3日は火山性地震も少なくなっているそうです。

EP570111

日本滞在中は父ちゃんと一緒に近所の居酒屋へ行って飲んだり食ったりしてました。

EP570108

父ちゃんにとってみれば55歳を超えた息子でも未だに子供という感覚。

EP570109

あれ食うか?これも食え!と居酒屋のつまみだけで十分に満腹になるほど食わせてもらい、当然のように支払いは年金生活者である父ちゃんの財布から出してもらいました。<(_ _)>

EP570103

そして実家のある亀戸と言えば、シメはやっぱり亀戸ぎょうざ!(^_^)v

1皿250円のぎょうざを6皿(1,500円≒えっ!1食でRp.177,000.!)たいらげて十分に堪能してきました。

滞在最終日は恒例になった感のある近くのステーキハウス ビリーザキッドへ行って親子揃って肉のさんざ食い。

EP580162

すでに50の大台を超えた弟は500gの特大ステーキをオーダーして見事に完食。

EP580164

わたしは200gのステーキですがこれでも十分に「肉食った感」を満喫。

一緒に写ってるタバコの大きさで500gと200gの違いはわかってもらえますかね。

EP590165

今回もほとんどがキャットフードというパッキングで、弟の車で送ってもらった羽田空港からジャカルタへ向けて出発。

今回もエコノミークラスでも機内預け荷物が46Kg+スポーツ用品(ダイビング機材?)として23Kg=69Kgを無料で運んでくれるというガルーダ・インドネシアの大盤振る舞いをフルに利用させてもらいました。<(_ _)>

ガルーダ・インドネシアならエアアジアと違って食事も飲み物も無料なんで、LCC慣れしている私にとっては天国のようなフライトでした。

GA875便、羽田〜ジャカルタ間でいただいた和食(白身魚のあんかけ)の機内食がこれ。

EP590168

GA412便、ジャカルタ〜デンパサール間でいただいた機内食(Bakso Ikan)はこれ。

EP590174

機内食に慣れてる人にとってはきっと「特になんちゅうことは無いご飯じゃね。」という感じなんでしょうけど、LCCの「お金払ってるのにこんなもんかよ!」という機内食の100倍くらい美味しいご飯でした。(^_^)v

ジャカルタ空港での税関チェックでは預けた荷物3個中2個が検査の対象となりましたが、X線に通して「中の粒状のものは何?」と聞かれて「キャットフードっす!」と答えると「ふ〜ん。」とうなずきながらOKを出してもらいました。

デンパサール空港では毎回荷物を全部開けられていたことを思うとジャカルタ経由の方が楽ちんだな〜という印象です。

もちろん直行便にくらべればトランジットはあるしデンパサール空港到着は深夜11時頃になっちゃうデメリットもありますけどね。

なにはともあれ子どもたちのご飯(キャットフード)の体力勝負輸入も無事に出来て、今年2回目の訪日は無事に終了いたしました。

めでたしめでたし。

 

posted by たかお at 20:09 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(4) |

2017年10月17日

こっそりと日本に来てまして (^_^;

別にお忍びってわけじゃないんですが先週の金曜日から日本に来ています。

訪日の主たる目的はキャットフードの買い出しなんで、滞在期間も実質6日間という短さです。

それでも日本の食事を楽しんだり、ちょっとした買い物なんかをして過ごしています。

CIMG0653

有楽町のガード下で食べたネギトロ丼。

EP540015

実家近くのパン屋さん「内野のパン」で買ってきたタマゴサンド、アンパン、カレーパン。

EP560097

友だちがごちそうしてくれたアフタヌーンティーのケーキ。

EP550032

実家で父ちゃんとおでんで晩酌。

と、まぁいろいろと楽しんではいるんですが、楽しめないことも・・・

EP550038

予想以上に寒い!(@_@)

お天気お姉さんは笑顔で「12月中旬頃の気温になるでしょう。」と言ってましたが、とても笑顔が出る気温じゃありません。(>_<)

気温は低いわ、雨は降り続いてるわで、わたしにとってかなり過酷な日本滞在となってます。

すでにインドネシアへのホームシックが・・・(^_^;

やっぱ1年中短パン+Tシャツ+サンダルで過ごせるって素晴らしいことなんだと、あらためて実感しました。

 

posted by たかお at 06:31 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年11月02日

ガルーダ・インドネシア航空で日本へ行ったよ!帰りは直行編

さてさて、肌寒い秋を感じながら柿やおでんを食べてるうちに、あっという間に帰国の日となっちゃいました。

帰国便が飛ぶ29日は前夜から実家に来てくれていた弟の車で成田空港まで送ってもらったんですが、空港まで車で10分チョイというバリの我が家と違って、実家から成田空港までは高速道路を使って1時間ほどかかりました。

CIMG0034

ガルーダ・インドネシア航空を利用する最大の魅力である「エコノミークラスでも46Kgまで預かりまっせ!」という太っ腹な対応を存分に楽しむために日本滞在中にバリ島へ持って帰る人用とネコ用の食材などいろいろと買い出しをしたんですが、どうやら少々調子に乗りすぎたようです。(^^ゞ

手押しカートからあふれそうな5つのダンボール箱をチェックインカウンター脇のベルトコンベアに乗せると、表示された重さは49.7Kg!

まぁ実は運ぶ前から46Kg制限を超えることはわかっていて、カウンターで「おまけしてよ〜」って言ってみたらどうなるのかなぁ〜?という実験の意味も含めてそのまま空港まで運んできたんです。

で、チェックインカウンターのオネエサンに「あらま!でもこのくらいはマケテくれませんかねぇ。」と聞いてみると「それは出来ませんのよ〜、ごめんなさいね。オホホ・・・」と笑顔で対応されてしまい、作ってもらった伝票をデルタ航空のあるAカウンターまで持っていって3Kg超過分の8,400円を支払ったのでありました。(>_<)

20Kg制限だった頃は2〜3Kgのオーバーは多めに見てくれていた気がするんですが、46Kgに緩和したんだから1Kgオーバーでもちゃんと超過料金はいだだきますよ!ということなんでしょう。

そして帰国便のGA881デンパサール行きはほぼ定刻に成田空港を離陸したんですが、さすがは観光地バリ島への直行便なんでしょう、木曜日の便なのに機内は9割方席が埋まっている状態でした。

シートベルト着用のサインが消えたところで本でも読もうと思ったら、なんと読書灯が点かない!

おぉ〜っ、これぞガルーダ・インドネシア航空!やっぱこうじゃなきゃ!w(^o^)w

と思いながらもCAさんに申告してみたら「故障しているようなので前方の非常口の席へ移動されますか?」との回答。

そりゃWebチェックインでもブロックされている非常口横の席なら足も伸ばせるので、仕方ないなぁ〜という顔をしながら喜んで座席を移動しました。(^_^)v

CIMG0043

ギャレーとトイレのすぐ後ろっていうのはちょいと難点ではありますが、昔はあったトイレの匂いが漂うようなことも無いし愛用のiPodでヘッドホンを使っていれば音も全然気にならないし、とにかく足元が広々としているので実に快適な空間です。

これまたお楽しみの機内食ですが「和食しか残っていませんので」と出されたものがこちら。

CIMG0037

羽田行きの便と同様、私には少々物足りない薄味の味付けでしたが焼き魚の麦味噌あんかけも、髪の毛に良いと言われてる(必要無いか)ひじきの煮付けも美味しかったですよ。

GA881-Meal

小さなどら焼きは大事に取っておいて、食後のコーヒーを頼んでから「ムフフ・・・」と怪しい笑みを浮かべながらゆっくり食べるという、大好物は最後にとっておく子供のような食べ方をしてしまいました。(^^ゞ

もちろんここでもガルーダ印のかわいいお箸はお持ち帰りさせていただきましたよ。(^_^)v

CIMG0044

GA881便は大きな揺れも無く順調に飛行しましたが、デンパサール空港到着前には「空港混雑のため・・・」ということで20分くらい上空待機をしていました。

それでもほぼ定刻にデンパサール空港へ着陸し、入国カウンター(KITAS所有者なのでローカル列でほとんど並ばず)から荷物のピックアップと進み、入国時最大の難関(?)である税関へと向かいました。

案の定ダンボール箱5箱もかかえる怪しいオヤヂに目をつけて、今回の荷物で最大の重量(12Kg弱)となる小型レーザープリンターの箱を指差して「これ開けて!」と言ってきました。

CIMG0033

US250ドル以上の外国製品を税関申告書に申請しないで持ち込んでるんだろう!という事なんでしょう、「新品か?」「会社で使うのか?」「領収書はあるのか?」と立て続けに質問をしてきて、結局「事務所においで!」ということに。

最終的には6,780円で買った領収書見せたら「なんだ60万ルピアか、じゃぁいいや。」ということで無罪放免になりました。(^_^;

ホントは他のダンボール箱に日本で買った酒類が全部で4.6L(持ち込み可の量はは1人1Lまで)も入っていたんですが、こちらはノーチェックでした。\(^o^)/

これからインドネシアに来る方で日本の電子機器など見かけ上高額に見える物を持ち込む場合は、必ず領収書を持参しましょう!

実は昨年14,980円で買ったHP製の格安サーバーを弟に頼んで持ち込んでもらった際、領収書が無くて罰金名目の現金を少々(詳細は秘密)渡して入国したということもありましたので。(^^ゞ

そんなプチトラブル(?)がありながらも無事に荷物とともに再入国を済ませ、大家さんに迎えに来てもらって我が家へと戻ってきました。

6年ぶりに乗ったガルーダ・インドネシア航空での度は実に快適でしたが、じゃぁ「次回もガルーダで!」となるかと言うと値段の問題もあってそうは乗れそうもありません。

しかし46Kgまで無料というのはホントにありがたいサービスなので、1年おきくらいにエアアジアとガルーダを使うってのもありかもしれませんね。

ガルーダさん、インドネシア発でも安いチケットを出してくださいね〜!w(^o^)w

 

posted by たかお at 07:18 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年10月30日

ガルーダ・インドネシア航空で日本へ行ったよ!訪日編

今回の訪日日程は10月21日から29日までの1週間で、6年ぶりとなる憧れのガルーダ・インドネシア航空を利用しました。

今回は10月21日〜22日のデンパサール空港からジャカルタ空港乗り継ぎをして羽田空港までの往路編です。

DSCF3772

ジャカルタ行きのGA423便に乗るために1時間ほど前にデンパサール空港まで大家さんに送ってもらい、チェックイン後はすぐに国内線出発ロビーにある喫煙スペースへと直行しました。(^^ゞ

ターミナル内には6番搭乗口の奥というか出発ロビーの一番西側に大きな露天喫煙スペースがありました。

出発までインド洋に沈む夕陽を見ながら海風にふかれながらタバコを吸って、ちょっと優雅な気分を味わっていました。

1-Cの搭乗ゲートへと進むと、なんとここにも喫煙所がきちんと設置されていました。

最近公共スペースでの禁煙化が進んでいたんでゲート付近には喫煙スペースは無いものだと思い込んでいたんですが、さすがスモーカー天国のインドネシアです。(^_^)v

定刻でテイクオフしたGA473便はジャカルタまでの2時間のフライトですが、LCCとは違ってしっかりご飯も出してくれます。(^_^;

DSCF3776

ご飯の選択肢は無くチキンのトマトソース煮温野菜添えでしたが、以前のガルーダ・インドネシア航空の機内食のようにご飯の表面がパサパサに乾燥するようなことも無くて美味しかったですよ。

しかし、いつの間にエコノミークラスの機内食のカトラリーがステンレス製になったんですかね?

プラスチックのカトラリーしか記憶が無いんですが。(^_^;

ジャカルタ空港ではパブリックの喫煙スペースが見つからず、結局1杯 Rp.43,000.(385円くらい)も払ってコーヒーショップでタバコを吸ってました。

DSCF3777

そして羽田行きGA874便へ搭乗して、これまた定刻に出発。

機材は毎年使っているLCCのエアアジアと同じA330でしたが、シートピッチは「おっ!広いじゃん!」と思えるほどの差は感じられず、ほんの少しだけ足元に余裕があるかなぁ〜という感じだったのでエアアジアより1ピッチくらい広いのかもしれません。

機内は見た目で搭乗率6割ぐらいという感じで、2-4-2配列の中央4席を独占してしっかり横になって寝ることもできました。

肘掛けを全部あげて横になる準備をしていたら、頼んでもいないのにCAさんがシートベルトのエクステンション(延長用のベルト)を笑顔で持ってきてくれました。

こんな小さな事ですが「サービスが良くなったなぁ〜」と実感する場面でした。

DSCF3780

日本時間で朝の5時頃になると朝食がサーブされはじめたので、ここは食べ慣れていない(?)和食をチョイスしました。

ヤクルトが付いていたのがなにげに嬉しかったです。

GA874-Meal

塩分控えめの塩ジャケがのったおかゆでしたが、塩分大好きな私には物足りない味付けだったので、そばつゆを少しづつかけながら完食させていただきました。

味付けの薄さは私が濃い味好みという単純な理由ですから、機内の朝食としては決して不味く無かったですよ。

この機内食で気に入ったのがガルーダ・インドネシア航空のロゴが入った可愛らしいおはしです。

DSCF3788

あまりにも気に入ったので朝食のおかゆをスプーンとフォークで食べて、おはしは大事にお土産として持ってきちゃいました。(^^ゞ

GA874便は飛行中に大きな揺れもなく定刻より20分ほど早く無事に羽田空港に着陸しました。

DSCF3785

6年前には無かったパーソナルモニターもきちんと動いてましたし、以前はよく故障していて使えなかった読書灯も問題無く使えたので隔世の感がありました。

ちょっと前までEU諸国への乗り入れ規制を受けていた航空会社と思えないほどでした。

チケットは高いけど、やっぱりLCCとは違う良さがありますね。

プロモーションでもやってくれれば乗るチャンスはあるんでしょうけど、次にガルーダ・インドネシア航空を使うのはいつになるやら。(^_^;

posted by たかお at 22:09 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) |
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :