bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2016年06月28日

JT の MEVIUS Fullstream Filter 20本入り

今回はインドネシアで買える日本のタバコ MEVIUS Fullstream Filter 20本入りを買ってみました。

DSCF5008

もちろんクレテック入りではありませんが、来月の訪日時にクレテックの香りがしない外出時用のタバコとしてどうだろう?と思って選んでみました。

近所のスーパーマーケットでのお値段は、一箱20本入りで Rp.18,500.(145円くらい)でした。

DSCF5012

インドネシアでも JT の関連会社 PT JAPAN TOBACCO INTERNATIONAL INDONESIA があるんですが、底面を見てみたらマレーシアで作っていたんですね。

きっとインドネシアには工場が無いんでしょう。

DSCF5011

ニコチンは1.0mg、タールは12mgとマイルド系の数値が表記されています。

DSCF5017

普通のタバコのようにパッケージのビニールを上部1/3くらい取ってもこのタバコは吸えません。(^^ゞ

横にスライドしてタバコを取り出すタイプのパッケージなので包装されているビニールを全部取らないとならないんですが、キッチリ包装されている下部 2/3 のビニールを脱がす(?)のはちょいと面倒です。

DSCF5018

Fullstream Filter ってのがどんなものかよくわからんのですが、どうやら「吸いやすく味もしっかり!」というようなもののようです。

パイプ状になったフィルターがキモなんでしょうね。

DSCF5024

さっそく一本吸ってみるとクレテックタバコじゃ無い時点ですでに物足りません。(^_^;

なので味は私好みでは無いことは明らかですが、吸った感(ニコチン摂取感)はまぁまぁという印象で以前に買ったインドネシアのマルボロ・オリジナルより吸った感はあるような気がします。

これなら日本の喫煙所など喫煙可能な場所で吸っても周りから「んっ、なんだこの匂いは?」という顔をされずに済みそうです。

インドネシアではこの MEVIUS Fullstream Filter のほか、MEVIUS Original と MEVIUS Lights が売られているんですが MEVIUS Fullstream Filter より軽いので買う気はありません。(^^ゞ

来月の訪日時には、この MEVIUS Fullstream Filter と普段吸っている Djarum L.A.BOLD を1カートンづつ持っていくことになるでしょう。

 

2016年06月14日

Gudang Garam Deluxe 両切り 16本入り のクレテックタバコ

近所のワルン(雑貨屋さん)で買った Gudang Garam Deluxe という両切りのクレテックタバコを吸ってみました。

DSCF4236

パッケージは大きめでゴールドのデザインもかなり目立ちます。

DSCF4238

この Gudang Garam Deluxe 16本入りのお値段は Rp.16,000.(130円くらい)でした。

DSCF4239

両切りのクレテックタバコらしく、ニコチンは2.7mg、タールは38mgと表記は重量級です。

DSCF4936

丁寧な手巻きのクレテックタバコで、内側の包装もきれいにセロハンでパッケージされてますから、安い両切りタバコよりは湿気に強いかもしれません。

DSCF4937

タバコの葉っぱがギッチリと詰まってるのでテーブルでトントンと吸口側を叩いてみても1mmも詰まる気配が無いほどです。

吸った印象はフィルター付きの強めのタバコと同じ程度の感じで、パッケージの表記ほどのガッツリ感は無くスムーズに吸える印象です。

わずかに香料の香りがしますが、基本的にはオーソドックスなクレテックタバコという感じで、ゆったりとクレテック自体の香りを楽しめますね。

さすがに手巻きでギッチリ詰まったタバコですから、一度火をつけると17〜18分は吸っていられます。

インドネシアらしくこのタバコを指に挟んで、のんびりとおしゃべりしながらというシチュエーションが似合いそうです。

デラックスという名前らしく、両切りのクレテックタバコの中でもかなり吸いやすい上品なタバコだと思います。

のんびりとタバコを吸える環境(これが現代では一番困難か?)があれば是非お試しを!(^_^)/

 

2016年04月03日

Dunhill Finecut Kretek ダンヒルのクレテックタバコ

「これもクレテックタバコなんだよ!」とワルンのおばちゃんに教えてもらったタバコです。

DSCF4163

Dunhill Finecut Kretek 16本入り Rp.16,000.(138円くらい)です。

DSCF4165

ホントにクレテックタバコなの?と思って手にとってみたら、パッケージの裏にちゃんと書いてありました。

DSCF4168

タール 21mg、ニコチン 1.5mg なので、いわゆるレギュラー系のタバコですね。

DSCF4612

ハードパッケージを開けるとアルミ製っぽい包装になっていて、しかもこのアルミ包装の上部がシール式で香りと鮮度(?)を維持するようになっています。

DSCF4616

タバコ自体はややスリム系の巻き方で、パッケージの中に 8本 × 2段 で並んでいるため厚みは無いんですが少し幅広(デブっぽい)印象を感じます。

DSCF4621

インドネシア国産のタバコに比べるとデザインも垢抜けている感じでしょうか。(^^ゞ

吸った印象は、香料の甘い香りがするもののしつこい感じは無くて、クレテックの香りの上にほんのり香料の香りがする感じです。

タバコを吸った時の「重さ」という点では普段吸っている Djarum L.A.BOLD よりタールもニコチンも少し高い数字が書かれてますが、ほとんど「重さ」に変わりが無いように感じました。

両切りのようなガッツリ感はもちろんありませんが、ニコチン摂取感も十分にあるし吸い終わるまで10分程度なので「ながら吸い」にもいいかもしれません。

いやらしくない甘い香料の香りも、クレテック自体の香りも、なかなか私好みのクレテックタバコです。

値段がもうちょっと安ければ普段用のタバコとして Djarum L.A.BOLD との2本立てでもいいかなと思えます。

マイルド系じゃ物足りない、でも甘い香りが強すぎるのはチョット・・・という人にはベストなクレテックタバコかもしれませんね。

試してみる価値のあるおすすめのタバコです!(^_^)/

2016年03月30日

Djarum CLAVO 両切りのクレテックタバコ

最近とんと吸わなくなった両切り(ノンフィルター)のクレテックタバコですが、ちょっと洒落たパッケージに惹かれて買ってみました。

CIMG0063

Djarum CLAVO 12本入り Rp.13,500.(117円くらい)です。

CIMG0061

タール 38mg、ニコチン 2.4mgと、両切りのタバコらしい数字です。

DSCF4559

マッチ箱のように内箱を引っ張りだすパッケージの中には、テーパー状の手巻きタバコが詰まってます。

DSCF4564

手巻きのタバコは機械巻きに比べてどれもタバコの葉っぱがギッチリと詰まっていて、1本持っただけでもずっしり重い(大げさ?)感じがします。

なかなか洒落たハードパッケージに入った両切りタバコの味は?と火をつけて吸ってみると・・・んっ?

ごく普通の両切りクレテックタバコという感じで、両切りクレテックタバコの代名詞と思ってる Dji Sam Soe(234)と大きな違いが無いような気がしました。(^^ゞ

香料の甘い香りは無く、純粋にクレテックの香りが楽しめるタバコだと思います。

ちなみに一度火をつけると20分近く楽しめますよ!(^_^)v

最近買ってないから正確にはわからないけど、値段もメジャーブランド Dji Sam Soe(234)12本入りと同じ程度なのでどっちを選ぶかは難しいですね。

この Djarum CLAVO はハードパッケージなので、ポケットに入れて持ち歩いてもポケットの中にタバコの葉っぱがこぼれることが無いのがメリットですが、メジャーな Dji Sam Soe(234)に比べると売っている店がやや少ないところがデメリットでしょうか。

個人的な感想は「手元にあったら吸うけど、自分で買うんならどこでも手に入る Dji Sam Soe かな。」という結論です。

ガッツリ系のタバコがお好みの方は、是非吸い比べてみて下さい。(^_^)/

2016年03月07日

Wismilak Diplomat クレテックの香りが良いタバコ

今回のクレテック・タバコは今まで吸ったことはもちろん、こんなメーカーがあることすら知らなかったタバコです。

DSCF4108

Wismilak Diplomat 12本入り。

近所のワルンで Rp.16,000.(140円くらい)でした。

DSCF4111

ニコチン=1.7mg、タール=35mg と数値だけを見るとフィルター・タバコとしては結構ヘビー級です。

DSCF4355

12本入りなのに Rp.16,000.もする高級タバコ(?)なのでパッケージの中もゴールドで包装してありました。

DSCF4359

パッケージを開けると結構な太巻きのタバコで、いきなりクレテックの香りが結構強く漂ってきました。

さてさて、どんな味のタバコやら?と火を付けて吸ってみた第一印象は、高級感のあるパッケージらしく吸いやすくて美味しいなぁ〜!という印象です。

パッケージを開けた時に漂ってきたクレテックの香りは火を付けて吸うとより一層強く感じますが、甘い香料は(たぶん)ほとんど入っていないので純粋にクレテックの香りを楽しめます。

ニコチンとタールの数値表記は高いものの、吸った印象は数値ほど強いという感じでは無く、普通に「フワッ」と煙が入ってきて実に吸いやすいタバコです。

太巻きでタバコの葉がギッチリと詰まっているので、吸い終わるまで15分以上楽しめるのもいいところかもしれません。

ただし、急いでタバコを吸わないとならない日本のビジネスマン&ビジネスウーマンには合わないでしょう。(^^ゞ

値段を別にすれば実に美味しいタバコなので、たまには買って吸ってみたいな!と思わせるタバコでした。

Wismilak というメーカーからは他にもいろいろあるようなので、そのうちチャレンジしてみます。w(^o^)w

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :