bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2015年03月12日

怪我した Harja が再入院して手術を受けることに

バイクに引っ掛けられて怪我をし、先日退院した孫の Harja

退院から1週間経った9日にクリニックでチェックを受けてきました。

お腹のアザも薄くなって腫れも引いていたので良くなっていると思っていたんですが、ドクターから「腹膜(筋膜?)に破れているようで、内臓が少し出ているようだ。」と言われました。

大きな問題にはならない程度とは言え当然手術が必要とのことで即入院。

10日に手術を受けたあとにドクターから説明を聞くと、腹膜(筋膜?)に2cm強と1cm弱の2ヶ所切れた部分があったとのこと。

縫合だけなので1日様子を見て翌日には退院しても大丈夫と言われました。

ただし、我が家の状況もわかっているドクターからは「縫合部分が完全になるまで1週間ケージに入れておいてね。そうしないとみんなと遊んでいるうちに縫合部分が開いちゃうから。」とのお達し。

退院はできるけど1週間の自宅療養を義務付けられた Harja は、無料で貸してもらったケージとともに昨日クリニックの車で我が家へ帰ってきました。

DSCF2407

孫兄妹やお母さんの愛ちゃんも心配そうに(野次馬チックに?)Harja を見守ってくれてました。

Harja 本人は手術後の痛みも無いのか時々「出してくれ〜!」と叫んでますが、1週間は我慢してもらわないといけません。

人間の子供なら「だから道路に飛び出すと危ないって言ってるでしょ!我慢しなさい!」と言い聞かせるんですが、Harja に言い聞かせても納得はしていないようです。(^^ゞ

この程度の怪我で済んだんだから、ホント不幸中の幸いと思ってるんですけどね。

今回の2泊3日の手術入院費用は Rp.710,000.(6,700円くらい)でした。

nota

かわいそうだけど、もうしばらくは窮屈なケージ生活に我慢してもらうしかありません。

2015年03月02日

怪我で入院していた Harja が退院しました

一昨日の朝、Kamar mandi(シャワールーム)の前で静か〜にうずくまっていた Harjya(ハルジャ)。

「どうしたんだい?」と体に触ると怒ったような声を出して手出しを拒否するような感じでした。

こりゃ普通じゃないぞ!ってことで、バイクでクタにあるクリニックへと搬送しました。

少しだけお腹が腫れていたので、もしかするとオシッコが出なくて動けず、触られると痛みがあったのか?と心配したんですが、先生にチェックしてもらったところ右後ろ脚に外傷があって腹部には打撲のようなアザが見られました。

ドクターは「おそらくバイクとの接触による怪我だろう」とのこと。

外傷の手当と痛み止めの注射をしてもらってから、そのまま入院となりました。

DSCF2319

一昨日の夕方にハルジャを見に行くと、初めてのエリザベスカラーを付けられて不満そうに大声で泣いてました。

この時点で朝の様子とは一変していて、普段通りの大声は出すしケージの中を歩きまわるしで、ずいぶんと回復しているようでした。

昨日はドクターから「食欲は普通にあるし、コンディションで悪いところは見られないから、このままなら明日退院出来るでしょう。」とのことでした。

そして今日の午前中にハルジャは無事に退院してきました。\(^o^)/

DSCF2331

帰ってきてからは、怪我をしたところより点滴を受けていた右の前脚が気になるようでした。

DSCF2342

ハルジャ自身は自分の家に帰ってきた安心感もあるのか、まだ多少の痛みがあるのか、今日は比較的のんびりと過ごしている様子でした。

DSCF2344

それでもお昼ごはんも普通にみんなと食べて、午後からはいつもどおりのお昼寝を楽しんでいるようでした。

我が家の門扉は常に閉めてはいるんですが、子どもたち+孫たちは塀を登って隣家の屋根づたいに遊びに行ったり、家の前の道路を通って向かいの豚・牛飼育場やら近くの親族寺あたりには遊びに行っているようです。

基本的には人間もネコも放任主義で自己責任の原則が我が家の基本なんで、危険があるのはわかっていますが今更部屋飼いなんてできないし・・・

ハルジャはこれに懲りて外出を控えてくれれば嬉しいですし、是非兄妹みんなに「外は怖いとこだぞ〜!」と教えてあげてほしいと思ってます。

私たちも含めて交通事故にあわないよう祈るだけですね。

今回のハルジャの入院治療費ですが、2泊3日で Rp.790,000.(7,450円くらい)でした。

resep

もう頼むから心配させないでよ!

2015年02月02日

孫娘4人の避妊手術が無事に終わりました

先日ハルジャとガトラの去勢手術を終えたばかりですが、今度は女の子たち4人揃って避妊手術を無事に終えることができました。

4人の孫娘(セルニ、セカール、モナ、トリスナ)は昨日の午前中にクタにあるクリニック Bali Pet Care Center から迎えの車を出してもらってクリニックへ向かい、昨日のうちに無事に手術を終えて今日の昼過ぎに我が家へ帰ってきました。

送り届けてくれた車からケージを降ろして我が家へ運び、ケージのドアを開けるとみんな一斉に飛び出してきてベッドの下に潜り込んだり天井裏へ上がってみたりしてました。

我が家へ帰ってきたことを確認できたのか?しばらくするとみんないつものように部屋や庭を歩きまわっていました。

DSCF2211

トリスナはドライフードを食べたあと、のんびりと昼寝を楽しんでました。

DSCF2210

庭で遊んでいたセカールがお休み処へ行くと、ヤンママの愛ちゃんもやってきて手術の痕をなめたりしてあげてました。

もしかしたら「あら、あたしの時より手術痕も小さいくていいわね〜!」とか言ってたのかも。(^^ゞ

これで我が家の孫たちみんなの去勢・避妊手術という一大イベントが無事に終わったので私たちもホッとしています。

今回 Bali Pet Care Center での避妊手術の費用は4人分で Rp.2,000,000.(18,880円くらい=1人分で4,720円くらい)でした。

resep

一昨日クリニックで、4人一斉に手術が出来るか?、送迎も可能か?など相談に行った時に「4人まとめて安くしてね!」とお願いしたら予想以上に安くしてもらえました。(^_^)v

特に今回  Bali Pet Care Center での対応でありがたかったのは、手術後も一晩預かってくれきちんと様子を見てくれたことです。

これなら我が家へ帰ってきた時に麻酔が残ってフラフラすることも無いし、私たちの心配も軽減されます。

クリニックのドクターにもスタッフにも感謝感謝でございます。m(_ _)m

2015年01月31日

ハルジャとガトラの去勢手術をしてきました

我が家に孫ができてから早いものでもう5ヶ月以上が過ぎました。

ちょっとした病気はあったものの、それでもみんな元気に大きくなってくれています。

さて、そうなってくると心配なのはこれ以上家族が増えてしまうこと。

特に孫6人のなかでも男の子の2人は、やっぱり女の子より体格が良いので男の子を先に去勢することにしました。

近所のドクターに連絡を取って2人同時に去勢をしてもらえる日を相談し、昨日の11時にドクターのところへ連れて行きました。

夕方の5時には「もう目が覚めたから連れて帰って大丈夫だよ。」と連絡が入ったので、すぐに我が家へと連れて帰ってきました。

麻酔の注射をしてから6時間しか経っていないんですが、少しだけ足元がフラつく程度の状態で2人ともかなり意識ははっきりしていました。

DSCF2188

これは我が家へ帰ってきて一安心してるガトラです。

右隣にいるセルニがずいぶんと心配そうに(?)付き添ってくれてました。(つきまとってるだけかも?)

DSCF2190

この子はまだ少し麻酔が残っているような感じのハルジャです。

それでも今までの去勢・避妊手術後の子どもたちとは違って、フラフラ歩きまわることも無かったので私たちもホッとしました。

さてさて、残るのは4人の女の子たちの避妊手術ですが、これはクタにあるクリニックへお願いして送迎付きで明日4人一斉にやってもらう予定です。

この一大イベントが終われば私たちも安心できるんですけどね〜。

 

2015年01月13日

トリスナが退院しました。\(^o^)/

正月早々高熱を出して入院していた孫のトリスナが今日の夕方、無事に退院出来ました。\(^o^)/

昨日はクリニックで朝からご飯も完食してたし、私たちが行くと元気な声で鳴いたり動き回るようになっていたので、ドクターには「もう退院出来そうですか?」と聞いてみました。

ドクターから「このまま食欲が落ちずに嘔吐も無ければ明日には退院して大丈夫でしょう。」と言われたとおり、今日の夕方無事に我が家へと帰ってきました。

帰ってきて真っ先に向かったのが昼間はいつでも食べられるようにしてあるドライフード置き場。(^^ゞ

腹が満たされない程度のご飯しか食べてない訳じゃなかろうに・・・

ドライフードでお腹がいっぱいになってからは、子供らしくお母さん(愛ちゃん)のところへ行って甘えてました。

DSCF1938

上の写真は左が退院して帰ってきたトリスナで、右がお母さんの愛ちゃんです。

こうしてみると小柄な愛ちゃんと同じくらいの大きさまで育ってくれてますね。

病院にいる間は点滴用の針をつけたままご飯を食べたりしていてかわいそうに思っていたんですが、クリニックでの治療のおかげで元気になって帰ってこれたので本当に良かったです。

DSCF1923

今年の我が家の目標「みんなが元気で健康に!」がいきなり達成できなかったんですが、トリスナの入院が今年最初で最後になってほしいものです。

ちなみに今回5日間の入院+治療費は Rp.2,520,000.(24,000円くらい)でした。

receipt

私たちにとっては痛い出費ですが、まぁ元気になってくれたんで良しとしましょう。

もう入院なんてしないでよ!トリスナ!

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :