bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年11月28日

ケンタが去勢してきました

暫定誕生日の2013年5月1日から7か月近く経ったケンタが昨日去勢手術を受けてきました。

午前10時に近所の獣医さんに予約をしていたんですが、大雨だったので大家さんにお願いして車でクリニックまで送ってもらいました。

ケンタはこれまでたいした病気をすることも無かったので、ケージに入れられてクリニックへ行くのは初めてだったんですが、まぁ移動中は大騒ぎ!

まるで「どこへ行くんだよ〜!出してよ〜!」と言わんばかりに泣いていましたが、去勢だけはちゃんとやっておかにゃぁ〜ならんので我慢してもらうしかありません。

麻酔注射を打たれたあとは先生にお願いするだけなので私たちは自宅で待機です。

夕方の6時過ぎになって「麻酔も切れたから連れ帰っていいよ」と SMS をもらって、ケンタは無事に我が家へ帰ってきました。

P1030912

まだ完全に麻酔が切れていない状態なので、ちょっとだけフラフラしていましたが凛々が去勢した時よりもクリニックに居た時間が長かったので、朦朧とした状態でうろうろと歩き回ることは無かったです。

お兄ちゃんの凛々も心配しているのか?ずいぶんとケンタに優しく接しているようでしたよ。

P1030916

晩ごはんで食べる量は普段よりちょっと少な目でしたが、夜は私の横でぐっすり寝たせいか今朝からは普段通りのケンタに戻ってくれました。

ちなみに今回の去勢手術の料金は Rp.250,000.(2,250円くらい)でした。

無事に手術も終わって元気な様子だし、数日間は化膿止めの薬を飲ませないといけませんが、とりあえず一安心です。

2013年06月07日

ケンタ(ネコ)が家族になりました

ダリアが我が家に来る1時間ほど前、これまた近所の子供たちが「広場で拾ったんだけど飼ってよ。2匹いたんだけど1匹はもう死んでてさ。」と子猫をもってきました。

奥さん:「え〜っ、もう3匹も飼ってるから無理だよ〜。」

子供たち:「そうなんだ・・・じゃぁ捨ててくる。」

奥さん:「ちょっ、ちょっ、ちょっと待ってよ!捨てるんじゃかわいそうじゃん。」

子供たち:「だって家では飼えないし・・・」

奥さん:「わかりました。預かります。」

という事で、我が家に4番目の家族が仲間入りしました。

P1020125

まだ1か月半くらいで 600g の男の子ですが、全然人見知りをしない子です。

P1020145

私たちの足元をウロウロしながら体を擦り付けてくるし、すぐに膝の上に乗っかるしで「野良としての警戒心もって無いのか?」と聞きたいくらいです。

P1020129

チェックを兼ねて体を拭いてあげたあと、フリスキーのお湯で柔らかくしたものをあげると、小皿2杯をペロッと食べちゃいました。

名前はダリアの事もあったので、健康に育つように漢字で「健多」(健太だとデブになりそうなので・・・)と名付けました。

しかしこのケンタ、全然人見知りしないネコのくせにネコ見知りは強くて、2日間くらい我が家の3兄弟に向かって尻尾を太くしながら「ファァ〜ッ!」と威嚇の声を出していたんですよ。

しかも人の足の後ろに半分隠れて。(^_^;

3日目になった昨日あたりからはくうちゃんと凛々には尻尾を太くする事が無くなったんですが、一番神経質なニスはまだまだケンタを受け入れる気分にはならないようで、ケンタに向かって威嚇の声を出しています。

まぁこれも時間が解決してくれるでしょう。

P1020161

でも、ケンタはニスの弟か?と思うくらい性格は別にして外見は良く似ています。

2012年1月22日にニスが我が家に来た時のブログ

兄弟なら余計仲良くすればいいのに、と思うのですが神経質なニスにとっては単なる闖入者でしかないのかもしれませんね。

今朝、凛々の3回目のワクチン注射をしに行ったとき、ケンタも一緒に連れていってドクターの簡単なチェックと1回目のワクチン注射をしてきました。

我が家の”ネコ”エンゲル係数は高くなる一方ですが、仲良く元気に育ってほしいものです。

 

bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :