bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年06月04日

凛々、いままでありがとう

足止めを食っていたコモド仕事から6月2日に帰って来ることができました。

私が自宅に着いた10分後に奥さんが火葬を済ませた凛々を抱いて帰ってました。

バリ島では5月31日がクニンガンだったので前後を含めた3日間、火葬をしてくれる動物病院が休みだったそうです。

白い布に包まれた 凛々 のお骨を抱いてあげたら暖かかったですよ。元気でいた頃と同じように。

5月5日にクリニックへ行ってからほぼ1ヶ月、入退院と通院をしていた 凛々

クリニックのドクターたちも 凛々 に優しく接してくれ、親身になって治療をしてくれましたが、凛々 はしんどかったと思います。

5月30日、凛々 の最期の顔はとてもおだやかだったそうです。

奥さんも穏やかな凛々の顔を見て少しだけ救われたと言ってました。

腹水が溜まってしまい、少しづつ減ってはいたものの完全には抜け切らないという状態を聞いた時、私たちは2人とも口に出しはしませんでしたが最悪の結果も予想し覚悟をしていました。

食いしん坊の 凛々 の食欲が落ちたと聞いた時に、大好きなイワシのオーブン焼きを持って行ったら「フゴッ、フガッ!」と食べてくれた時はホントに嬉しかった。

ネコ見知りも人見知りもしない 凛々 は、我が家に来た時から くうちゃんニス と仲良くしてくれ、次々に増える弟や妹たちとも遊んでくれました。

ただ、愛ちゃん が来た時にはすでに体がしんどかったのか、なかなか打ち解けてくれませんでした。

もちろん我が家を訪ねてきてくれる友人たちともたくさん遊んでくれました。

兄弟とも人間とも別け隔てなく仲良くしてくれた 凛々 には感謝の気持ちでいっぱいです。

もうベッドで寝ている私の脇の下に 凛々 が潜り込んでくることも、私のふくらはぎを枕にして爆睡することも、食事中にテーブルに飛び乗ってくる事も、ご飯の時間になると真っ先に台所に行って催促することも無いと思うと、とても悲しいです。寂しいです。

でも、あまり悲しんで泣いてばかりいると 凛々 が天国にも行けないし、生まれ変わってくることも出来ないので、たっぷり泣いたら笑顔で見送ってあげます。

そうすれば 凛々 も私たちを見守ってくれるでしょう。

昨日の午後に 凛々 の遺影を写真屋さんでプリントしてきました。

20131222-2

もうつらい思いをすることが無いところへ行った 凛々

ゆっくり休んで天国で美味しいイワシ(あるのかな?)をたくさん食べてね。

でも独り占めしないでちゃんと他の子達にも分けてあげるんだよ。

今までいっぱいの思い出を残してくれた 凛々 、ホントにありがとう!

バイバイ!

 

2014年06月01日

凛々が亡くなりました

5月30日午前8時30分頃、腎臓を悪くして入院中だった 凛々 の容体が急変して1歳半の生涯を閉じました。

この日から1泊2日のコモド仕事だったので死に目には会えませんでした。

しかもバリへ戻る予定の31日から隣の島の火山噴火の影響で空港が閉鎖されてしまい、未だにラブハンバジョーに留まっています。

凛々 の死は31日に空港閉鎖で戻れない事を奥さんに連絡した時に「昨日の朝亡くなったよ」と伝えられました。

奥さんは仕事中の私に 凛々 の事を伝えると仕事にならんだろうという気遣いをしてくれたんだと思います。

事実、電話を切った後しばらくは涙が止まりませんでしたから。

そんな訳で 凛々 のことについてはバリへ戻ってからもう一度書きます。

今は、痛みや辛さから開放された 凛々 が安心して眠れるように願うだけです。

たくさんの思い出を残してくれた 凛々  。

ありがとうね。

posted by たかお at 20:52 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 凛々(ネコ)

2014年05月29日

凛々の具合はちょっと重いもののようです・・・

凛々が再縫合を済ませたあとは、食欲も十分にあって元気に回復に向かっているように見えました。

ただ、食べた以上にお腹が膨らんできたように見えたんで、再縫合後のチェックも兼ねて5月24日にドクターに診てもらいました。

オシッコとウンチの出が悪かったので、利尿薬を飲ませ一晩様子を見たんですが翌日も変化が無かったので再び病院へ。

再検査の結果「腹水がたまっているようだ。」とのことでいくつかの検査をしてもらったところ、心臓、肝臓、腎臓のいずれか又は複数の病気の可能性があるとのことでした。

結局その日から入院することになり、エコー検査、レントゲン、血液検査などをしてもらった結果、最終的には腎臓に問題があることがわかりました。

腎臓で老廃物を濾過してからオシッコとして排泄するんですが、その濾過機能に問題があって栄養分まで排泄してしまっているとのこと。

それに膀胱も小さくて、少ないオシッコを何度もすることで何とか体調を保っていたのだろうと。

これが何らかの原因で腎臓から膀胱へのルート上、またはその近辺で体内に滲み出して腹水のように溜まってしまったらしい。

入院してからの 凛々 は点滴を受けながら利尿剤も投与され、なるべく体内で腹水を再吸収させてオシッコと一緒に排泄させようという治療を行っています。

病院では3人のドクターが入れ代わり立ち代わり様子を診てくれていて、大学病院の先生やドイツ人医師もコーディネーターとして参加して治療方針を決めたりしてくれています。

入院中の凛々はストレスもあるし薬の副作用もあるんでしょう、食欲が落ちたり体温が35度まで落ちるなど、いろいろ心配な事もありました。

ここ数日は朝夕 凛々 の大好きな「イワシのオーブン焼き」をほぐして持って行くと「フガッフガッ!」と言いながら食べてくれるようになりました。

ドクターからは「安心出来る状態では無いが、腹水も減って検査数値も徐々に良くなっている。検査結果で点滴の必要が無くなったらストレスから開放させるためにも退院をさせよう。」と退院が近いことを言ってもらえました。

それに「凛々はまだ若いから回復する体力も十分持っているんで、大きく悲観的に考える必要も無いだろう。」とも言われました。

もうちょっと入院したら、退院して我が家での療養と定期的なドクターのチェックに移行出来そうです。

がんばれ!凛々!

 

2014年05月18日

凛々が再縫合するはめに・・・

先週退院した 凛々 は水曜日に抜糸も終えて、あとは回復を待つばかりになっていました。

が、16日の金曜日の朝、縫合したところがパックリと開いているのを発見!

すぐにクリニックへ連れて行ったところ、縫合した皮膚の部分だけが開いてしまっただけでお腹の中は大丈夫とのこと。

どうやら我が家で高いところにジャンプした時に縫合痕が開いてしまったようです。

再縫合も無事に済んで金曜日の夜には我が家へと戻ってきました。

凛々 にはしばらくはおとなしくしてもらおうと、倉庫部屋を片付けて可哀想だけどしばらく出歩かないように部屋に閉じ込めたんですが、どうもストレスが強すぎたのか食は細くなるし、オシッコはトイレでしてくれてもウンチはタオルの上でしちゃうし、部屋で一緒にいてあげても鳴き続けるし・・・

結局こどもに甘い親(私です)の方が耐えられなくなって昨日の午後には部屋から出すことにしました。

部屋から出た 凛々 はおとなしく私たちの居る部屋の片隅で昼寝をしたり、ウンチもちゃんとトイレでしてくれるようになりました。

本来ならいくら泣こうが喚こうが心を鬼にして、きちんと術後の管理をしてあげるのが「親」としての勤めなんでしょうが、私には耐えられませんでした。

ダメな親ですね〜・・・

私たちの目が届く昼間だけは部屋から出してあげて、夜は倉庫部屋で一緒に寝ることにしました。

ひどい親が言うのも何ですが、1日も速い回復を祈りつつ神経を使う日が続きそうです。

 

posted by たかお at 06:09 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | 凛々(ネコ)

2014年05月11日

凛々が無事に退院してきました!(^^)v

5月7日の夜に開腹手術を受けた 凛々 ですが、手術は無事成功し術後の経過も順調だったようです。

バイクで2分の距離にある病院だったので、入院中は毎日2回見舞いに行って少しでも 凛々 の不安をやわらげてあげるようにしていましたが、やっぱり手術痕を見てるとかわいそうで涙が出る思いでした。(T_T)

それでも日に日に鳴き声も動きも元気になっていく様子は見て取れ、ドクターから「術後の経過は良好で血液検査などの結果にも問題ありません。食欲も順調に回復してるので、これ以上ストレスをかけないためにも退院させましょう。」と言ってもらえるまでになりました。

そして今朝、ドクターの最終チェックを受けてから 凛々 は約1週間ぶりに我が家へと帰ってきました。

CIMG6696

手術の痕には大きなバンソウコウが貼られていていますが、やっと自分の住み慣れた家に戻ってきたので安心した様子です。

入院中は私たちの姿を見つけると「早く帰ろうよ〜!」とばかりに鳴いていたんですが、我が家へ戻ったことでほとんど鳴くことは無くなりました。

ただ手術後の違和感があるのか?安静が必要なことをちゃんと理解してるのか?庭に出ることも無く家の中で寝ている時間が多いようです。

CIMG6690

親としては抜糸もしてない状態で外を駆け回られるより心配が少なくて済むんですが、反面元気に遊び回れるくらいに早く回復してもらいたい気持ちもあって、ちょっと複雑なきもちです。

それでも入院前にはずいぶん細っていた食欲はかなり回復しているので、元気になってくれる日も近いでしょう。

CIMG6716

お腹の下部から横っ腹まで4cmほどの手術跡は結構痛々しいです。

今度の水曜日には抜糸をする予定ですが、とにかく早く元気になって元のやんちゃな 凛々 に戻って欲しいものです。

凛々!がんばれよ!

bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :