bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年08月13日

Candra Asri というところにあった面白い貸家

サヌールの北東部は家賃が安いんで、まずはどんな地域なのかを知ろうとバイクで走ってる時に偶然迷い込んでしまった集合住宅地で面白い貸家を見せてもらいました。

場所はこのへん。

クタからバイクで45分くらいのところです。

地図画像

迷い込んだ集合住宅地の警備員 Pak Agung(アグンさん)に

「バイバスへ出たいんだけど、ここを通ってもいい?」と聞くと

「どこまで行くんだ?家でも探してるのか?」と聞いてきた。

「家を借りたくてこの辺をうろうろしてたんだよ」と答えると

「この住宅地に叔母の家が空いてるんだけど見てみるか?」とのこと。

是非是非!と言うとPak Agung は1人勤務の警備員詰所をほったらかして(おいおい!)目の前のワルンのおばちゃんに「ちょっと日本人を案内してくるからよろしくね」と声をかけて空き家を見せてくれました。


角地にある2階建ての貸家の外観はこんな感じでした。

JP087132 JP087134

JP087130 JP087129

ガレージはシャッターが付いた立派なものです。

JP087131

門を入って玄関の手前にはこんなオブジェが。

JP087128

そして家に入るといきなり目に入ってくるのはガラスケースに入った立体山水画のようなもの?

JP087124

部屋と言っても、ほとんど内部は仕切られて無くて、段差で部屋らしきスペースを認識できるような感じです。

JP087125 JP087123

写真を撮ってないんですが1階と2階、それぞれに2m×4mくらいの広い Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)があって、この部分も腰壁(高さ1m弱)があるだけでカーテンをしてなければ丸見えの状態で不思議な光景でした。

階段は途中から左右にわかれていて、右側を上がると4.5畳程度の物干し場、左側を上がると2階の部屋へ入ることができます。

JP087117

2階には1つだけ8畳ほどの仕切られた個室がありましたが、この個室以外のスペースは1階と同じように段差で部屋らしきスペースを意識するような造りになっていました。

JP087122

2階には幅1m〜1.5mほどのベランダがL字型にあって、大きなマンゴの木陰で昼寝が楽しめそうでした。

 JP087114 JP087115

2階ベランダからの風景です。

JP087113

1階の建物の周囲には通路っぽい庭のスペースがあるんですが、残念なことにコンクリートやブロックで固められていて土の部分はありませんでした。

JP087126 JP087127

1階、2階とも150平米くらいのスペースがあるんで敷地は200平米超でしょう。

築15年くらいと言ってましたが、これだけのスペースがあって家賃はなんとRp.20,000,000./年(年間20万円弱)だそうな。

古さは感じる建物で天井などに若干傷みは見られますが、新築住宅にありがちな雨水の染み出しもほとんど無くて、少しづつ手を入れていけば随分とゆったり住めそうな家です。

なにより家賃が魅力的です!

ただし、床の段差はちょっと・・・という感じですねぇ。

これから老いていく(既に老い始めてる)我々や、親戚を含めた親の世代の人間がこの家に来たら1年間で負傷者のべ10人くらいは出てしまいそうです。(^^ゞ

負傷までいかなくとも、1年間も住んだら朝食20回、昼食20回、夕食50回くらいは部屋に食事をぶちまけちゃいそうです。号泣

そんな訳でこの物件は辞退させていただきました。

この住宅地では顔が広そうな警備員のPak Agung さんには「ここで他に貸家があったらまた教えてよ!」とお願いしておきました。

きっと、コミッション(貸主・借主からの手数料)目当てで、仕事をそっちのけにしてでも探してくれるでしょう。

まぁ、いい物件があったらコミッションくらいはキッチリお支払いするつもりです。

posted by たかお at 22:43 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件

ジンバランの貸家 その5

これもPak Putu さんの紹介物件です。

地図画像

バイパスからトラック1台が通れる程度の凸凹道(インドネシア的には普通)を500mほど入ったところにある新築未入居の貸家です。

外観はこんな感じ。

JP077047 JP077042

JP077043

正面から見て右側にあるカーポートの外観です。

JP077045

玄関を入ってすぐの客間は8畳ほどの広さでした。

JP077051 JP077036

これまで見てきた家と比べて窓を大きくとってあるんで、室内はとても明るかったですね。

客間の他には4.5畳ほどの個室が2部屋あります。

JP077034 JP077039

1部屋は柱が目立ってちょっと使いづらいかも?

台所(写真を撮り忘れました)はミニキッチン風で、ちょっと狭い印象でした。

Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)はビジネスホテルのユニットバス程度の大きさなので、こちらではちょっと狭い感じがします。

JP077049

家の正面と右側には庭として使えるスペースがありました。

JP077040

敷地の2面が道路に面しているのと窓が大きいので、コンパクトな割には明るくて圧迫感はありません。

しかし、ここでも最近建てられた家によく見られる問題点が・・・

JP077037 JP077038

未入居期間が長かったのでしょうが、隣接してる家も無いのに内側の壁の下部がこんな状態になってるのは、外壁にあるクラック(パッと見でわかるほどのクラックはありませんでしたが)から雨水が染み込んでいるんでしょう。

まぁ暇に任せて外壁塗装を私が請け負ってもいいんですけど・・・(^^ゞ

この物件の家賃はRp.23,000,000./年(年間23万円弱)とのこと。

窓が大きくて明るいところ以外は、全体的にコンパクトすぎるし、庭も「とりあえず」のレベルだし、雨水の染み出しもあるしで、その場で細かいことも聞かずに「もうちょっと広いところが良かったんですけどねぇ。ハハハ・・・」と笑顔で大家さんと別れてきました。

多くの物件を見たわけでは無いですが、我々としては新築または新築に近い物件は対象から外すことにしました。

どうも日本のバブル期と同じように「作れば売れる」状態なんでしょう、どうしても手抜き建築、大急ぎ建築の印象を受けてしまいました。

これなら築年数は古くても何度か雨季を経験していて、問題があっても手に負える問題なのかどうかの判断が出来る物件を探した方がいいと思います。

もちろん、ちゃんと品質管理をしている住宅はあるんでしょうが、建築中から様子を見てないと信用出来ない様な気がしちゃいますね。

う〜ん、だんだん目が肥えてきたかな。(^^)v

posted by たかお at 19:48 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年08月12日

ジンバランの貸家 その4

またまたPak Putu さん紹介のジンバランの物件です。

地図画像

バイパスから100mほど入ったところにある貸家で、外観はこんな感じです。

JP076986 JP077019

ここは土地が230平米もあって庭が広く、ゆったりとした造りになってます。

これだけ土の部分があれば待望のバナナ木も植えられそうです。

JP076989 JP076998

リビングとして使える客間は20畳くらいでしょうか?

これまで広い家に住んだことが無いんで、6畳を超えると広さが言葉で表現できません。(^_^;

JP077016

個室は3部屋あって、リビング(客間)とつながっている8畳ほどの部屋が2部屋あります。

JP076993 JP076996

この個室の間に Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)があります。

JP076992 

リビング(客間)の奥には3畳ほどのゆったりしたキッチンがありました。

JP077005JP077010

おもしろい作りだったのは、もう1つの個室が離れのようになっていて、母屋と離れの間を(屋根はあるものの)オープンエアーのダイニングとして使えるスペースがあるところです。

ここにテーブルと椅子を置けば煙を出しながらの炭火焼を楽しみながら食事ができそうです。

JP077004

 

離れとなっている個室は6畳ほどの広さで、専用のKamar Mandi(トイレ+シャワー室)がついてます。

この離れの部屋は周囲が建物と壁に囲まれているんで昼間でも暗い部屋になってしまうのが残念でした。

JP076995

この他、離れの脇にはミニキッチンスペースがあったり、1坪ほどの物置があったりとかなり便利に使えそうな感じでした。

家の前面道路も広くて現在住んでるクタの家のようにタクシーの運ちゃんから「狭くて家の前まで入れないよ〜」と泣きの電話が来ることは無いでしょう。

JP077025

住む前に掃除と壁のペンキ塗りと天井(一部に剥がれなどがあるんで)などの修理をしてくれるとは言ってくれてますが、築10年以上の家なんで住み始めてからいろいろと手を入れることになりそうです。

まぁ、こっちは「暇だけ」はたっぷりあるんで自分で住み安くするように手を入れるのは楽しみでもあるんですけどね。


さて、問題の家賃ですが大家さんのご主人が出張中なんで「後ほど連絡します」とのことでしたが、Pak Putu さんの話ではRp.30,000,000.〜Rp.33,000,000./年くらい(年間30〜33万円程度)ではないか?とのこと。

この物件の我々の評価は

  • 家賃がちょっと予算オーバーになりそう。
  • 家の広さは部屋数も含めて十分。
  • 庭もほどほどに広くて農作業(?)も十分に楽しめそう。
  • Pasar(市場)までは徒歩20分ほどなんで、奥さん的にも許容範囲内。
  • 前面道路は突き当たりになってるので夜バイクが走り抜ける騒音は無さそう。
  • 前面道路の入口に夜間だけセキュリティがいてくれるんで防犯面はちょっと安心できる。
  • 内装の傷みが結構あるんで、どこまで修理してくれるのか話しあう必要がある。

と、問題点がありながらもかなり評価は高いです。

この物件がRp.25,000,000./年(年間25万円程度)で借りられるなら「壁のペンキ塗りくらいは自分でやるよ!」と言って借りるんですけどねぇ。

おそらく家賃の連絡があった時点で見送りになりそうな気配です。

・・・残念!

posted by たかお at 19:54 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年08月09日

サヌール北東にあるSaba村の貸家を見てきました

クタ、ジンバラン、デンパサールと、バリ島内の都市部の貸家ばかり見てきたので少しKampug(田舎)チックな場所を探そうと思ってネットで見つけた貸家を見てきました。

地図画像

Gianyar県のSaba村で見つけた物件情報はこちらです。→ Rumah Disewa di Saba, Gianyar, House For Rent, hor521600

Saba村はクタの我が家からだとバイクで1時間弱ですが、サヌールまでだと20分ちょっとで行ける程度なんで、ド田舎というほどの場所ではありません。

オーナーさんの息子さんが案内してくれた貸家の正面はこんな感じで、中型の乗用車が入る程度のカーポートも備えています。

blogJP016920 blogJP016938

外観はまさに「バリの家」という雰囲気でいい感じです。

家の前には5m×2mほどのテラスのようなスペースがあって、きれいに手入れをされた小さな庭もあります。

blogJP016924 blogJP016922

部屋は6畳ちょっとの部屋が2部屋ありましたが、1部屋は窓が小さくて暗い部屋だったのが残念です。

blogJP016930テラスに直接出られる窓がある主寝室。

blogJP016929部屋の上部に明かり取りがあるだけの2ndルーム。

下の写真は一応客間として案内された部屋ですが、玄関を入ってすぐのスペースでは無く普通の部屋という感じです。

blogJP016926 blogJP016927

Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)は大きくはありませんが機能的な造りで、シャワーの飛沫がトイレ側に飛ばないような小さなガラスの仕切りがあったのは好印象です。

温水ヒーターはついていませんでしたが使い勝手は良さそうです。

blogJP016934 blogJP016935

台所は必要十分な広さがあって、大きめの窓もついているので明るさも十分です。

台所の手前には4畳程度の小さなスペースがあるので、小さなテーブルと椅子を置けばミニダイニングとして使えそうでした。

blogJP016932

テラス風のスペースからの風景はこんな感じ。

blogJP016941

田んぼも見えてこの写真だけなら「田園風景が広がるウブドの安宿」って雰囲気がしませんかね?

家の側面はこんな感じで、壁際になら植木を植えたりして好きに使って構わないと言ってました。

blogJP016936

こじんまりした家ですが、2人暮らしには十分な広さがあって家賃がRp.15,000,000./年(年間一括払いで15万円弱)とリーズブルな値段です。

さてさて、この貸家の我々の評価ですが

  • 家の造りは外観も含めて全然問題無し。
  • 環境は田園地帯の住宅街という雰囲気で風も通り、近所も家族住まいばかりなので静かに暮らせそう。
  • 庭の手入れの仕方を見てもちゃんと大家さんがメンテナンスしている印象。
  • テラススペースがあるのは高得点。
  • 庭が狭いので洗濯物を干す時は前面道路に出しちゃったほうがいいかも。
  • 庭が狭いと今育ててる植木をどうするか?敷地の周りに置いちゃうしかなさそう。
  • Pasar(市場)まで3Kmと微妙な距離。もちろんバイク利用が前提だけど奥さんとしては徒歩圏内(20分くらい)が希望。
  • 都市部と比べると近所のお店(ワルンや日用品店)が少ない。

とまぁ、全体的には好印象、高得点です。

家賃も安いし近所付き合いも(いい意味で)刺激がありそう。

ただ、庭が狭いのとPasar(市場)までの距離が最大のネックです。

車は持たないのでカーポート部分も庭として考えてもやっぱり狭いし、土の部分がほとんど無いんで直植えができない。

裏側にでも小さな土の庭があって唐辛子やトマトくらいの直植えができて、洗濯物も干せるスペースがあれば文句無いんですけどねぇ。

Pasar(市場)までの距離があっても、近所で最低限の食材調達ができれば大きな問題では無いんですが、バイクで周囲を回ってみても徒歩圏内にそれらしきお店は見当たらなかったです。

Kampung(田舎)チックな場所なら多少の不便は受け入れた上でゆったりとしたスペースでの生活をしようと思っていたんですが、都市部の家と大して変わらない程度の敷地では Kampung(田舎)を選ぶ意味が無くなっちゃいますからねぇ。(家賃は安いんですが)

ということで、今回の物件も見送りとなりましたが、十分に目の保養(と言うか目の肥やし)になりました。

バイクで一緒にPasar(市場)まで案内してくれたお兄ちゃんには感謝です。

posted by たかお at 22:47 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 賃貸物件

またもやジンバランの貸家を見学

Pak Putu さんからの紹介物件を見てきました。

地図画像

Pasar(市場)まで徒歩で行ける場所にあって生活には便利な場所でした。

家の正面はこんな感じです。

JP016961 JP016958

6畳と8畳ほどの部屋+リビングとして使える縦長16畳ほどのスペースがあって、窓が大きめなのでかなり明るい印象です。

JP016951 JP016964

これらの部屋のほかにKamar Mandi(トイレ+シャワー室)が1つと小さめの台所があります。

JP016952 JP016953

家の裏側にはちょっとしたスペースがあって、洗濯機がおけるスペースのほかは植木鉢も並べられそうです。

JP016949

家の正面には小さな庭があって、ここならバナナの木の1本くらいは植えられそうです。

JP016965

もちろんカーポートもついていて、広い正面の道路に出て50mほどのところには小さなスーパーマーケットもありました。

JP016954 JP016960

ただ、正面にあった下水溝から少々匂いが漂ってたのが気になるところです。

JP016966

これも日本の不動産広告風に言うと「日当たり良好の明るい一軒家、広いリビングの2LDK、正面と裏側に庭あり、駐車場付き、買い物至便」という感じでしょうか。

家賃は大家さんの言い値でRp.23,000,000./年(23万円弱)とのこと。

難点はKamar Mandi(トイレ+シャワー室)と台所が狭いところ、家の周囲のコンクリート壁が高いこと、それに下水溝の匂いですねぇ。

こういう下水溝だと我が家だけで掃除してもすぐに他所からゴミが流れてきちゃいますから・・・

ちゅうことで、これも見送り物件です。

案内してくれた大家さん、Pak Putuさん、ありがとうございました。

 

posted by たかお at 11:51 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 賃貸物件
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :