bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年08月19日

クドンガナンの貸家の見取り図

やっぱり、引越し=新しい環境というのは嬉しいもんで、ちょっと浮かれ気分で見取り図まで作ってしまいました。

kudonganan-平面図640

オンラインソフトでこんな図面がチョイ、チョイ、チョイと簡単にできちゃうんですから、便利な世の中ですねぇ。

スケールはすべてインドネシア仕様(?)の“cm”単位です。

しかもタイルの数で測ってますから、まぁ大体の目安ってことで。

日本ならメジャー持参で全部“mm”単位で測ってくるんですけどね。(^^ゞ

建物部分で100平方メートル超、土地は200平方メートル弱と、ウサギ小屋人種には十分すぎるほどの広さです。

これから新居の改造計画や家具の配置で奥さんとのバトルが始まる予定です。

過去の経験から勝敗は明らかですが・・・号泣

 

posted by たかお at 09:31 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(4) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年08月18日

ジンバランに近いクドンガナンの貸家に決定!

レクレーションと化していたバリ島南部貸家探し(見物)の旅もようやく最終章を迎えました!
見つけた貸家の場所はこの辺です。
行政的な表示だと Desa Jimbaran(ジンバラン村)の北側にある Desa Kedonganan(クドンガナン村)という所になります。
地図画像
ジンバランをうろついていた時に貸家の張り紙を見つけて連絡を取り、見せてもらった家がこれです。
photo20 photo21
3m弱の幅がある前面道路は一応舗装されてるんで、車でのアクセス(車は持ってないんでタクシーを呼んだ時など)も問題ありません。
photo22 photo23
敷地の北側と西側は道路、裏(南側)は空き地を挟んでKos(アパートのようなもの)が1軒、東側は小さな日用品を扱うワルンとなってます。
周囲は住宅街だし、バイパスから200mくらい入ったところなので静かなところでした。
近くにはこんなお寺もあって、空港やクタに近い割には Kampun(田舎)チックな雰囲気が漂う場所です。
photo01
家の正面はバリ風になっていて外国人としては嬉しい造りになってます。
photo04
正面入口(日本語の玄関とはちょっとイメージが違うんで)の前にはタイル貼りのテラス風スペース(2m x 5mくらい)があるんで、ロスメン(安宿)風にここで朝食を取ることもできそうです。
この正面入口を入ったところにある12畳ほどの客間はこんな感じ。
photo05 photo06
そして客間から見えるバリ風のドア&窓の裏側はこんな感じです。
photo07
個室に囲まれているリビング(12畳ほど)には大きな窓があって明るい部屋になってます。
photo08 photo10
リビングにつながる4.5畳ほどの個室2つは子供部屋として使っていたようです。
個室それぞれに採光用の窓が1つしか無いのが残念ですが、西向きの部屋なのでこれはこれで合理的な造りなのかもしれません。
photo11 photo12
リビングの北側には6畳ほどの個室もあります。
photo09
キッチンも8畳くらいの広さがあってゆったりと使えそうでした。
ただ窓と言えるものが無くて、上部に採光窓が2ヶ所だけというのがちょっと難点でしょうか。
photo13 photo16
Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)と洗面所はこんな感じ。
photo14 photo15
Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)は広いとは言えませんが、まぁまぁ必要十分なスペースという印象です。
トイレの便器は速攻で洋式に交換ですね。
Kamar Mandiの他に洗面台が設置してあるのはこれまであまり見なかったんですが、これはありがたい設備です。

敷地内の庭スペースは大部分がコンクリートブロック敷になっていて、西側に3畳ほどの植栽スペースが作られてました。
ブロック敷の部分には植木鉢を並べることになりそうです。
photo17 photo18
photo19
この物件を不動産広告風に紹介すると
閑静な住宅街にある日当り良好な庭・ガレージ付き4LDK、築1年のアジアンテイスト満点の一戸建て。(ただしエアコンは未設置)
市街地中心部(クタのこと)まで5Km、空港まで3Kmと交通至便。
市場(徒歩15分)に加えて魚市場(バイクで5分)も近く生活至便。
Benoa Square(ショッピングモールでスーパーマーケットのHardy'sも入る予定)がまもなくオープン予定(一応建物は出来てる)で、生活環境はより便利に!
ってな感じでしょうか。

さて、一番の問題である家賃の言い値はRp.30,000,000.(年間30万円弱)とちょっと高め。
台所の広さ、部屋の広さ・明るさ、庭部分の広さと日当り、市場(特に魚市場)に近い立地条件、Kampun(田舎)チックな雰囲気の周辺環境・・・などが気に入って「こりゃ良いわ!爆笑」を日本語で連発(大家さんは理解出来ない)してる奥さんを「まぁ落ち着いて、落ち着いて・・・」となだめながら大家さん夫婦と家賃交渉を開始。
こっちとしては足元を見られても仕方ないけど「本気度」を表すために「ここは大変気に入りました。が、家賃が・・・ねぇ・・・」と切りだすとあっさり28百万ルピア/年に値下げ。
しかし、こっちの予算は25百万ルピアなんだ!と何度も大家さんに言っても「日本人なんだからもう少しなら出せるでしょ」の1点ばり。
こりゃこれ以上の値引き交渉は無理か?と思って「じゃぁ1日、2日考えさせてよ。」と言って帰ろうとすると、それまでほとんど交渉に口を出さなかった大家さんの奥さんが早口で旦那さん(大家さん)にしゃべりはじめました。
早口でバリ語も混じってるらしく我々には理解が出来なかったんだけど、「・・・支払いが・・・」とか「・・・子供の学校の費用が・・・」とか「・・・他の人が・・・」などという単語だけは聞き取れました。
旦那さん(大家さん)がちょっと困ったような顔をしてきたんで、これは我々にチャンスが来たか!と「じゃぁ2年契約で50百万ルピア一括払いでどうでしょ?」と大家さんの奥さんの方を見ながら言ってみると大家さんの奥さんは「それでいいじゃない!」と旦那さんに向かって笑顔を見せてくれました。
大家さん夫婦の間で二言三言の短い話し合いの後「OK!」との返事。
           結局どこの国でも奥さんが一番強い存在なんだと確認した一瞬でした。(^_^;

2年契約は我々にもリスクがあるんですが、うちの奥さんが鼻をふくらませて「いいじゃん、いいじゃん」と言ってるんで2年契約一括払いで手を打つことになり
◎ 明日の午後に手付(10百万ルピア)を払うこと。
◎ 9月1日に家賃の残金を払って引渡し(現在大家さん一家が住んでるため)とすること。
の2点だけを決めてクタの自宅へ戻ってきました。
見た瞬間から気に入った物件だったんで家の中もかなりゆっくり見てまわり、大家さん夫婦とも無駄話も含めていろいろ話をして、最後の家賃交渉も1時間以上かかったんで、今日は本当に疲れました。
明日は手付金を持って行きながら、もうちょっと細かいところまで見てこようと思ってます。
疲れはしたものの、満足感のある1日だったんで気分は良いです。
これから引越し先で落ち着くまでの我々夫婦の珍道中(?)もブログで報告しますね。
お楽しみに〜!
posted by たかお at 23:17 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件

デンパサールの貸家 3軒目

気になる物件がありながらも、飽きもせずに貸家見学を続けてます。(^_^;

今回は新聞に載っていた情報をもとに連絡した不動産屋さん絡みの貸家です。

地図画像

家の外観はこんな感じです。

JP127244 JP127262

住宅街にあるこじんまりとした建売住宅という印象です。

前面道路も舗装されていて広さも4mほどあるんで、車でのアクセスも楽ちんですね。(車は無いけど)

玄関を入ってすぐの客間兼リビングダイニングは10畳ほどで、まぁ十分な広さです。

JP127248

リビングダイニングの奥には一坪足らずの Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)があります。

JP127249 JP127250

きれいに使われてますが、ちょっと狭い印象です。

個室は4.5畳ほどの部屋が2部屋(両方ともエアコン付き)あって、それぞれに大きな窓があるんで明るさは十分です。

JP127245 JP127247

一番奥には台所と小さな庭があります。

JP127256 JP127252

青空の見える開放的な台所(?)ですが、屋根の長さを見ると雨が吹きこむ可能性が大きいように思えました。

ポンプで組み上げた地下水を貯めるタンクがステンレス製ってのはポイントがチョォ高いです。

一般的に使われてるのはグラスファイバー製の黄色いタンクです。

tangki_air

容器自体が太陽光線を通すので、水質や設置場所によって違うでしょうが長期間(たぶん数ヶ月)使ってるとタンクの中に「ワカメのような藻」が発生してしまいます。

藻は植物なんで太陽があればどんどん大きくなっていって、我が家のタンクも借りた当初は「ワカメ問屋の保管タンク」(あるかどうか知らんが)のようになっていました。

防止策は太陽光線がタンクの中に入らないようにタンクの外周を覆ってしまうことと、最低でも年に1回はタンクの中をキチンと掃除することです。

ステンレス製のタンクは値段は高いんですが、太陽光線を通さないのでタンク内で藻が発生することは無いそうです。


さて、設備の話はおいといて貸家の話に戻しましょう。

我々の必要条件の一つである庭は家の正面ガレージ脇に車1台分と、裏の壁際(台所の前方右側)に3畳ほどの庭がありました。

JP127257

日当たりは良いいんですが、もうちょっと広いスペースが欲しいところです。

「閑静な住宅街にあるガレージ・庭付き一戸建て、2LDK、日当り良好、開放的な台所、個室にはエアコン完備、敷金礼金無し」という広告が書けそうな賃貸物件の家賃は2年契約が条件で Rp.50,000,000./2年(年間25万弱で2年分一括前払い)です。


この貸家の我々の評価はこんな感じです。

  • 家自体の広さはまぁまぁ。出来ればもう少し大きい方が嬉しい。
  • 窓が大きくて明るいのは ◯ 。
  • Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)が狭い。
  • 雨が吹き込みそうな台所は困るでしょ!
  • 貯水タンクがステンレスなのは ◎ !
  • デンパサール中心街に近いのはわかるけど、この広さでこの家賃は割高感がある。
  • デンパサールだと「くうちゃん」のトイレ用砂を取りに行くのが大変。(だったらデンパサールの物件なんか見に行くなよ!)

ということで、ご辞退させていただきました。

まぁ、デンパサールの不動産相場チェックの一環ということで勘弁して下さい。不動産屋のお姉さん。m(__)m

posted by たかお at 08:46 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年08月17日

Candra Asri(サヌール北東部)の貸家 2軒目

前回物件を見せてくれた警備員のPak Agungさんから「他にも貸家があったから見に来るかい?」とSMSが入ったので見てきました。

地図画像

今回見せてもらった貸家の外観はこんな感じ。

JP117209 JP117212

現在この住宅地内の道路補修工事(住民負担:1軒Rp.100,000.とのこと)が始まっていて、前面道路もまもなく綺麗になると言ってました。

玄関の前には気持ちばかりの庭スペースがありました。

JP117196

玄関を入ってすぐの客間は10畳くらい。中国風の不思議な絵画は外せばいいんで見なかったことにします。(^_^;

JP117200  JP117199

個室は4.5畳くらいの部屋が1つと6畳くらいの部屋が2つ。

窓が比較的大きくて明るいのは高ポイントです。

JP117197 JP117202

JP117203 JP117189

Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)は1つで家の大きさの割には小さい印象です。

JP117191

家の奥側には広い台所スペース(8畳くらい)があって、ちょっとしたダイニングスペースもあるんで、裏庭を見ながら明るい場所で朝食が食べられそうです。

JP117193 JP117194

裏庭には家寺があって8畳ほどの自由になるスペースがありました。

ガレージからも裏庭に抜けられるんで、車を持たない我々は「ガレージの屋根を取っ払えないかなぁ〜?」などと大家さんが聞いたらびっくりするようなことを考えてました。

JP117186 JP117188

この裏庭の奥、台所の横には3畳ほどのお手伝いさん用の部屋もあるんですが、一般的なお手伝いさん部屋より明るくて十分に生活用の部屋として使えそうでした。


これだけの広さがあって家賃はRp.21,000,000./年(年間21万円弱)とお手頃です。

大家さんと話をすれば、もうちょっと安くなるでしょう。

さてさて、このCandra Asriの貸家の我々の評価は

  • 全体的に窓が大きくて明るい
  • 部屋数、広さは十分
  • 庭の広さはちょっと物足りない感じ(道路に面した植栽スペースもあるから許容範囲か?)
  • 住宅地の中に小さなPasar(市場)があるんで食料品の買い物は問題なさそう
  • 徒歩10分くらいのところには中規模のスーパーマーケットがあるのも便利
  • 150mほど離れたところにあるモスクから(比較的小さな音量で)アザーンが聞こえる(早朝の音量は不明?)

と、まぁこんな印象です。

モスクがちょっと近いかなぁ。と思いますがちょうど昼のアザーンが流れたのを聞いてるとあまり大音量では無いし、時間も短かった(3分くらい?)んで慣れれば問題ないような気もします。

今のクタの家で聞こえるアザーンよりは大きな音量ではありましたが・・・どうだろ?

しかし、この物件は結構好印象です。

家賃、広さ(庭は小さいけど)、環境(モスクはあるけど)と全体として満足出来るレベルです。

壁からの水漏れの跡はあるものの塗装が膨れるほどでは無いんで素人工事でなんとか抑えられそうだし、古さは私のペンキ塗りの技術(あるのか?)や日曜大工の腕(これもあるのか?)でカバー出来るでしょう。

じっくりと考える余地のある物件でした。

・・・考えてる間に誰かが契約しちゃったら縁がなかったってことであきらめますけどね。

posted by たかお at 07:58 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(4) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年08月14日

サヌール北東部にあるSasih村の貸家は格安!それとも、それなり?

Batu Bulan(バトゥ ブラン)方面をバイクでうろうろしながら貸家を探しているときに、道路に面した壁に貼られてた「貸家」の張り紙を見つけてオーナーに連絡をとって見せてもらった貸家です。

場所はこのあたり。

地図画像

クタからバイクで1時間程度のところです。

外観からもちょっと古さを感じる物件でした。

JP117172 JP117182

家の前面道路は舗装されていませんので、雨季の大雨が降るとどうなるのやら?ちょっと不安ではあります。JP117183 JP117170

でも家の前には田んぼがあって、田園風景の田舎チックな雰囲気がいい感じでした。

JP117173

家の玄関というか正面側はこんな感じです。

JP117176

テラスっぽくなってますが、正面が道路だと人通りが少なくてもここにテーブルを出して朝食という雰囲気では無かったです。

そしてカーポートと奥にある台所への入り口がこんな感じでした。

 JP117169 JP117163

台所の手前(カーポート内)にも流し台があるんですが、こんなに近くにあると余計使い分けに悩んじゃいます。

道路に面した客間というかメインのリビングとして使う部屋はこんな感じ。

JP117177 JP117178

JP117147

10畳くらいの広さで窓が大きく明るい部屋という印象を受けました。

まぁまぁゆったりと使えそうです。


その他の個室は全部で4つ。しかし、全部窓が小さくて暗い・・・

JP117160  JP117164

JP117156JP117157

Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)は2つありましたが、これもリニューアルが必要かな?

JP117168 JP117152

全体的に古さによる傷みは出てるんだけど、手に負えないような問題では無いような感じがしました。

JP117150 JP117162

天井が無くて屋根が直接見えるのは、ボロいと感じるより結構新鮮に感じちゃいました。

JP117148

まぁ程度がいいとは言えませんが、Pasar(市場)まで徒歩でも10分で行けて、静かな田園地帯にある住宅地なんで環境は悪くはないかと。

それに田舎とは言え、バイクならサヌールまで30分弱、デンパサールまで30分ちょい、クタまで1時間くらいで行けちゃうんで、それほどロケーションが悪いところでは無いと思います。

車だとクタ・デンパサール方面は渋滞があるんでバイクの2倍くらい時間がかかっちゃうかもしれませんが・・・

さてさて、格安とうたったこの物件の家賃はRp.12,000,000./年(年間12万円弱)で、オーナーは「もうちょっとなら値引きも・・・」と言ってましたから、年間10万円くらいで借りることが可能だと思います。

我々としては、

  • 家は広いが庭といえる部分が無いに等しい。
  • 前面道路は(簡易舗装でもいいから)舗装してあったほうが嬉しい。
  • 全体的に光が入らずに暗い。←これが最大の難点!

ということで、辞退させていただきました。

内壁のペンキ塗りだけで1ヶ月くらい暇つぶしができそうだったんですけどねぇ。(^_^;

やはり、サヌール北東部は家賃が安そうですね。

ただし、バリ南部と比べると物件自体が少ない(貸家かどうかもわかりづらい)のが難点です。

サヌール北東部なら比較的安い家賃でゆったりとした庭付き一戸建てを安く借りられそうなんで、こちら方面を重点的に探してみようと思ってます。

 

posted by たかお at 20:26 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 賃貸物件
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :