bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2015年01月05日

クドンガナン(JL.Raya Uluwatu)にある宿泊施設(コス=KOST、ロスメン)

以前に紹介したクドンガナンの宿泊施設のオーナーさんが2棟目のホームステイを作ったそうです。

DSCF1841

JL.Raya Uluwatu に面した3階建ての建物で、宿泊用の部屋は3階にあります。

ホームステイの場所はこの辺りです。

地図画像

1ベッドルームの内部はこんな感じです。

DSCF1837

窓も比較的大きくて明るい部屋でした。

部屋の中には鍵付きのクローゼットも用意されています。

DSCF1826

トイレ兼シャワールームはこんな感じで、もちろんホットシャワーも使えます。

DSCF1827

壁にはパナソニック製の32インチテレビがかかっています。

DSCF1829

JL.Raya Uluwatu に面したテラスもありました。

DSCF1835

けっこう広々とした共用キッチンですが、まだガスコンロがおいてありません。

オーナーはガスコンロを置くか湯沸かしポットだけにするか、考え中とのことでした。

DSCF1839

フロアの中央には広い共用スペースがあって、そのうち簡単なテーブルと椅子を用意するようです。

1ベッドルームは 3.5m×3.5m ほどの広さで、もちろんエアコン付きですが wifi はまだ設置されていません。

この新築ホームステイ、1泊のお値段は Rp.250,000.(2,430円くらい)で月単位の値段は応相談とのこと。

一つ目のホームステイも1泊 Rp.250,000.、1ヶ月 Rp2,500,000.でしたから同程度の値段になると思います。

もし見てみたい、泊まってみたい、という方がいたら メール で私あてに連絡いただくか、オーナーさんに直接連絡してみて下さい。

card-1

 

posted by たかお at 08:05 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2012年12月17日

クドンガナンにある長期滞在者向けの宿泊施設(コス=KOST、ロスメン)

長く住んでいるといろんな知り合いが出来るんですが、ちょっと知り合いになるといろいろと頼まれ事も増えて来ます。(^_^;

JL.Uluwatu にある卸雑貨商のようなお店(いつもタバコやビールをまとめ買いしてるところ)のおばちゃんに「近くにホームステイを持ってるんだけど日本人の友達に紹介しといてよ!」とお願いされちゃったんで、お店がお休みの日曜日にそのホームステイとやらを見せてもらいに行ってきました。

場所はバイパスとビーチを結ぶ JL.Bantas Kangin の中ほどです。

地図画像

ビーチまで歩いても7〜8分というところでしょう。

部屋の大きさは3mx3mほどで、ダブルとツインの2種類のタイプの部屋がありました。

部屋にはサテライトTVも映る液晶テレビ、ミニ冷蔵庫、鍵付きの収納棚が付いています。

もちろんエアコンも完備で、パナソニック製というところはポイントが高い(壊れにくいと言われてる)かもしれません。

全部が東向きの部屋で、窓もまぁまぁ大きいので明るさも十分でしょう。

トイレ+シャワー室も1.3mx2mほどの大きさなので、狭くて困るような事は無いと思います。

もちろんホットシャワーが使えます。

洗面台スペースは普通レベルですが、鏡が大きいのがポイントかな。

部屋の前の廊下スペース(共用スペース)にはイスと小さなテーブルが用意されています。

2階の廊下から南東(ヌサドゥア)方面の眺めはこんな感じです。

そして北東(空港)方面の眺めはこんな感じ。

このホームステイの正面はこんな感じです。

JL.Bantas Kangin をバイクで走ってると、あまりにも看板が小さいので見過ごしてしまうかもしれません。

歩いて2〜3分で JL.Uluwatu に出るとスーパーやコンビニもありますし、ワルンもたくさんあるので長期滞在で困るようなことは無いと思います。

さて、一番重要なお値段ですが、

1泊 Rp.250,000.(2,200円くらい)で1か月借りると Rp.2,500.000.(22,000円くらい)

とのこと。

泊まってみたい!見てみたい!という方がいらっしゃれば、メールで連絡いただくか、直接オーナーさんのところへ電話してみて下さい。

posted by たかお at 09:13 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(4) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2012年11月25日

クタにある長期滞在者向けの宿泊施設(コス=KOST)

バリ人の友人が所有してるコス(KOST)と呼ばれる宿泊施設を見せてもらいました。

場所はこのあたりになります。

地図画像

カルフールの裏を通っている JL.Glogor Carik から30mほど未舗装道路(4輪可)を入ったところにあるコスなんで、結構静かな場所でした。

ビーチ沿いではありませんが、バイクでもあればクタ〜レギャン〜スミニャックエリアには楽に行けるところですし、サンセットロードやバイパスにも簡単にアクセス出来る場所に建ってました。

2階建てと平屋建ての2棟で、ホットシャワー(一部無い部屋もあり)、エアコン、ミニキッチン、フリーのwifi、テレビ完備の全25室とのこと。

これは室内から玄関側を見た様子。部屋は3mちょい四方で10平米程度でしょうか。

これは玄関側からトイレ・シャワールーム側を見たところ。

シャワースペースは吹き抜けになっていて「雨季はどうすんの?」という気がしなくもありませんが、どうせシャワーを浴びるんだからOKなんでしょう。(^_^;

左上に写っているのが 30Lクラスの温水器です。30Lあれば2〜3人ぐらいがゆっくりシャワーを浴びても水になる事は無いでしょう。

ごく普通のトイレ(ドア無し)がシャワースペースに向かって作られています。

トイレの左側(もちろん壁で仕切られてますよ)にあるミニキッチン。

カセットコンロがあるだけですが、コーヒーやお茶を飲んだりカップラーメンを食べるくらいなら十分でしょう。

ベッドの足元側には32インチのテレビと衣装ケースがあります。

これは玄関を出たところの様子で、植栽は旦那の趣味を活かした手作りだそうです。

敷地の奥にはバリ人の家らしく家寺も作られてました。

コスの入口脇にはコンビニ風のミニマーケットもあるんで、簡単な買い物はここで済ますことが出来そうです。

コスから表通りの JL.Glogor Carik へ出て右側(北側)を見た様子。

これは左側(南側)を見た様子です。サンセットロードと JL.Iman Bonjor の裏道にあたる道ですが、それほど交通量が多い感じはしませんでした。

コスへの路地の脇には Mie Ayam(鶏肉そば)のワルンもあります。

JL.Glogor Carik 沿いにはワルンや日用雑貨店も多いので便利だと思いますし、徒歩5分のところにはローカルの Pasar(市場)もあるそうです。(でもミニキッチンで料理するのは、ちょっとつらいかな?)

こんな環境にあるワンルームマンション風のコスの宿泊料金は、1泊朝食付で Rp.250,000.(2,200円くらい)とのこと。

7泊滞在なら6泊分 Rp.1,500,000.(13,000円くらい)で、1か月契約なら Rp.2,500,000.(22,000円くらい)だそうです。

一度見てみたい!とか、予約して泊まってみたい!という方がいれば直接オーナーに電話(英語可)するか、私にメールを送って下さいませ。

オーナー直通携帯電話:081 999 938 766 / 081 936 000 335

posted by たかお at 08:38 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(9) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2012年09月07日

Ginyar の Temisi にある一軒家

昨日は友人の新居のお披露目会に行って来ました。

クタで夜だけ店舗の軒先を借りてワルンをやっている友人が Ginyar に一軒家を買ったんです。

CIMG4664

まだ開発が続いている Perumahan(新興住宅地域)の中にあるこじんまりとした一軒家でした。

場所はこのあたりです。

地図画像

空港近くの Tuban からバイクで渋滞をすり抜けながら1時間弱で行けるところです。

CIMG4646

家の脇には小さな棚田がありますが、ここにも数軒の家が建つ予定があるようです。

CIMG4644

まだまだ開発中のエリア(まぁはっきり言って田舎チックです)なんで、前面道路も未舗装ですし建築中の家も残ってました。

CIMG4663

CIMG4643

家の中へ入ると、4mx3mほどのリビング・ダイニングがあります。

CIMG4653

ドアの脇にある窓は大きいとは言えませんが、高さがあるんで明るさはまぁまぁ確保できてるようでした。

上の写真の左側には4畳半ほどの部屋(2.5mx2.5m)が2部屋あります。

CIMG4656

道路側の部屋は窓も大きくて明るい部屋です。

CIMG4658

奥の部屋ははめ殺しの小さな採光窓が一つあるだけなんで寝室用かな。

CIMG4649

台所は2mx3mほどのスペースに、シンクのついたカウンターがあるだけのシンプルなもので、水は水道供給会社(PAM)のものを使ってます。

CIMG4652

Kamar Mandi(トイレ兼シャワー室)も実にシンプルです。

シャワーヘッドと水桶を設置すれば普通に使えるレベルですかね。

CIMG4659

これは玄関を外から撮ったものですが、リビングの奥にははめ殺しの採光窓が見えます。

風が抜ける構造では無いんですが、標高が高いのと周りが田畑なんで十分に涼しい風が入ってきました。

電気の契約は現在450wしかしてないんで、日本人が住むなら変更が必須でしょう。

この家からウブドまではバイクで30分くらい、南側へ山を下って海に出るには20分弱くらいとの話でした。

こんな立地条件のこじんまりした一軒家の家賃は、Rp.10,000,000./年(84,000円くらい=1か月7千円)くらいで借りてくれるといいなぁ〜と言ってました。

まぁ100万〜200万ルピアくらいの値引きはするつもりなんでしょう。(^^ゞ

海辺の貸家を望んでなくて、バイクか車を足として確保できる2人暮らし程度なら、ちょっと手を入れれば生活出来るんじゃないでしょうかね。

家賃が安いから別荘替わりに借りて、年間30日滞在で1日2,800円。2家族でシェアすれば1日1,400円ですから、そんな使い方もありかもしれません。

近所には賃貸用のヴィラも建てられているんで、もうちょっと開発が進むと便利になっていくのかもしれません。

もし興味がある人がいれば案内しますんでメールでも送って下さい。

もちろん私の手数料は無しのオーナー直契約です。

posted by たかお at 07:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(6) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2012年06月29日

丘の上にあるジンバランの貸家

久しぶりの賃貸物件情報ですが、今住んでるところから引っ越すためではありません。

大家さんの親戚が新居を購入し、そこでウパチャラをやるってことだったんで見に行って来ました。

JP282163

こちらでは Perumahan と呼ばれる新興住宅街(30軒ほどの建売住宅地)にある小ぢんまりとした一軒家です。

場所はこのあたりで、丘の上を整地して作ったような住宅街ですが、残念ながら家から海は見えませんでした。

地図画像

玄関は北向きなんで、直接太陽が差し込むことも無さそうですから、涼しく過ごせそうな家です。

玄関前には乗用車ぎりぎり1台ほどの駐車スペースと小さな庭があります。

JP282139

貯水タンクが置いてあるのは、PAM(水道供給会社)の工事が終わっていないため臨時においてあるとのことでした。

間取りは3mx3mほどの部屋が2つ(北向きと南向き)と4.5m四方のダイニング(ガレージが食い込んでる分L字型になってる)、それに小さな Kamar Mandi(トイレ兼シャワー室)があるシンプルな2DKと言う感じです。

JP282157

これ ↑ は北向き(玄関側)の部屋ですが、南側の部屋も新しい家の造りらしく窓も大きくて明るい部屋でした。

JP282156

↑ ダイニングにはオープンキッチン・・・と言えば聞こえはいいですが、小さなシンクとガスコンロがおける調理台が付いてるだけです。

JP282155

↑ Kamar Mandi(トイレ兼シャワー室)はビジネスホテルのユニットバス程度の広さしか無いんで、ちょっと狭い感じはします。

JP282148

↑ 家の裏側(南向き)には、8mx4mほどの庭があって東南の門には小さなバレが作られてました。

この新築一戸建てのお家賃は Rp.30,000,000./年(今のレートで1年間26万円くらい)とのことですが、もちろん交渉の余地はありです。

贅沢にもクドンガナンで4LDKくらいの庭付き一戸建てを借りて住んでる我々には「ちょっと狭いねぇ〜」という印象(何様だよ!)でしたが、まぁ2人暮らし程度なら十分な広さでしょう。

ただ実際に住むことを考えると、問題点もありそうです。

  • 近所に買い物や外食ができる場所が無い。(ローカルワルンのみ)
  • 供給体制に問題がある(と言う話をよく聞く)PAMの水を使わざるを得ない。(丘陵エリアはどこも井戸水は無理らしい)
  • 雨季を経験してないんで水漏れや水の染み出しがちょっと心配。(染み出しは大概の家であるんで程度問題)

逆に良いところとしては

  • 新興住宅街なんで(たぶん)それほど濃い〜ぃ人間関係が無いのかも。(日本の都市部のような感じ)
  • 古い一戸建て(窓が小さい・少ない)よりは絶対的に明るい。
  • 南北に窓があるんで風が通って結構涼しい。
  • 丘の上なので洪水の心配が無い。

というところでしょうか。

興味がある方がいればメールででも連絡下さればオーナーを紹介します。(もちろん手数料無しで)


さて、この家のウパチャラの様子も紹介しときます。

JP282141

家の正面にお札のような布を釘で打ち付けてる様子です。

JP282145

そして予定より1時間半も遅れて来たマンクー(僧侶)が小1時間ほどお祈りをしてくれてました。

このあとは集まった親戚の皆さんといつものようにバビグリンを(晩ごはんが食べられないほど)ごちそうになってから帰宅しました。

やっぱりレクリエーションとしての物件見学は結構楽しいですね。

たまには借りる気が無くてもやってみるかな。(^_^;

posted by たかお at 08:24 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(11) | 賃貸物件
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :