bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年05月14日

扇風機の修理

私の寝室の壁にかかっている扇風機。

毎晩のように活躍してくれていましたが、昨日突然ファンが回らなくなっちゃいました。(>_<)

ファンだけが回らなくて首振りだけを静かにしている姿は、ちょっと情けない雰囲気が漂っていました。(^^ゞ

乾季に入って夜はだいぶ涼しく過ごせるようになっては来ましたが、風が止まる夜もあるので壊れたままにしておくわけにはいきません。

早速近所の電気製品何でも修理屋さんに持ち込んで修理が出来るか見てもらいました。

CIMG6708

小さな修理屋さんの店先には冷蔵庫やら洗濯機やらがあふれんばかりに並んでいます。

壊れた扇風機を見てもらったところ「断線くらいの修理なら Rp.25,000.(220円ちょっとくらい)、モーター交換だと Rp.95,000.(850円弱くらい)だけど、修理する?」と言うので、もちろん「修理して〜!」とお願いしました。

なにしろ新品を買うと Rp.300,000.(2,700円弱くらい)もする、豪華な(?)リモコン付き壁掛け扇風機ですから修理のほうが断然安いんです。

分解を初めてチェックをしてもらうと、モーター自体が壊れてるとのこと。

CIMG6709

純正品では無い汎用の扇風機用モーターと交換すれば大丈夫とのことなので、修理を続けてもらいました。

CIMG6712

モーターの制御部分(だと思う)を元のモーターから取り外して新品のモーターに取り付けたり、配線の色を確認することも無くブチブチ切って、くわえタバコで鼻歌を歌いながら新しいモーターに結線していく姿にはプロフェッショナルとしての心意気を感じました。(^_^;

修理が終わって動作確認が済むまで約1時間、過酷に使われていた壁掛け扇風機は無事に生き返りました。(^^)v

CIMG6715

モーターが汎用品に変わったことで、これまでのモーターとは回転数が違うのか以前より風量が増した感じです。

それと、これまでは首振り動作をしている時にファンカバーのあたりから共振してるような音が出ていたんですが、交換したモーターが優秀なのか?とてもスムーズに回ってくれています。

日本でこんな修理をしたら、技術料(=人件費)8000円+純正モーター 5000円+工賃 2000円=合計 15,000円とかかかるんでしょうねぇ。

しかも修理完了まで1週間とか・・・

まぁそれ以前に、普通はそこまでお金をかけて修理をせずに粗大ゴミとして料金を払って捨てちゃうんでしょう。

インドネシアではまだまだ街の中に必ずこんな修理屋さんがいるんで、時間的にもお財布的にもとっても助かります。

今までのモーターは丸4年間働いてくれましたが、今度の新しいモーターはどのくらい働いてくれるか楽しみです。o(^_^)o

posted by たかお at 20:20 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(6) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
こんにちは、数年前スラベシュ島に里帰りした時、あまりに暑くて、電気屋さんで扇風機を買いに行きました。価格はRp320000で、タイマー無し高さは2段階・1段外すか、着けて高くするか ちょっと日本の便利な扇風機に慣れていると、イラときましたね。

Posted by やよい at 2014年05月15日 11:40
ほんと修理なんて考えられない
扇風機なら回らなくなった時点で粗大ゴミです!!
そう思うとモッタイナイことしてるんですね

この前、乾燥機が壊れたので修理来てもらったら、ガタがきてるということで修理するんやったら8万位かかりますと・・・ヒェ〜 もちろん修理やめました!
でも出張費だけで3,500円請求された((+_+))


修理屋さんの技術に脱帽ですね!
何でも直してくれそう♪
Posted by カナ at 2014年05月15日 14:46
やよいさん、こんにちは。
インドネシアではまだまだ一世代、二世代前の製品が一般に流通していますよね。
最初はちょっと不便かもしれませんが、慣れると「イラッ」とすることも無くなりますよ。(^^)v
日本で便利さに支払ってきたお金がずいぶんあったんだなぁ〜と気付かされます。
教訓:あったら便利は無くても平気!o(^_^)o
Posted by たかお at 2014年05月16日 07:26
カナさん、こんにちは。
乾燥機の修理に8万円!(・o・)
技術大国・・・いや人件費大国ですね。(^_^;
修理屋さんは「また何か壊れたら持って来なよ!」と自信満々に言ってましたので、大概のものは修理してくれそうです。
修理費が新品の50%を超えるようだとちょっと考えちゃいますが、今のところ買い替えを考えるような故障に当たって無いのでラッキーなんでしょうね。(^^)v
Posted by たかお at 2014年05月16日 07:34
うちでも部屋の引き戸の開閉がきつくなったので、大工さんにお願いしたら15000円でした。下のレール交換するだけなのにねえ。

さらに言うなら、それが母の部屋なので介護保険の住宅改修にあたるということになったんですが、大工さん、福祉用具さん、ケアマネさん全員のサインが必要で、それを役所に出す…。日本はとにかく人件費がかかるような仕組みなんですねえ。

うちの近所にくわえタバコの修理工の兄さんに引っ越してきてもらいたい!! 熱烈ラブコールしたいです!!
Posted by kumi at 2014年05月25日 16:41
kumi さん、こんにちは。
引き戸のレール交換で15000円!(@o@)
でもそれだけの品質でしょうから仕方が無いのかもしれませんね〜。
しかし、バリの修理屋さんたちの技術は競合が多いのでそこそこの修理品質は持っているようですよ。
ただし部品がメイド・イン・ジャパンじゃ無いので、その部分が・・・(^_^;
Posted by たかお at 2014年05月25日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96536600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :