bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年04月10日

近所の皆さんへの感謝祭、バビグリン パーティ!

1週間の予定で我が家に滞在していた父親と弟が今朝0時半の飛行機で日本へと帰って行きました。

そんな接待攻勢をかけている1週間の中で、4月6日の日曜日に近所の皆さんを招いてバリ島名物「バビグリン」(豚の丸焼き)パーティーをやっちゃいました。

バビグリンをやってくれるという近所のおばちゃんに頼んで、ご飯も含めて料理一式をお願いしたんですが、バビ(豚)を焼くのに3時間近くかかるとのことで、当日は朝5時前から準備をしてくれたらしいです。

朝8時頃「バビを焼き始めたよ〜」とお呼びがかかったところで、現場を見に行ってみました。

JP068184

すでにほんのり飴色になった40Kgほどの豚ちゃんが、ゆっくりゆっくりと炙られていました。

JP068188

バビグリンの他にもおかず一式をお願いしていて、上はサテ・イカン(魚のつくね焼き風)の材料になる小アジ(かな?)がから揚げになってました。

JP068190

野菜のスープも大鍋でたっぷりと出来上がっていました。

そして3時間近く熾火でしっかりと炙られたバビグリンが出来上がりました!\(^o^)/

JP068196

この豚ちゃんを食べやすいようにさばいてくれるのは、近所の男衆の仕事だそうです。

JP068242

食べやすいように切り分けられたバビグリンのお肉やらパリパリの豚の皮、サテ・イカン、ラワール、野菜スープなどをご飯にのせて、みんなで賑やかにランチパーティが始まりました。

JP068226

今回のパーティには近所に住むバリ人(イスラムの人は食べられないからねぇ)家族が35人くらい集まってくれました。

JP068206

なるべくたくさんの人に来てもらえるように子供たちも学校が休みになる日曜日を選んでやったんですが、皆さん嬉しそうに大騒ぎしながら食べてくれていたので、主催者としても嬉しい限りです。

まぁ大人たちはビールも飲んでたんで、みんな普段以上に声が大きくなっていたような気がしますが、たまにはこんな日があってもいいでしょう。(^^ゞ

JP068254

もちろん、私たちも焼きたてのバビグリンを美味しくいただきました。(^_^)v

実は今回のパーティ、費用はすべて父親が出してくれました。

名物の豚の丸焼きを見てみたかったのと、外国人である息子夫婦が普段から世話になってる近所の人たちへの感謝という趣旨で企画したものなんです。

父親からしてみれば、息子が50歳を過ぎていたって「自分の子供」にはかわりが無いので、子供にごちそうしてやるってのも楽しみの一つなんでしょう。

素直な息子(私のことですよ)はそんな父親の気持ちを無駄にすることのないように、しっかりおごってもらってタダ飯を食っていたのでありました。(^_^;

ちなみに、今回のバビグリン パーティは、40Kgの豚の丸焼きやらその他のおかず、ご飯も含めて全部で200万ルピア(18,200円くらい)、飲み物がビール、ジュース、お水などと氷を用意して大体60万ルピア(5,450円くらい)でした。

みんなが喜んで食べる姿を見ていた父親は「こんなに喜んでくれるなら、来年も豚の丸焼きをやるか!」と意気込んでいました。

どうやら来年もタダで美味しいバビグリンが食べられそうです。o(^_^)o

 

posted by たかお at 16:19 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
すごい!! 
バビグリン美味しそう(^O^)/

お父様に感謝ですね 
御近所さんも大喜びですよね

日本じゃなかなか豚の丸焼きにはありつけないなぁ〜 
御馳走 食べてみたい(^◇^)
Posted by カナ at 2014年04月10日 23:09
カナさん、こんにちは。
お店で食べるバビグリンも美味しいですが、今回の「焼きたてバビグリン」はまた格別の味で美味しかったです。(^_^)v
人の手で3時間近くもじんわりじんわり焼いてくれた豚ちゃんですから、美味しくて当たり前なのかもしれませんが、ご近所さんの笑顔も美味しさを増してくれたような気がします。
いつかは自腹でこんなパーティが開ける身分になりたいもんです。(^^ゞ
Posted by たかお at 2014年04月11日 15:50
こんばんは、ホームパーティーいいですね。3年前にスラベシュ島の義理息子の実家で孫娘の誕生パーティーをしたのですが、何をしたらいいのか分からなくお持ち帰り頂くお菓子を5000円分約50袋・実家の駄菓子屋で用意してもらって
来た人に渡しました。ケーキは義理息子が市場のお店に頼んでケーキのみのワイワイパーティーでした。ムスリムなので・ブタの美味しいのはダメなのですが、今度は、みんなにご飯を御馳走しようと思います。
インドネシアに住みたいと思ってのですが、無理っぽいので次回は、私のお墓を建てに行こうと思っています。
毎回・読んでいて参考になることが多いです。
Posted by やよい at 2014年04月12日 20:33
ひゃ〜
これはこれは豪華絢爛、日本じゃ一生に一度できるかどうかというとんでもない料理ですね
それも2万円いかない!
急にインドネシアに行きたくなりました(^^
Posted by ニバン at 2014年04月13日 11:31
やよいさん、こんにちは。
インドネシアでは「祝ってもらう人」の側が全部用意をしなきゃならないので、いろいろ大変ですよね〜。(^_^;
私達も近所の子供の誕生日にお呼ばれすると、おもちゃやお祝いのお金を包んで持っていって、ケーキやらご飯やら(時にはビールまで)をごちそうになってきます。
準備も大変なんでしょうけど、招いた方も招かれた方も皆さん楽しそうにしている姿を見てるだけで「幸せそうだなぁ〜」と思っちゃいますね。
Posted by たかお at 2014年04月14日 22:01
ニバンさん、こんにちは。
日本の中華料理屋さんで豚の丸焼きパーティをやったら、いったいいくらかかるんでしょう?
それに比べれば、そこそこの費用でかなり盛り上がれました。o(^_^)o
そこそこの費用と言っても父親の財布なんですけどね。(^^ゞ
Posted by たかお at 2014年04月14日 22:03
知り合いの中華屋に聞いてみました
80万円くらいかなと・・・
インドネシアに行って是非これやりたい!
Posted by ニバン at 2014年04月16日 13:09
ニバンさん、こんにちは。
げっ!80万円!(・o・)
確かに日本のスーパーで売ってる豚肉が100g150円とすると、40Kgの豚1頭分(もちろん食用以外の部分も含んだ重さ)だと単純計算で6万円ですもんね。
いやぁ〜、今更ながら財布にもお腹にも美味しいパーティだったということに気が付きました。(^^)v
Posted by たかお at 2014年04月16日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92840028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :