bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年12月16日

コンビーフならぬ、コンチキン?

近所のスーパーマーケットに買い物に行くと、缶詰売り場に見慣れない色の缶が並んでました。

見慣れたインドネシアのコンビーフ缶の隣にニワトリのイラストが描かれたコンチキン(?)が並んでいました。

P1040185

しかも「NEW」とか「BARU」とも書かれているんで、どうやら新製品らしいです。

お値段は、198g入りの缶が Rp.13,300.(115円くらい)です。

以前のブログで紹介したインドネシア製コンビーフよりは安いですね。

P1040187

インドネシア製コンビーフ 198g缶のお値段が Rp.16,900.(147円くらい)ですから、コンチキンの方が2割ほど安くなってます。

缶の中身はこんな感じで、いかにも鶏肉!という雰囲気の色でした。

P1040190

さてさて、どんな味がするのやら?と昨日はシンプルに「コンチキン・サラダ」(千切りキャベツに乗せただけ)にして食べてみました。

P1040192

インドネシア製コンビーフを食べた時と同じように、塩味が足らない感じ(優しい味とも言う?)がするし、歯ごたえも物足りない(ソフトな食感とも言う?)感じですが、あっさり味で決してまずくは無いですよ。

今回のコンチキン・サラダでは、インドネシア味の素のマヨネーズ“Mayumi”にインドネシア製醤油の“Kecap Asin”をちょろりと垂らして美味しくいただきました。

でも、やっぱり日本の「ノザキのコンビーフ」が恋しくなるなぁ〜。(^_^;

 

この記事へのコメント
すっかり日本は寒いです。とってもバリが恋しい季節になりました。

次回の渡バリ(未定ですけどね。来年行くのか?)には、コンビーフとおでんパックを持っていきましょう(^o^)v

昨夜のTV番組「ガイヤの夜明け」でインドネシアに「SARI ROTI」ブランドでパンを販売している日本企業を特集していました。
スーパーとかアイス売りと同じ形態で販売しているようですが、食べたことありますか?
Posted by かおりん at 2013年12月18日 17:10
かおりんさん、こんにちは。
コンビーフ・・・おでんパック・・・文字を見ただけでヨダレが出てきそう。o(^_^)o
SARI ROTIの食パンは確か Rp.10,000.前後で売っていたと思います。
Rp.7,000.〜8,000.で売られてるローカル食パンより少し高いだけなんですが、値段の差ほど味や食感の違いを感じられなくて買わなくなっちゃいました。
どうもこっちで買うパンは「パサパサ感」があってイマイチな感じです。
Posted by たかお at 2013年12月20日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82636495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :