bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年01月08日

味の素のマヨネーズ“Mayumi”を発見!

ずいぶんと前にどこかのネットニュースで「味の素がインドネシアでマヨネーズを生産する」ってな記事をみかけた記憶があります。

その味の素のマヨネーズがいよいよバリ島に上陸したようです。\(^o^)/

その商品名は「AJINOMOTO Mayumi」です。

昨日クタにあるカルフールで見つけた「AJINOMOTO Mayumi」は25g入りの使い切りパッケージで、1個 Rp.2,040.(20円くらい)でした。

入荷してたのはこのお弁当用サイズ(?)の小さなパッケージだけで、大きなチューブタイプのものはまだ入って来ていないようです。

普段我が家で使ってるマヨネーズはインドネシアの MAMA SUKA というブランドのマヨネーズ(韓国メーカーのライセンス生産だと思われるもの)です。

MAMA SUKA のマヨネーズは 500g入りのチューブのもので、同じくクタのカルフールでは Rp.32,900.(305円くらい)で売られています。

さて、味の素のマヨネーズ “ Mayumi ” の味は?と言うと、MAMA SUKA のマヨネーズに比べて酸味がやや強く「日本のマヨネーズ!」という気分が味わえましたよ!(^_^)v

日本で食べた味の素マヨネーズより美味しく感じたのは、既に昔の味を忘れてしまったからかもしれません。(^_^;

去年の6月に「インドネシア製の日本のマヨネーズが食べられるかも!」というケンコーマヨネーズがインドネシア進出する記事を書いていますが、ケンコーマヨネーズより先に味の素のマヨネーズが店頭に並んじゃいましたね。


それにしても、インドネシアで売られている味の素の調味料群のネーミングは、かなり素敵です。o(^_^)o

化学調味料の元祖(?)味の素はそのまま「AJINOMOTO」として売られていて、インドネシアでは誰でも知ってるほどの超有名なブランドです。

味の素が売ってるコンソメの顆粒(チキンとビーフがあります)が「AJINOMOTO Masako」=まさこちゃん。

オイスターソースは「AJINOMOTO SAORI」=さおりちゃんとして売られています。

今回のマヨネーズも「AJINOMOTO Mayumi」=まゆみちゃんですから。

日本人としては人の名前のイメージから味のイメージってわかないんですけどねぇ。(^^ゞ

これからもインドネシアで味の素の商品展開があるでしょうから、どんなネーミングで来るのか楽しみでもあります。

この記事へのコメント
みんな女の子の名前なのはなぜなんでしょうね。
日本のプリンセスは調味料と同じ名前なのか、と言われたことあります。(^^;
あと何年か前、スナック菓子にも「めぐみ」と「みのり」というのがありました。私が日本人だとわかると必ず「みのり?」と言われたくらい流行っていたけどまだあるのかなあ…。
Posted by sasaki at 2013年01月08日 11:56
sasakiさん、こんにちは。
スナックにも日本の名前を付けているのは見たことありますよ。
ただどんな名前だったか記憶が無い・・・(^_^;
スナックには男の子の名前もあったような気がしますが、これも曖昧な記憶ですわ。
Posted by たかお at 2013年01月09日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61301599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :