bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2012年12月07日

観光ビザで口座開設出来る銀行は全国で3位、バリ州で1位だそうです

先日のブログで「観光ビザで本人名義の定期預金・普通預金口座が開設できる銀行を紹介します」という記事を書いたんですが、問い合わせの中でいくつか「小さい銀行って大丈夫ですかねぇ?」という話がありました。(そりゃそうですね)

私たちだって100%信頼してお金を預けてる訳じゃないですから。(^^ゞ

で、銀行の担当さんに「やっぱり日本人には小さい銀行って不安みたいだよ」と言うと、こんな資料を持ってきてくれました。

2012年8月号の「info bank」という銀行業界の雑誌なんですが、この中に BPR(インドネシア国内に1669行ある)のパフォーマンスを分析した記事があって、小規模 BPR クラスで全国 3位にランキングされていました。

 

※この3枚の画像はクリックするとA4サイズのファイルが見られます。(インドネシア語ですが)

この記事では、銀行の自己資本比率やら不良債権率やら自己資本利益率やら預貸率やら利ざや(金利マージン)などで格付けして、トータルポイントでランク付けをしているようです。

営業さんは「ジャカルタやスラバヤも含めた全国で3位、バリ州でトップですからねぇ!」と胸を張っていましたが、それならもっと早く出せよ!と・・・(-_-)

これらの数値を日本の銀行と比較してもあまり意味が無い(土俵が違い過ぎる)と思いますが、単純に「だいぶ儲けてるな!」ということはわかります。(^_^;

これに関連して PERBARINDO BALI(バリBPR協会)からも2011年の1等賞の賞状ももらってるそうです。

店構えなんかを見たってお世辞にも「バリ島ナンバー1のBPR」とは思えない質素な雰囲気なんですが、人と同じように銀行も見かけで判断してはいけないって事なんでしょう。

そんな訳で、銀行の営業さんから「ちゃんとインフォメーションしといてね!」と言われたんで書かせてもらいました。

我が家の資産配分も考えなきゃいかんかなぁ〜。(^^ゞ

posted by たかお at 07:00 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(8) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
たかおさん

いいですね〜バリ預金 ^^
「設けよう!」じゃなくて、100万円ぐらいだったら預けておいて毎年バリ旅行のお小遣いにできるじゃないか♪…ぐらいのお楽しみでねえ。
いいなあ、来夏行った時にお願いしたいと思います。
(夏までまだこの企画続いてますかねえ)
その時はぜひお願いします^〜^ ウヒヒ
Posted by けん子 at 2012年12月07日 22:38
訂正

「設けよう」×→ 「儲けよう」○

バリに100万円の札束持って行くの、ちょっとビクビクですね(笑
Posted by けん子 at 2012年12月07日 22:39
けん子さん、こんにちは。
> 毎年バリ旅行のお小遣いにできるじゃないか♪…ぐらいのお楽しみで
まさにそこが今回のキモなんですよ!(^_^)v
旅行者時代(今よりもっと金利が高かった頃)に自分がやりたくて出来なかった事が、銀行の営業さんとの茶飲み話から実現出来る事がわかったんで始めてみようと思ったんです。
期間限定の話では無いので、いつでもどうぞ!

> バリに100万円の札束持って行くの、ちょっとビクビクですね(笑
私たちが来た時は、奥さんと2人して巣鴨で買った腹巻とズボンのポケットなどに札束を詰め込んで税関を無申告で通過しましたからねぇ。(おすすめはしませんよ!)
100万円なら文庫本サイズですから持ち込むのも簡単だと思います。
2度とあんな日本円の束を目にする事は無いだろうなぁ・・・(^_^;
Posted by たかお at 2012年12月08日 07:06
銀行口座の開設に興味があります。

インドネシアでは休眠講座の存在が許されておらず、ビザが切れて非住居者の口座であると判断されると、即座に口座が没収されるのではないかと思いますが、大丈夫なのしょうか?
Posted by 相談 at 2012年12月13日 12:29
相談さん、こんにちは。
銀行側に尋ねたところマネーロンダリングや麻薬売買代金など犯罪に使われたのであれば没収では無く口座凍結(文書による命令)にはなるが、非居住者であるだけで没収という話は聞いたことが無いとのことでした。
逆にどこに「即没収」と書いてあるか?と聞かれちゃいました。
もし何らかの明文規定があれば教えていただけますか。
銀行側はもしそのような明文規定があるのなら、現在も有効なものか?どんな場合に適応されるのか?などを調べると言っています。
今回の話はもともと非居住者向けに口座を開設しようという事なので、即没収なら没収するために口座を開かせるという事になりますからねぇ。
しかし、ほんの些細な事でも心配があれば、きちんと KITAS(滞在許可)を取ってから口座を開設された方が良いと思いますよ。
この仕組みは KITAS を取らない人にもインドネシアの銀行預金金利を受け取れるように窓口となって紹介するだけですし、先のブログにも書いたとおり全てのリスクは預金者に負っていただくとしてありますので。
Posted by たかお at 2012年12月13日 15:47
相談さん、こんにちは。
追記です。
このような仕組み=非居住者向け口座開設サービスは他にもいくつか有料(1回3万円〜5万円ほど)でやられていらっしゃるところもありますので、検索してみてください。
Posted by たかお at 2012年12月13日 16:07
そうでしたか。
他のブログの記事(日本語)でそう書いてあるものを読んだのです。
情報が古かったりしたのかもしれませんね。
すいません。
Posted by 相談 at 2012年12月16日 17:45
相談さん、こんにちは。
こちら、インドネシアではなかなか正しい情報にたどり着けないことが多いんで私も何度調べる事をあきらめたことか・・・(>_<)
特にネット上の情報は、企業や行政機関のサイトでも数年前の賞味期限切れ情報がほったらかされたりしてますから、なおさら調べる気にならないです。(^_^;
現実そのような規制?ルール?があっても、KITASを放棄して出国した人のリストを全部の金融機関対象に調べる事には無理がありそうな気がしますね。
ましてや最初っからKITASを所持していない人のことまで調べようとしたら、全部の入国者リストと全金融機関の口座情報をマッチングさせないといけないわけで「労多くして効無し」という結果になるような気がします。
没収したお金が《自分の財布に入る》なら、真剣に作業する人がいるのかもしれませんが、全部国のものになるなら誰もそんな作業をしないでしょうね。(^^ゞ
やっぱり犯罪がらみでピックアップされた人の口座を差し押さえるのが精一杯のような気がします。
でも、いつどんな制度に(突然?)変わるのかもカントリーリスクのひとつですから、十分考えるに越したことはないと思いますよ。
Posted by たかお at 2012年12月16日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60583554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :