bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2012年07月03日

小さな銀行の営業担当さんとの約束を検証

先週末に話がついた賃貸契約延長交渉で約束した家賃の一部 10Juta(1千万ルピア=85,000円くらい)を、昨日銀行でおろして来て大家さんへ支払ってきました。

さてさて家賃の残り 30Juta の支払いですが、これは先日高金利目当てで一部の資金を移した小さな銀行の定期預金から引き出してみることにしました。

これは、営業担当さんが言っていた「拘束期間中に定期預金の一部引出しなどが必要になった場合、担当へ直接連絡すればペナルティを免除します」という口約束が本当に履行されるのか?というチェックを兼ねています。

早速営業担当さんに「・・・という訳で定期預金から30Jutaを引き出したい」とSMSをすると、しばらくしてから「今自宅に居るなら行きますよ〜」と電話をしてくれました。

我が家へ来てもらって話をすると「わかりました。約束通りペナルティ無しで一部解約の手続きをしときます。」とのこと。

ただ引き出し日をいつにするかと言う問題があって「中途の日に引き出すとそれまでの期間は普通預金金利だけで計算され、満期応当日(ジャスト1か月)に引き出すなら1か月分は定期預金の金利で計算される」という、まぁ予想通りの回答がありました。

大家さんに「・・・という訳で残金の支払いをちょっと遅らせてくれません?」と聞いたところ「OK」と返事をもらったんで、無事に金利収入も予定通り受け取れることなりました。(^^)v

それにしても、ずいぶん簡単に済んじゃったね〜。(^_^;

営業担当さんは「当日は私が現金を持って来ましょうか?」と言ってくれたんですが、日本人的にはそこまで面倒をかける訳にはいかんだろう!と言うことで「いや、我々が銀行に行きます」ということにしました。

これで小さな銀行の営業担当さんとの口約束は100%履行されることがわかりました。

営業担当さん、いろいろと面倒なことをお願いしちゃいましたけど、きちんと対応してくれて本当にありがとうございました。<(_ _)>

posted by たかお at 09:32 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56839689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :