bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2012年07月01日

我が家の賃貸契約延長の話し合い

昨日、今日と大家さん夫婦と家の賃貸契約延長の話をしていました。

話の発端は昨日大家さんの奥さんから「長女が7月からSMK(専門高等学校)に入るし、ポトンギギのウパチャラもやらなきゃならないのに、旦那の仕事じゃお金が足らないのよねぇ。もしよければ家賃2年分を追加で前払いしてもらえないかしら?」という一言でした。

まぁ話としては理解できるし、我々も現在の家は気に入ってるから別に2年延長(今の契約+2年だと3年先の2015年8月まで)しても全然構わないんですよねぇ。

それに、年中お世話になってる面倒見の良い大家さんだし、大家さんの親類やご近所の人たちも良い人たちばかりだし。

ただ問題は前払いする家賃の額をどうするか?

ややバブリ気味のバリ島ですから、黙って来年の更新期限の時に延長の話をすれば「現在の国の経済状態(=不動産バブル)」が続いている限り多少の値上げはやむを得ないところでしょう。(物価もジワジワと上がってるし)

もちろん住む側としては、固定費の家賃は安い方が良いに決まってますよね〜。

特に我々のように金利収入と貯金の取崩しで生活してる人間にはなおさらです。

そこで、昨夜「緊急財務担当閣僚会議」を開催して、チーズをつまみに晩酌をしながら我々からの提示条件を考えてみました。

  1. 家賃の値上げは無しね。(1年25百万ルピア、2年分で50Jutaがまず基本)
  2. 3年後までの家賃を前払いすると金利収入が減っちゃうから、50Juta × 8% × 3年分(24%)で12Jutaは安くしてね。
    (これはちょっと怪しい条件=安くするための口実)
  3. 支払いは定期預金を崩すから満期日まで10日ほど待ってね。

この条件でOKが出れば2年間延長して家賃を先払いしてもいいかな、という結論になりました。

条件の2番目はちょっと考えるとおかしな言い分で、本当なら来年8月末の契約更新時に支払うべき家賃の前倒しなんで、実は14か月分だけの前払い(8%で計算しても約4.7Juta)になるんですね。(^^ゞ

なので、前払い家賃の12Juta引きという条件は我々の最初の言い値として提示して、交渉の中で10Jutaの値引きまでは折れようと思ってました。

それ以上大家さん側がネゴるようなら、もう1日時間をもらって考えよう(場合によっては前払いしない)ということにしました。


そして、今日の交渉の場で上記の条件を大家さん側に提示してみました。

大家さんとしては現在の不動産バブルの状態をもちろん知ってる訳で1番目の条件に早くも難色を示してきました。

ここで、我々も用意していた理屈「3年後まで今の経済状態が続くかなんてわからないじゃない。今のヨーロッパ経済のように壊れちゃうかもしれないでしょ。3年後まで景気が良ければ私たちが得をするけど、景気が悪くなってたら大家さん達が得をするでしょ。お互いにリスクは背負ってるんじゃない?」と珍しく真顔で話をしました。

「まぁ、そうだけど・・・」とこれはOKの方向に。

そして2番目の値引きの条件にも「もうちょっと値引き額を低くしてくれないかなぁ」と要望をされましたが、まずは「定期預金を置いておけば受け取れるお金を捨てることになるから、それはダメ!」と、やや強めに言いました。

その後いろいろと笑い話なども交えた円満な話し合いを続けましたが、我々の方から「じゃぁ2Jutaは長女の進学祝いということにして、2年分家賃を10Juta引きの40Juta払うって事でどうよ?」と提案をしてみました。

大家さん(旦那さん)はまだ少々渋い顔でしたが、この家を借りる時の話し合いのように大家さんの奥さんが「だって今お金が必要なんだし、あんたの仕事も不安定なんだから借金する訳には行かないでしょ!」などといろいろと旦那さんに意見を言っていました。

しばらくしてから大家さんが「ちょっと考える時間が欲しい」と言って自宅へ戻って行きました。

まぁ交渉の雰囲気からして、いくら大家さん一家が家族・親族会議を開催しても、最終的には絶大な権力を持つ大家さんの奥さんに押し切られそうだなぁ、という感触でした。

なんで、我々も「明日の朝には結論が出るでしょ」とのんびり構えることにして庭仕事などを初めてました。

ところが明日を待つまでも無く、自宅へ戻ってから1時間後には大家さんの奥さんがやって来て「さっきの条件でお願い!で、申し訳ないけど、出来れば少しだけでも早く払ってもらえないかしら?」とのこと。

普通預金口座に入ってる残高をネットバンキングで確認してから「じゃぁ明日の午後に10百万ルピア、来週の前半で残りの30百万ルピアでどうでしょ?」と言うと即座にOKが出て今回の契約期間延長交渉は無事に終了しました。

我々としては長期間契約で家賃を前払いするリスクはあるものの、結果的には安い金額で契約出来たんで満足できる内容です。(^^)v

あとは大家さん一家に払う家賃は無駄遣いしないで、子供たちのためにちゃんと使ってほしいなぁ〜と願うばかりです。(^_^;

ホントこっちの人は手元にお金があると先のことを考えずに使っちゃう人が多いんですよね〜。

だから消費(購買意欲)が旺盛で、日本のようなデフレスパイラルなんかにはならないんでしょうが・・・

posted by たかお at 22:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56813151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :