bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2012年06月16日

1年使ったサンダルを修理してみました

ほぼバイクに乗る時専用(ガレージ側に置いてあるだけ)として使っていたサンダルの底がすり減って来て、信号待ちの時に足をつくと“ずるっ”と滑ったりすることが多くなってました。

CIMG3449

だいぶくたびれてますねぇ。(^^ゞ

渋滞時のすり抜け時にサンダルを地面にこすりながら低速運転することも多いんで「徒歩専用のサンダル」より減りが早いのかもしれません。

我が家の家計簿を見ると、どうやらこのサンダルは昨年の5月10日にクタにあるマタハリデパートのバーゲン時にRp.20,000.で買ったもののようです。

新しいサンダルを買っても Rp.30,000.くらい出せば普段使いレベルのものは十分買えるので買い替えても良かったんですが、近くに「履物全般修理屋さん」があるので「ものは試し」と持ち込んでみました。

今回使った履物全般修理屋さんは JL.Wuluwatu の Mutiara Market というスーパーマーケットのとなりにあります。

地図画像

お店の正面には「履物全般修理屋さん」を示す大きな看板が日除けシートのようにかけられてます。

CIMG3466

インドネシアではここの看板のように「SOL SEPATU & SANDAL」と書いてあるお店や、単に「SOL」と書いてある小さなお店などはよく見かけますし、バイクや自転車に乗った「履物ほとんど修理屋さん」や、天秤棒に道具や材料をぶら下げて歩いて商売をしている人なんかも結構見かけるんですよね。

さて、修理の依頼から2時間後に出来上がったサンダルがこちら。

CIMG3467

ボロボロだったサンダルの底が見事に復活しています!

よ〜く見るとソールの縁の部分に滑らかさが無い部分もありますが、実用上は全然問題ありません。

それに、写真では見えませんが鼻緒の接続部分(両サイドと親指と人差し指ではさむところ)も糸で縫って補強してくれてました。

こんな補強は頼んだわけでは無いんですが、親父さんはサラッと「ここも補強しといたからね」と笑顔でサンダルを渡してくれました。

かゆいところに手が届く、まさに職人ならではの仕事です。(^^)v

さてさて、ここまで立派に再生してもらったサンダル修理のお値段は Rp.10,000.(90円くらい)でした。

これで再生サンダルの寿命が1年くらい伸びたでしょう。

日本にいたらサンダルの修理なんて絶対考えずに即買い替えなんでしょうが、日本で履いてたボロサンダルをスーツケースのすみっこに入れてバリ島に遊びに来て、修理したサンダルで日本へ帰るというのもエコなんじゃないですかねぇ。

でも日本だと職人さんの人件費を払ってサンダルの底のゴムを張り替え(または張り増し?)してもらったら、いったいいくらかかるんだろう?

きっと新品価格の10倍くらいは平気でとられちゃいそうですね。

posted by たかお at 07:41 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(6) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
モノを大事にすることが当たり前みたいで良いですねぇ!

Posted by もりも at 2012年06月17日 12:15
もりもさん、こんにちは。
ほんとだよねぇ。
インドネシアの友人に「日本では修理代が高いから大概のものは壊れるたら買い替えるんだ。それに壊れたものを捨てるのにもお金を払うんだよ。」と言ったら「インドネシアは修理が当たり前だし、壊れたものでも売れるぜ!日本でゴミ屋やろうかな。」と真顔で言ってました。(^_^;
日本の良き伝統「MOTTAINAI」は既に伝説になりつつあるのかな?
Posted by たかお at 2012年06月17日 19:56
ものを大事にするっと言えばしますね。
(日本で)6年乗った自転車の調子が悪くて、自転車屋さんで見てもらったら、車輪の軸の部分?が割れてるっぽいので、修理代に1万円近くかかるかも〜といわれたので、新しいの買おう!って私が言ったら、旦那ちゃんはもったいないから修理しようって言い張ってましたもん。(結局新しいの買いましたけどね)
で、その壊れた自転車を捨てるのにお金がかかるのにもびっくりしてましたね。

でも食べ物は残しまくるし、電気もつけっぱなしだし、水も流しっぱなしなんですけどねー^^;
Posted by かおりん at 2012年06月18日 12:47
かおりんさん、こんにちは。
考え方の優先順位が「まずは修理」なのか「新品が安けりゃ買い替え」なのか、の差ですかねぇ。
こちらでは修理費が本当に申し訳ないほど安いので、私たちの頭もすでに「基本は修理」が染みついてきてると思いますよ。
でも、修理優先=エコ感覚あり!では無いんですね。(^_^;
Posted by たかお at 2012年06月18日 19:31
旦那ちゃんに聞いてみました。
「ご飯は誰かのうちに行けばタダで食べれるから残してももったいないとは思わないし、水はタダだから出しっぱなしでももったいないとは思わない。」のだそうです。
サンダルとかはお金払って手に入れているので、捨てるのはもったいないって思うそうです。
身銭を切ったものは大事にするってことみたいですね〜
そういえば、人からもらったものは大切にしないかも〜!
Posted by かおりん at 2012年06月19日 12:46
かおりんさん、こんにちは。
「ご飯は・・・」ってところは、いかにもインドネシアという感じですね。
冬を耐え過ごす必要がある日本人は、今無駄にする食べ物が後で自分の首を絞めるかも?と思うんでしょうか。
インドネシアなら、いつでも稲を育てられるし、周りにも食べられるものがたくさんなってる木があったりするから「もったいない」感覚が薄いんでしょうかねぇ。
子供の頃に茶碗にご飯粒が残っているだけで怒られたお祖母ちゃんをインドネシアに連れてこなくて良かったかも。(^_^;
Posted by たかお at 2012年06月20日 07:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56506453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :