bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2012年04月24日

デンパサールの眼医者さんに行って来ました

ここ数日、目がショボショボ、ゴロゴロしてたんで今日デンパサールにある Rumah Sakit Indera という眼科専門の病院に行って来ました。

3日ほど前には近所の薬屋さんで目薬(ロート製薬のライセンス生産もの)を Rp.10,000. で買ってみたんですが、どうも症状が良くならなかったんですよ。

CIMG2889

近所の人と話をしてて「この近くに良い眼医者さんは無い?」と聞いてみたところ、クドンガナン近辺には個人でやってるような眼医者は無く、近くの総合病院だと治療費が高いところばかりだから・・・と言うことで最終的に「デンパサールの眼科専門病院 Rumah Sakit Indera が良いよ!」ということになりました。

CIMG2868

眼科専門病院 Rumah Sakit Indera の場所はここです。(Jl. Angsoka No 8 Denpasar)

地図画像

病院はさすがに個人でやってる町医者とは違って立派できれいな建物で、病院前に駐車中のバイクも結構あったんで地元でも評判の良い病院なのかもしれません。

CIMG2869

受付で「初めてなんですけど・・・」と言うと「受付のフォーマットに記入して持ってきてね」と言われましたが、記入台にはボールペンが1本しか無かったんで先客が書き終わるまで待つ羽目に・・・

【教訓】病院に行くときは筆記用具持参で行きましょう!

受付票に氏名、誕生日、住所、宗教、緊急時連絡先などを書いて提出すると「77」番の番号札を渡してくれました。

ここの病院の診察時間は日曜祝日を除く毎日 7:30〜13:00 で、今日私が病院に着いたのが8:30頃ですから朝からずいぶんたくさんの人が治療に来てたんですね。

病院内は掃除が行き届いていて、ものすごくきれいでした。

CIMG2871

CIMG2872

小1時間ほど待ってると会計から「77番」の呼び出しがあって、まずは治療費の Rp.20,000. を支払って診察券をもらいました。

CIMG2873

インドネシアに来てから何度も医者にかかってますが、診察券をもらったのは初めてです。(^^)v

その後30分ほど待たされてから診察エリアへ入りましたが、結局ここでもまた30分ほど待たされちゃいました。

やっと「77番のたかおさ〜ん!」と呼んでくれたのは、とてもきれいで若い先生でした。o(^_^)o

診察室ではプロジェクターを使った視力検査(こんなの日本でもやったことが無い!)と、問診、そして懐中電灯で目を見てもらって「それではこの後専門医が診ますから、となりのブースで待っててくださいね」と言われました。

な〜んだ、美人先生に診てもらって終わるかと思ったのに〜・・・(>_<)

で、結局専門医に診てもらうまでも1時間近く待たされて、やっと専門医(と言われてる先生)の診察室へ入ると威圧感バリバリの「おば様先生」が数名の助手(取り巻き?)を従えて待ち構えてました。

この「おば様先生」の威圧感に圧倒されちゃったのか、「そこに座って!」「検査装置にアゴを乗せて!」「もっと近づいて!」「このペンを見て!」と矢継ぎ早に出される命令に「iya bu (はい)」「iya bu (はい)」を繰り返して診察は終了。

最後に「薬出しときましょうね」と言われても「病名は?」とか「原因は?」と尋ねる余裕もなく「iya bu, terima kashih.(はい、ありがとうございました)」と頭を下げて出てきちゃいました。(^_^;

処方箋をもらって、会計で薬代の Rp.68,000. を支払い、薬局で目薬を2種類(それぞれ5本入り)もらって、やっと終了となりました。

CIMG2885

薬をもらって病院を出るとすでに11時!日本の総合病院のような「3時間待ちの3分診療」でした。

それでも、市販の目薬では改善しなかった症状がずいぶんと軽くなってるんで病院に行った甲斐はありました!

しかも治療費は、診察代 Rp.20,000. と薬代 Rp.68,000. の合計 Rp.88,000.(800円くらい)ですから、健康保険の無いインドネシア生活でも十分安かったと思います。

近所の人たちは「総合病院に行くと簡単に百万ルピア(9000円くらい)取られちゃうからねぇ」と言ってたんで、「眼科も高度医療だからなぁ」などと考えて総合病院に行ってたら、きっと5倍〜10倍くらいの治療費がかかったかもしれません。

ご近所さんたちは私たちのことを「貧乏じゃ無いけど金持ちでも無い外国人」として、きちんと認識してくれてるようなので非常に助かってます。(^_^;

インドネシア バリ島での初眼科チャレンジは無事に終了したようです。(まだ完治はしてませんからね)

posted by たかお at 22:18 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
こんにちは!
今回も切実なバリ島生活情報をありがとうございます。
身体に起こるアクシデントは弱気になります。(ボクの場合)
まして、初めて行く病院となると日本でも ”あたふた” してしまいます。
初眼科チャレンジ!お疲れさまです、完治を祈っております。
Posted by FUJINO ISSHU at 2012年04月25日 12:20
FUJINO ISSHU さん、こんにちは。
毎日よく寝て、よく食べて、のんびりしてても、具合が悪くなる事があるのはやっぱり年齢のせいでしょうか?(^^ゞ
バリに住み始めたころはローカルのお医者さんへ行くのに若干の抵抗(不安)がありましたが、行ってみればきちんと回復するんで最近は積極的に(?)現地の医療機関に行くようにしてます。
心配するより体験してみないことには良し悪しの判断がつきませんからね〜。
これからも治療が必要な時には、ローカル医院に行くつもりですが、万一「手術が・・・」とか言われたらさすがに「考えさせて下さい!」と言って設備の整った病院に行くと思います。
そんなことにならないのが一番いいんですが、なるようにしかならないでしょうからね。(^_^;
Posted by たかお at 2012年04月26日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55484501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :