bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年09月13日

インドネシア品質 ネジ編

いまだに引越し後の後片付けやらコンセント工事やらをやってます。(^_^;

日本にいたら「明日から仕事なんだから意地でも今日中に終わらせねば!」などと言いながらガツガツと作業をするんでしょうが、今は「まぁ今日はこのへんで・・・」ってな感じでのんびりとしたもんです。


さてさて、去年はこのブログでインドネシアで購入した材木の品質について書いたんですが、今日はインドネシアで買ったネジの品質を紹介してみます。

まずは「ちょっとズレてない?」というネジです。

SANY0424

一応ネジの中心にマイナスの凹みがあるんで、一応(かろうじて?)ネジとしての機能は果たしてくれます。

が、ネジを締めてる時に上から見てると実に気持ちが悪いです。

本当にまっすぐ入ってるのか?と。

こんなネジが1箱(たぶん50本くらい入り)に10%以上入ってるんで、かなりの確率で目にすることができると思います。

ちなみにこのネジは1箱 Rp.2000.(約20円)でした。


もう一つのネジは「これってネジ?」というネジです。

SANY0425

ネジの頭も綺麗に中心にあるし、マイナスの凹みもしっかりと切れててドライバーで回しやすそうなんですが、よく見るとネジが切れてません。(T_T)

こんなネジをつかんで脚立の上で作業なんてしてたら、ため息を通り越して涙が出そうになっちゃいます。

しかしインドネシア品質の名誉のために言っておくと、こんな不良品は1箱に2〜3本しかありません。(って多いじゃん)

このネジは一箱 Rp.3500.(約35円)でした。


日本でネジを100Kg買ってもこんなネジにお目にかかることは無いと思いますが、こんなネジがあるおかげでブログのネタとして書けるインドネシアはとても素敵な国だと思います。

posted by たかお at 19:42 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
「ネジの出来るまで」とか
「ネジの一生」

と言うテーマで池上さんにお話を聞いてみたくなりました(ToT)
Posted by よしあき at 2011年09月14日 10:02
よしあきさん、こんにちは。
「こんな製品でも出荷してしまうんだ〜」というガッカリした気持ちと、「こんな製品を普通に使っていろんな物が出来てるんだ!」というミョーな驚きとが半々な感じだねぇ。
どうせ池上さんの話を聞くなら「正しいネジの出来るまで」とか「不幸なネジの一生」と言うテーマの方がいいんじゃない?
30分番組が2本できそう!
Posted by たかお at 2011年09月15日 06:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47904982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :