bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年09月04日

改修工事は順調、順調 ♪

クドンガナンの新居改修工事は順調に進んでるようです。

昨日古いシンクを外して、ガシガシとコンクリを壊してた台所は既に新しいシンクが入ってました。

SANY0375

古いシンクより一回り大きくなって、奥さんお気に入りの大きな中華鍋がすっぽり入るようになりました。

水道の蛇口も替えたんで、ここだけ見ると新築のキッチンのようです。


トイレの取替も古いトイレは完全に撤去されていました。

SANY0373

床の嵩上げしてある部分を少し手前に足さないと新しい洋便器が乗らないので、ここはもうちょっと時間がかかりそうです。


追加でお願いした工事は台所が暗い(採光窓が2ヶ所しか無い)ので、台所の換気&明かり採り用の窓を撤去してもらい人が入れない程度の間隔で鉄の棒を付けてもらうことにしました。

もともとあった採光窓はこんなものです。

JP017763

これはガラスを上下に互い違いに入れて雨が吹き込まず、空気だけが通るようになっているインドネシアではよく見る窓です。

これだと汚れさえとれば明るさは確保できるんですが、換気できる空間がものすごく小さくなる(木枠の厚みしかとれない)んで台所の換気窓としては物足りません。

JP017762

これもよくある飾りブロックのようなもので、部屋の換気窓としてよく見られるものです。

みかけは悪くないんですが厚みが3cmほどあるうえに飾りがあるせいで採光量はイマイチです。

この2ヶ所の中途半端な窓部分を撤去してもらって、最大限の換気量と採光量にしてしまおうという魂胆です。

もちろんキッチンカウンター前に窓を作ることができればいいんですが、大工事になってしまうのと家の構造部分に手を入れるのを嫌がる職人さんが多いんで無理っぽいです。

この飾りブロックの撤去も人力でコツコツと周りを少しづつ壊して飾りブロックを再利用できるように外そうとしてくれてました。

SANY0374

お願いした時は「ブロックは全部ぶっ壊してもいいよ。ここを出てく時は新しいのを買って付けるから。」と言ったんですが、インドネシアの職人さんはそんなもったいない事はせず、使えるものは全部再利用する事を前提に考えてくれるんで手間のかかる作業になっちゃいました。

日本人(だけじゃ無いかな?)は「時は金なり」という意識が強いんで「時間がもったいないから壊しちまえ〜!」と安易に考えちゃうんですが、こんな考え方では今流行りのエコにはなりませんね。

こんな手間のかかる作業をしてるんで「予定通り3日で大丈夫?」と聞くと「大丈夫!終わらせるよ。」と力強い返事をしてくれました。

まぁこっちも日給で頼んでるわけじゃ無いんで早く終わらせないと次の仕事にかかれないから、きっと意地でもやってくれるでしょう。

改修工事も残り1日。アナン君とお兄ちゃん、がんばれ〜!

posted by たかお at 21:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47731699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :