bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年08月13日

ジンバランの貸家 その5

これもPak Putu さんの紹介物件です。

地図画像

バイパスからトラック1台が通れる程度の凸凹道(インドネシア的には普通)を500mほど入ったところにある新築未入居の貸家です。

外観はこんな感じ。

JP077047 JP077042

JP077043

正面から見て右側にあるカーポートの外観です。

JP077045

玄関を入ってすぐの客間は8畳ほどの広さでした。

JP077051 JP077036

これまで見てきた家と比べて窓を大きくとってあるんで、室内はとても明るかったですね。

客間の他には4.5畳ほどの個室が2部屋あります。

JP077034 JP077039

1部屋は柱が目立ってちょっと使いづらいかも?

台所(写真を撮り忘れました)はミニキッチン風で、ちょっと狭い印象でした。

Kamar Mandi(トイレ+シャワー室)はビジネスホテルのユニットバス程度の大きさなので、こちらではちょっと狭い感じがします。

JP077049

家の正面と右側には庭として使えるスペースがありました。

JP077040

敷地の2面が道路に面しているのと窓が大きいので、コンパクトな割には明るくて圧迫感はありません。

しかし、ここでも最近建てられた家によく見られる問題点が・・・

JP077037 JP077038

未入居期間が長かったのでしょうが、隣接してる家も無いのに内側の壁の下部がこんな状態になってるのは、外壁にあるクラック(パッと見でわかるほどのクラックはありませんでしたが)から雨水が染み込んでいるんでしょう。

まぁ暇に任せて外壁塗装を私が請け負ってもいいんですけど・・・(^^ゞ

この物件の家賃はRp.23,000,000./年(年間23万円弱)とのこと。

窓が大きくて明るいところ以外は、全体的にコンパクトすぎるし、庭も「とりあえず」のレベルだし、雨水の染み出しもあるしで、その場で細かいことも聞かずに「もうちょっと広いところが良かったんですけどねぇ。ハハハ・・・」と笑顔で大家さんと別れてきました。

多くの物件を見たわけでは無いですが、我々としては新築または新築に近い物件は対象から外すことにしました。

どうも日本のバブル期と同じように「作れば売れる」状態なんでしょう、どうしても手抜き建築、大急ぎ建築の印象を受けてしまいました。

これなら築年数は古くても何度か雨季を経験していて、問題があっても手に負える問題なのかどうかの判断が出来る物件を探した方がいいと思います。

もちろん、ちゃんと品質管理をしている住宅はあるんでしょうが、建築中から様子を見てないと信用出来ない様な気がしちゃいますね。

う〜ん、だんだん目が肥えてきたかな。(^^)v

posted by たかお at 19:48 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47352407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :