bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2018年01月20日

シンガポールでリタイアメントビザを取得

先日16日にシンガポールへ日帰りしてインドネシアのリタイアメントビザを取ってきました。

Jetstarでチャンギ国際空港へ着いたのは夜中の1時半。

入国審査を終えてからターミナル内で仮眠のできる場所を探してみましたが、ターミナル1の中はどこもタイル張りで野宿しづらい。

上階にある展望フロアのあたりが人も少なくて寝られるかと思いサロン(腰布)にくるまって寝てみましたが、エアコンが効いているうえに冷え切ったタイルの上なんで寒いったらありゃしない!

それでも3時間くらいウトウトと寝てはみたものの寒さに負けてターミナルを出ることに。

EP561883

地下鉄に乗ってオーチャード通りまでいったものの朝7時だというのに全然人がおらず、アジア圏という雰囲気は皆無でした。

EP561888

日本でも朝7時をすぎれば通勤する人たちを目にすることが出来るのに、シンガポールではコンビニも閑古鳥がなくような状態。

EP561892

朝焼けが見える頃までウロウロしてみましたが朝ごはんを食べられるような場所も無さそう(マクドナルドとかはあったけど)なんでチャイナタウンまで移動してみました。

EP561907

しかしチャイナタウンも朝8時だというのに閑散としていて「こりゃ朝ごはんはコンビニのおにぎりか?」と思い始めちゃいました。

EP561908

しばらくチャイナタウンをうろついて見つけたフードコートで豚肉入りちまき(SGD2.00=167円くらい)の朝食。

EP561921

食後に甘〜いコンデンスミルク入りコーヒー(SGD1.00=84円くらい)を飲んで身体と頭を目覚めさせました。

EP561926

10時を過ぎてシンガポールのエージェントさんにVISAの申請書類とパスポート、即日発給をしてもらう手数料 SGD 280(23,473円くらい)を渡して観光客モードになり、地下鉄でリトル・インディアへ行ってみました。

EP561952

ここは地名のとおりインド系の人たちがたくさんいるので、生活感があふれる雰囲気があります。

EP561956

アジアの先進国シンガポールの中でも下町の雰囲気があるのでブラブラと当てもなく歩いているだけでも楽しめます。

EP561998

お昼ごはんはシンガポールに来る前から楽しみにしていた本場のインドカレーを食べてみました。

EP562003

バナナの葉っぱの上に野菜カレーとご飯の基本セット(ベジタリアン用)が盛り付けられ、肉食のわたしはスパイシーチキンとタマゴを追加してもらいました。

最初はご飯のおかわりくらいは出来るだろうと思っていたけど、食べてるうちにお腹いっぱいになってきてしまって残念ながらカレーもご飯もおかわりが出来ませんでした。

それほど辛くない野菜カレーのルーとかなりスパイシーなチキンとタマゴのカレールーを混ぜて食べると辛さも私好みになって実に旨い!

これで SGD 8.00(670円くらい)ですから十分満足なランチを楽しめました。(^_^)v

EP562008

睡眠不足と普段の運動不足もあって食後は近所の公園のわきでお昼寝。

こんなところで2時間近く寝てたんですから、日本で同じようなことをやったらホームレスと間違われそうです。(^_^;

EP562014

昼寝を済ませて気分もスッキリしたところでオーチャード通りまで戻ってきて、これもシンガポール名物(?)の歩道で売ってる「ぶつ切りアイスクリーム」でデザートタイム。

EP562013

厚さ2cmくらいに切っただけのアイスクリームをウエハースに挟んだだけ(パンに挟むのもあり)のものですがなかなか食べごたえがあって美味しいですよ!

このアイスクリームは SGD 1.20(ちょうど100円くらい)でした。

20180116_passport

エージェントさんとは夕方4時の待ち合わせだったんですが、アイスを食べてやることも無いので待ち合わせ場所のヒルトンホテル前でタバコを吸っていると3時過ぎにエージェントさんが到着して無事にリタイアメントビザのシールが貼られたパスポートを受け取ることができました。

これでこの日のミッションは無事終了。

チャンギ空港へ戻る前にちょいとだけ街をブラブラしていたらこんなものを見つけました。

EP562006

路上の充電スタンドにつながれた電気自動車はカーシェアリング用として使われているようです。

前回のシンガポール日帰りの時には出国審査の自動化ゲートがたくさんあって感心したんですが、こんなものも道ばたで見かけるとシンガポールはますます日本より進んだ国になっているような気がしちゃいました。

EP562052

チャンギ空港の搭乗ゲートでも無人のゲートがあって、搭乗券のバーコードと顔認証で搭乗するようになってました。(出国審査自動化ゲートを使った人が対象)

なんでもかんでも自動化無人化がいいとは言いませんが、働き方やら人手不足が叫ばれてる日本こそどんどん自動化無人化をしてもいいんじゃないでしょうかね。

EP562037

そんな先進技術だらけのシンガポールでも、ちょいと路地へ入ると地元のおっちゃんたちがゲームに興じている姿を見ることもできるんですよね。

こんな風景を見かけると「やっぱアジアじゃん!」という感じを受けて意味もなく嬉しくなったりします。o(^o^)o

今回は野宿失敗による睡眠不足と歩き疲れでちょいとしんどい日帰りシンガポール旅でした。(>_<)

posted by たかお at 17:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(3) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
たかお様
リタイアメントVISA・KITAS取得お疲れ様でした
ブログを拝見して居て私も疲れました(笑)
取得まで一連読ませていただいて改めてインドネシア大変だなと思いました。

質問ですが
ワーキングKITASとリタイヤメントKITASの取得費用はかなり差があるのでしょうか?
私たちは一人当たり12Jutaくらいです


取得されたリタイヤメントKITASは E-KITASになっていないんでしょうか?

私たち夫婦はKITAS取得から5年たち、次回のことを考えて
1、KITAPを取得
2、KITASを再度1から取得
3、ソシアルVISAを取得
がありますが
1、はKITAS 5年分以上に高額になるのと5年先の事などどうなるか分からないのでボツ
2、はKITASの取得に必要なスポンサー代が高い、SKTT取得などに高額な賄賂が必要なのでボツ
なので
3、にしようと考えて居ます
半年毎の海外への出国時に1度は日本に一時帰国して日本でソシアルVISA取得し
もう1度は旅行がてらソシアルVISA取得を考えて居ます

マレーシアペナンだとシンガポールの半額くらいだそうです
旅費を除けばVISA費用ずいぶん安くなり、面倒な書類や手続きも簡単になり
気持ちも楽になります。
Posted by ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 at 2018年01月21日 11:34
ξ^.^ξマーメイド。&【kai】さん、こんにちは。
ワーキングビザでのKITAS更新は11.3Jutaほど、今回のリタイアメントビザは9.5Jutaほどでした。(シンガポールでの即日発給費用は除く)
昨年からe-KITASになりましたから、今回のリタイアメントビザでのKITASもe-KITASになると思います。
シンガポールでVISA発給手続きをするのは即日発給してくれることだけがメリットですね。
ソシアルビザで複数回続けて入国すると入国審査官から「本当の入国目的は何?このビザで仕事してんじゃないの?」と疑われる(難癖とも言う)こともあるように聞いてますが、最近は状況が変わったんでしょうかね。
私たちはKITASの更新時期以外はいつでも出国出来ることもメリットなんでリタイアメントビザにしました。
この先少しでも外国人に優しいVISA発給制度ができてくれると嬉しいんですが、どうなることやら。(^_^;
Posted by たかお at 2018年01月21日 18:35
たかおさん
返信ありがとうございます
私たちもVISAそのものの金額は9Jutaくらいですが
田舎なのでSKTT取得が必要でつまり賄賂が必要で一人12Jutaになってしまいますので
ソシアルにしようかと考えて居ます
もう1回更新可能のようですねでよく考えてみます
ソシアルは出国すると無効になりますが4年間緊急のこともなかったので
のんびり構えて居ます。
Posted by ξ^.^ξマーメイド。&【kai】 at 2018年01月23日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182192955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :