bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年11月30日

結局はエアアジアのオフィスでフライト変更

デンパサール国際空港(Denpasar Ngurah Rai International Airport)が昨日夕方から再開されて、今日は普段通り離着陸が行われています。

flightradar2

これはジャカルタ発デンパサール行きの飛行ルートですが、いつもならバリ島の北部海上を通過してアグン山の東側海上で右旋回してから着陸するんですが、アグン山の噴煙が東へ流れている今はバリ島の真ん中を突っ切ってヌサ・ペニダ島上空で右旋回してるようですね。

今朝の我が家周辺は未明から雨が降っていて、キャンセルになったチケットの変更をどうしようかなぁ〜と思いつつ家事を済ませると9時前には雨が止んだのでバイクで空港国内線ターミナル内にあるエアアジアのオフィスへと向かいました。

昨日11月29日のフライトがキャンセルになってすぐエアアジアのカスタマーサポートサイトからTwitterのダイレクトメッセージを送り、数時間経っても返事が無いので今度はエアアジアのeFormからも変更の申請をしていました。

でも結局今朝になっても返事が無いんでオフィスへ向かうことにしました。

所詮LCCの対応ですから、この程度でイライラしてはいけません。(^^ゞ

EP300684

国内線ターミナル内にあるエアアジアのオフイス(というかカウンター)前には30人くらいの列ができていました。(私の手続きが終わって振り返ると列の長さは倍くらいに!)

エアアジアのオフイスはクタの Sun Boutique Hotel 内にもあるんですが、あっちはたぶん周辺に滞在している多くの旅行者で大混雑だろうと予想、国際線ターミナル2階にもたぶん臨時のカウンターが設置されていたんでしょうが、そこには空港内に留まっている「意地でも早く帰りたいんじゃ〜!」という人たちばかりだろうし、そうなれば1人1人の対応時間がいやでも長くなるので国内線ターミナル内のオフイスをチョイスした次第です。

それでも待つこと1時間ちょい、やっとカウンターにたどりつき12月4日の便(12月3日までは全便満席)への変更をしてもらいました。(^_^)v

boarding pass

カウンターのお兄ちゃんは当初「このフライトだと最低乗り継ぎ時間を満たして無いんで発券できないよ!」と言ってたんですが、Own Riskは百も承知!空港に着いたら走るから大丈夫!と笑顔で言って発券してもらいました。

こっちの事情を理解してくれたお兄ちゃんは笑顔で「OK!」と言うと、30列目だったシンガポール行きの座席を社内の上席者に電話して前方の座席を押さえてくれました。

LCCの対応は杓子定規な塩対応が普通ではありますが、たまにはこんな親切な対応をしてくれることもあります。(^_^)v

優しいお兄ちゃんのおかげで12月4日にシンガポールへの弾丸フライトができるようになりました。

あとは再び空港閉鎖にならないことを祈るばかりですね。

あっ!空港内を走るためランニングのトレーニングをしとかないとダメかな?(^^ゞ

 

posted by たかお at 14:06 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :