bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年03月31日

ニュピ翌日の泥祭り?

大家さんの奥さんからニュピ明けの29日「夕方に泥のウパチャラがあるから見ておいで!おもしろいけど泥だらけにならないようにね!」と教えられたんで行ってみました。

OM295440

近くにあるマングローブ林に行ってみると老若男女がぞろぞろと海からあがってきました。

OM295459

見事なまでの全身泥だらけ!

OM295476

みんな楽しそうではありますが、泥からは数メートル離れた場所でもはっきりわかるようなドブのような臭い匂いがプンプンと・・・

バリ島ではときどき環境保護団体や行政が主催する「マングローブを守ろう!」みたいな環境保護イベントがありますが、どれもその場限りのものでイベントがあるときだけマングローブ林にあるゴミを拾ったりマングローブの植林をしてみたりしています。

インドネシアではまだまだ衣食住の心配がある人たちが多いことも事実なので、環境問題や環境保護活動などというものはまだ二の次って感じです。

そんな場所でもこのような祭祀が行われているので、もうちょっと(?)時間が経つと環境問題を本気で考えるようになるのかもしれません。

OM295482

毎年ニュピ明けに行われているというこの泥祭りはクドンガナンに住んで6年目にして初めて知りました。(^_^;

この後泥だらけになった人たちは海に向かって閉鎖されたバイパスをのんびりと練り歩き、見物してる人たちに泥をなすりつけながら進んでいきます。

最後はビーチでみんな海に入って泥を落とすそうなんですが、さすがにそこまで追っかけていく気が無かったので行進の途中で家に帰ってきました。

この泥祭りは何のため?といろいろ聞いてみましたが、伝統的な神事だということしかわかりませんでした。(^^ゞ

これだけたくさんの人たちが集まって行うウパチャラだから「神様のため!」という目的だけで十分なんでしょう。(と勝手に納得する)

posted by たかお at 07:17 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
面白い!

>この泥祭りは何のため?
本当に何のため?その起源は?
Posted by ニバン at 2017年04月01日 15:05
ニバンさん、こんにちは。
近所の人たちに聞いても「昔からある伝統的な神事」としか答えてくれないので起源も目的も全然わかりませんでした。
でも私が浅草の三社祭りを見てるときに「これはいつから始まって何のためにやってるんですか?」と外国人に問われても同じような答えしか出来ませんから。(^^ゞ
バリ島の歴史や文化をきちんと勉強すればわかるのかもしれませんが「わ〜い!祭りだ、祭りだ〜!」でもいいような気がします。(^_^;
Posted by たかお at 2017年04月02日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179260151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :