bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2015年10月31日

日本滞在最後の夜は下町のステーキ屋ビリー・ザ・キッドで!

滞在中の1週間で「そりゃ食い過ぎでしょ〜!」というくらい日本の食事を堪能したんですが、最終日の晩餐は家族総出(と言ってもわずか3人)でステーキ屋さんのビリー・ザ・キッド墨田本店(東武亀戸線小村井駅そば)へ行ってたらふく肉を食ってきました。(^_^)v

CIMG0030

注文したのは高校生時代から食べ慣れている400gのステーキ、テキサス・ステーキ 税抜き2,890円(Rp.326,500.くらい)です。

「どうでぃっ!」っていう存在感アリアリのステーキでございましょ!w(^o^)w

CIMG0028

昔はこの400gのテキサス・ステーキとご飯大盛りが定番だったんですが、さすがに現在はご飯なしで食べきるのが精一杯です。(^^ゞ

しかしダイエットで1Kg減らすのは結構大変なのに、1Kg増やすのは実に簡単ですねぇ。

今回最終日の晩餐にステーキを選んだのは食が細くなった83歳の父親にたっぷりと動物性蛋白質を取ってもらうことが狙いでした。

弟曰く「最近老人の栄養不足って話題が結構出てるんだよねぇ。」とのこと。

たしかに食うに困った時代を生き抜いてきた父親ですから、朝は納豆と白菜の漬物、夜はメンチカツとキャベツの千切りを食っておけばタンパク質からビタミンまであらゆる栄養素全部を取れると思ってますからねぇ。(^_^;

親子3人で一つのテーブルを囲んで食事をすれば、父親も普段の食の細さもなんのそのって感じでそこそこ食べてくれますから、これも一つの親孝行でしょう。(支払いは息子孝行をしたい父親の財布!)

もちろん父親は400gのステーキを食べられる訳はなく、焼肉風に小さく切った牛肉が並ぶインディアン・セット(それでも225g)をご飯無しで注文させました。

CIMG0031

たっぷりのお肉を食べながら生ビールとチューハイを飲んだ父親は「オレもまだまだ食えるなぁ〜!」と嬉しそうでした。

私と弟は普段なかなか食えない大きなステーキを父親のおごりで食べたんですから、こちらも嬉しいに決まっています。
(^_^)v

CIMG0032

バリ島に戻ればテンペとタフと野菜という安い食材中心の食生活になるので、私自身も半年分の動物性蛋白質を摂取させていただきました。

これで父親が少しでも元気を出して「ど〜れ、パスポートが使えるうちにもう一度バリ島へ行ってみっか!」と言ってくれるといいんですが。\(^o^)/

その時はぜひとも新しいお母さんと一緒に来て欲しいなぁ〜と、しみじみ思う長男(わたしです)でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166836035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :