bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2019年11月03日

日本でアルバイト始めました!

ここのところ日本滞在中の生活の中にも少し時間の余裕ができたので、ちょいとアルバイトを始めてみました。(^_^)v

とは言っても1回の滞在期間は3週間〜1ヶ月半程度なんで、飛び飛びの短期という変則的な勤務のバイトが出来るところを探してみたところ当然のように「短期ではチョット・・・」と断られ続けてました。(T_T)

そりゃそ〜だよな〜、と思いながらも電話をかけ続けてみると「じゃぁ一度会ってみましょう。」というところがあったんで、普段着のTシャツ+短パン+ビーサン(すでに日本ではチョット寒い)からポロシャツ+チノパン+ウォーキングシューズという超正装(?)にして面接に行ってみました。

面接官の社長といろいろと話しをしたり聞いたりさせてもらったところ「じゃあ明日拠点に行って座学受けてね!」とあっさりと採用となりました。\(^o^)/

始めたアルバイトは自動車を自分で運転して運ぶ「自走陸送」というもの。

P_20191031_135914

この仕事の内容は業者間で取引された車の搬送や会社の拠点間移動、イベント用の車の搬送搬出から個人の引っ越しに伴う移動などなど単に「車の移動」といっても今まで知らなかった様々な仕事があることを知りました。

OM177845

港に陸揚げされた車を動かす時なんかは、普段入ることが出来ない埠頭の中まで入って担当する車を探し回ったり、夜の埠頭へ車を納めてから真っ暗な道を30分も歩いて直近の駅や停留所まで歩くこともあります。(こんなトラックは運転できないけど)

P_20191022_120431

車種も様々でボロボロのワンボックスから運転はおろか触ったことも半径10m以内に近寄ったことも無いような高級外車を運転することもあります。(こんなフェラーリなんて怖くて運転できないけど)

いまのところはまだ見習いの身分ですが、それでも(私にとっては)とんでもない値段のBMW M5を運転して地下駐車場の狭いスペースへの車庫入れまでさせてもらったりと、なかなかドキドキする経験なんぞもさせてもらいました。o(^o^)o

ただし右ハンドルの外車でもウインカーとワイパーの位置が日本車と逆になっているので、右左折のたんびにワイパーが動いていたことは秘密です。(^O^)

人様の自動車を運転する仕事なんで当然のごとく気は抜けず緊張感の連続ではありますが、仕事場の周囲の環境も含めて楽しい仕事にありつけたと思ってます。(^_^)v

これからも日本滞在中はこのアルバイトで少し稼がせてもらって、日本との往復に使う飛行機をエア・アジアや安い経由便からガルーダの直行便にできたらいいな〜!

しかし10年以上の空白期間があってもなんとか日本で働く能力(?)が残っていた自分を褒めてあげたいです。(^^ゞ

posted by たかお at 10:16 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

日本の冷凍食品はうまいなぁ!

日本に来てからの楽しみの一つにここ数年でめちゃめちゃ美味しくなった冷凍食品を食べることがあります。

冷凍のチャーハンやパスタはどれを食べても美味しかったんですが、汁もの麺類(ラーメンやそば)ではいまひとつ「旨いっ!」ってものにあたらず諦めかけていました。

しかし今夜の夕食に試してみた「日清のどん兵衛 鴨南蛮そば」は美味かったっす!

image

近所のスーパーで一つ210円(Rp.26,700.くらい)で買ったものです。

レンジに入れてわずか5分で出来上がった鴨南蛮そば。

IMG_20191110_182729

焼いて甘くなったネギも入ってるし、鴨肉も柔らかくて臭みもなく美味しかったですよ。

肌寒くなってきた日本の夕食にピッタリ!って感じです。

冷凍食品がここまで普及してるのは停電の心配が無い日本ならではなんだろうなぁ。

いつかこんな美味しい日本製冷凍食品がインドネシアで食べられる日が来るのか?

過剰な期待をせずに待ってましょう。

2019年11月16日

日本からバリへと帰ってきたものの・・・熱が(>_<)

日に日に寒くなってきていた日本を離れ、雨季が近づく雰囲気を醸し出し始めているバリ島へと戻ってまいりました。

14日は天候の影響などもなくフィリピン航空はオンタイムでマニラを経由してバリ島ングラ・ライ国際空港へと無事に着陸してくれたんですが、乾燥した薄ら寒い機内に居続けたせいか帰国直前から風邪っぽい体調がどんどんと悪くなっていったようです。(T_T)

15日の朝は目は覚めてもベッドから起き上がれず、日本で「万が一のために」と買ってきた風邪薬を飲んでみましたが、薬の効果は数時間と持たず夕方には体温も38.5度まで上昇!(@_@)

「こりゃヤバい!」と、2012年に初めて行った看板も無い町医者のもとへとバイクで向かいました。

自分でバイクを運転して行けるくらいならまだ深刻な状態じゃ無いよなぁ〜とか思いながら診察室へ。

これまでの経緯と症状をドクターに伝えるといつものように血圧を測り、豆電球の懐中電灯で喉の奥を眺め、関節などを数カ所触ってくれて診察は終了。

「注射は大丈夫?」と聞くドクターに「大丈夫です!」と答えると、お尻に注射を1本打ってくれました。

IMG_20191116_130829

そして4種類の薬を処方してくれて治療費はわずか Rp.100,000.(775円くらい)でした。

個人的に信頼しているドクターだからでしょう、お尻の注射と薬が効いたようで寝汗まみれで起きた今朝の状態はすでに80%程度まで回復。

その後もベッドに向かうこと無く今日一日普段どおりに過ごせました。(^_^)v

しかしインドネシアで飲む薬は全般的に大きいんですよねぇ!

IMG_20191116_131415

薬の包装に書いてある文字と比較するとだいたいの大きさが想像できると思いますが、薬を飲むことに全然抵抗の無い私ですら普段より大量の水と共に「せ〜のっ!」って感じで飲む必要があるほどの大きさです。

でもドクターが処方してくれた薬は効果てきめん(と思い込んでるから余計に効く)なので文句はありません。

今回の体調不良の原因は日本で秋から冬への環境変化についていけなかった面もあるんでしょうが、ホントのところはバイトとは言え時間に厳しい日本で仕事をし、規則正しい生活を余儀なくされた(?)ことが最大の原因ではないかと分析しています。(^^ゞ

なので早く以前同様のグータラ生活に戻ってリハビリに励もうと誓ったのでありました。o(^o^)o

posted by たかお at 21:33 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月26日

久しぶりにウルワツ寺院のケチャックダンスを見てきました

日本からお友だちつながりのサーファーが遊びに来てくれたのでウルワツ寺院のケチャックダンスを見に行ってきました。

PM252632

私自身久しぶりの観光だったんですが、ローシーズンにもかかわらずウルワツ寺院は結構な混雑ぶり。

ケチャックダンスの会場も余裕を持って開演40分前に入ったにもかかわらず、ほぼ満席という状態でした。

PM252497

これまではローシーズンなら30分前に会場へ入れば座る席もかなり自由に選べたのに、団体客がけっこう入っていたらしくかなり混雑していました。

PM252509

それでもなんとか寺院とインド洋が見渡せる高い位置の席を確保して、久しぶりのケチャックダンス鑑賞を楽しみました。

PM252576

例年ならとっくに雨季入りしている時期なんですが、今年は11月に入って雨は一度しか降っていないそうで、昨日も終演まで雨に振られずに済みました。

PM252596

PM252613

ケチャックダンスはレゴンダンスやバロンダンスとはひと味違った男性的な迫力があるパフォーマンスが楽しめます。

PM252650

ケチャックダンスはウルワツ寺院で行われるパフォーマンス(午後6時開演〜午後7時終演)で、寺院の入場料 Rp.50,000. とケチャックダンス観覧チケット Rp.100,000.の合計 Rp.150,000.(1,170円くらい)で楽しめます。

PM252668

年末年始や8月のハイシーズンだと当日売りのチケットを手に入れるのも難しくなるほど混雑しますが、ローシーズンなら午後5時ころまでに寺院に入れば(たぶん)大丈夫でしょう。

たまにはベタな観光も楽しんでみてくださいね。(^_^)/

 

posted by たかお at 14:01 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :