bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年04月02日

バイクで売りに来るトウモロコシ

いつも夕方にバイクで”あっ!”と言う間に我が家の前を通り過ぎるトウモロコシ屋さん。(^_^;

昨日はたまたま私が家の前を掃除していたタイミングで通ったんで呼び止めて買ってみました。

DSCF6417

晩ごはんがわりに!とまだ温かい3本のトウモロコシをお買上げ。

お値段は1本 Rp.4,000.(34円くらい)でした。

茹でる前のトウモロコシはスーパーなどで1本 Rp.2,500. 程度で買えますが、茹でてもらった手間賃と家の前で買える利便性を考えれば妥当のお値段じゃないでしょうか。

味は日本で売られている甘〜いトウモロコシに比べればまだまだって感じかもしれませんが、つい10年前までは甘みの「あ」の字も無い完全穀物味のトウモロコシしか無かったことを知っている人間からすると十分に甘みのある美味しいトウモロコシです。(^_^)v

大昔の品種、ハニーバンタムよりちょっとだけ甘みが足りないという感じでしょうか。(^_^;

それでも塩水で皮ごと茹でたローカルなトウモロコシは、しっかりと粒も揃っていてほんのりとした塩味にまぁまぁの甘みがあるんで美味しくいただけます。

しかし晩ごはん1食分にトウモロコシ3本はちょっと多かったかな?(^^ゞ

2017年04月05日

Slamat Hari raya Galungan !(ガルンガン)

本日はバリ島の大きな祭礼日、ガルンガンでした。

OM055990

我が家にも立派なペンジョールを大家さんが立ててくれました。

OM056027

ガルンガンは日本のお盆のようなもので、ご先祖様たちがこのペンジョールを目指して降りてきてくれるんだそうです。

OM056029

我が家の前の通りもガルンガンの雰囲気が出ています。

OM056028

朝からみんな正装して家寺、親族寺、地域のお寺などなどいろんなところにお祈りに行ってきたようです。

近所の家族みんなが正装している姿などはこのガルンガンくらいしか無いので、地元密着型カメラマンの私は朝からお寺や近所の家々を回ってみんなの家族写真を撮っていました。

OM056056

親戚関係のごく一部が集まっただけでこんな集合写真になっちゃいます。

バリ島で核家族化なんて問題が出てくるのは100万年くらい先の話なんでしょうね。(^_^)v

 

posted by たかお at 19:00 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月07日

時計のバンドを交換

バイクに乗って信号待ちをしているときに突然「カシャン」という音とともに腕時計が道路に落下しました。

なんの前触れもなくバンドが切れて落ちたんですが、走っている最中じゃなくて良かった〜!

普段は日時計でも十分な生活(?)をしているんですが、たまには腕時計が必要な時もあるので早速近所のスーパーの外に店を構えてる時計屋さんへ直行することに。

DSCF6503

インドネシアではよく見かける路上で時計の修理・販売をしている小さなお店です。

DSCF6504

時計の電池交換や修理をチョチョイのチョイ!とやってくれるんですが、砂埃の舞う屋外でカパッと裏蓋を開けるので神経質な人(普通の人?)には向かないかな。(^^ゞ

DSCF6505

これが突然切れたゴム製のベルトです。

腕時計自体は3年前に日本で千数百円買ったものなんですが、月に2〜3回しか使わない割には早く壊れちゃったなぁという感じですが、ゴムの劣化なんでこんなもんなんでしょうか?

お店で同じような(と言ってもペラペラの薄っぺらい)ゴム製のバンドをチョイスして、お店のお兄ちゃんに「買い物してる間に交換しといてね!」とお願いしました。

DSCF6510

数分で買い物を終えると見事にバンドは交換されていて、バンド代+工賃の Rp.50,000.(417円くらい)を支払って腕時計は元通り左手首におさまりました。(^_^)v

これで普段は日時計の生活+たまには時計を見る生活が出来ます!

posted by たかお at 06:55 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

マルタバ(Martabak)には辛子しょうゆが合う!

インドネシア風お好み焼きと言ってる定番の屋台食マルタバ(Martabak)

屋台で買うと一緒に袋に入れてくれる生の青唐辛子をかじりながら食べたり、市販のサンバルをつけてたべたりしますが、辛子しょうゆで食べるとこれまた普段と違う味が楽しめます。

DSCF6497

屋台で買ってきた普通のマルタバ(Martabak)Rp.20,000.(168円くらい)にインドネシア国産しょうゆの Kecap Asin、日本から買い込んできたチューブからしを並べて晩ごはんの準備完了。(^^ゞ

DSCF6499

からしをたっぷり溶かしたしょうゆのお皿にマルタバ(Martabak)をチョイとつけて食べると外側のカリカリ感もあって揚げ餃子を食べてるような感じもしてきます。(ホントか?)(^_^;

ここにラー油を落としてもなかなかイケることが最後の2切れになったところで発見しました。

まぁオーソドックスな食べ方をしても美味しいものなんで、インドネシアしょうゆで和の雰囲気も楽しみながら一箱完食して無事に晩ごはんが終わりましたとさ。

めでたし、めでたし。(^_^)/

 

2017年04月11日

またもや右肩パンク!(>_<)

昨年の12月にパンクした右肩が昨夜からまた痛み始めました。(>_<)

今回も前回同様右腕が肘の高さまでしか上がらず、前後左右上下どの方向に動かしても激痛が走るというどうにもならない状態。

深夜から明け方にかけては寝返りの度に目を覚ますようになってしまい、仕方なく朝3時過ぎにベッドを抜け出してまずはアイシング。

ほんの少しだけ痛みが引いたところで弟が持ってきてくれた湿布を貼ってじ〜っとしてました。

DSCF6515

裏のコスに住むお母さんに毎朝お願いしている朝ごはんを左手にスプーンを持って普段の倍以上の時間をかけてなんとか済ませ、食後にこれまた弟が持ってきてくれた痛み止めと消炎の飲み薬を服用。

DSCF6520

薬を飲んだところですぐに症状が改善するわけも無いんですが、それでも「湿布も貼ったし薬も飲んだぞ!」という自己暗示に期待をしてジャムウ屋のお兄ちゃんの到着を待ってました。

いつもどおり朝9時過ぎに我が家の前を通ったお兄ちゃんに「また肩が痛くて上がらないんだよ〜(泣)」と泣きつくと、以前と同じ配合のジャムウを Rp.15,000.(126円くらい)で作ってもらい、その場で一気飲みしました。

今日は家事を一切放棄して寝ていたかったんですが、子どもたちはそんな事情を理解してくれるわけもなく代わる代わるご飯の催促にきてくれました。(T_T)

そんなこんなで痛みで顔をしかめつつ時々唸り声をあげながら短い昼寝で睡眠不足を解消していると、午後になって明らかに痛みが引いていきました。

今は痛みが今朝のピーク時の3割くらいまで落ちてきた感じで、こうしてキーボードも叩ける程度まで回復しました。

アイシング、湿布、飲み薬、ジャムウ、私自身の自己治癒能力、どれが一番効果があったのかは今となっては不明ですが、とりあえず痛みが引いただけでありがたいです。

まぁ個人的にはやっぱりジャムウが一番効いてるんじゃないのかな?(^_^)v

posted by たかお at 20:05 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :