bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2017年01月21日

結局スマホを買い換えることに・・・(>_<)

年末に息を吹き返したと思ったお古の iPhone4 なんですが、所詮サードパーティのバッテリーだったからでしょうか?

あっという間に待受状態のままでも丸1日持たなくなっちゃいました。(>_<)

そんな訳で新しいスマホを買いにデンパサールの携帯街まで行ってきました。

買ってきたのは EVERCOSS の JUMP T3 というスマホで、値段は Rp.535,000.(4,610円くらい)でした。

DSCF6172

Evercoss Jump T3 | Let's Connect! | Smartphone For Everyone

SIM Dual SIM – Dual Standby GSM/3G/HSDPA

DISPLAY

4.0 Inch 800 x 480 Pixels 16M colors

OS Android OS v6.0 Marshmallow
CPU Quad-core 1.2 GHz Cortex-A7
WLAN Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth v4.0
Internal memory 4 GB, 512 MB RAM
Card slot microSD up to 32 GB
USB microUSB v2.0, USB OTG support
CAMERA Front & Back : 5 MP, LED Flash, Fixed Focus
BATTERY Removable, Li-Ion 1550 mAh battery
Body 125.4 x 65 x 11.3 mm 113.8 g

買ってきたスマホは中国製のいわゆる SIMフリースマホなんですが、言語設定画面の言語がインドネシア語、英語、中国語の3種類しか入って無かったんで、ネットで Android v6.0 日本語化情報を参考にしてチマチマとやってみました。

Customize_JP

日本語が入っていない海外Android端末を「MoreLocale 2」で日本語化する方法 - enjoypclife.net

しかし、日本語化するために必要なファイルは2種類でなんと1.82GBもあって、ダウンロードするだけでもそこそこの時間がかかります。

そのうえ、インストール中にもコンポーネントファイルをいくつもダウンロード(たぶん200MBくらいかな)してくれるので、パソコンの準備をするだけで1時間近くかかっちゃいました。

我が家は Tekkom Indonesia の Indihome という容量無制限のネット環境なんで良かったものの、携帯会社のデータ容量制限があるタイプを使ってたらお金もかかるんで大変ですね。

パソコンへのインストールが済んでしまえばスマホを繋いで日本語化作業を開始。

何度かエラー画面が出つつもネットの情報を探してなんとか無事に終了しました。

日本語化と言ってもメニューや項目の半分以上は英語のままという状態ですが、それでも私が使うにはなんとかなるレベルです。

その後メールや連絡先などの設定といくつかのアプリをインストールしちゃって、新しいスマホは無事に使えるようになりました。(^_^)v

バッテリーも待ち受け状態なら丸々2日くらいは持ってくれてるんで、良しとしましょう。

せっかくデュアルSIMのスマホなんだから、今度日本へ行った時に格安データSIMでも入れて遊んでみようかな。o(^o^)o

 

posted by たかお at 13:48 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物

2017年01月23日

女子高校生たちとの楽しい時間!?

昨日の夕方、4人の女子高校生が我が家へ来て楽しい時間を過ごしました。o(^o^)o

とは言っても決して犯罪になるようなマネをしてる訳じゃありませんよ。(^_^;

ヌサドゥアとジンバランの中間あたりにある SMK NUSA DUA のツーリズム科2年生の4人が「インタビューをさせてくれませんか?」と我が家を訪ねてきたんです。

日本国民を代表するようなインタビューだと困るな〜(無い無い・・・)と思いつつ話を聞いてみると、学校から実践的な英語力をつけるため外国人に「英語で」インタビューをしてくるという課題が出されたそうです。

課題ですから質問の項目なども決まっているので事前に「インドネシア語」で質疑の内容をじっくりと打ち合わせをしました。

DSCF6183

打ち合わせが終わると2人が私に、2人が奥さんにインタビューをして、その様子をそれぞれのスマホでビデオ撮影していきました。

質問の内容は簡単なもんで、名前やニックネーム、バリ島ではどんなところへ行ってどこがお気に入りか、外国からのツーリストのために何をすべきか、など5分程度のものでしたが事前の打ち合わせの成果もあって4人分のインタビュー撮影は無事に終了しました。

日本の読み書き重視の英語教育の少しづつ変わってきてるようですが、この高校生たちみたいに「夏休み中に外国人と日本語以外で会話をして、その様子をビデオに撮って提出すること!」なんて宿題を出すのもいいんじゃないでしょうかね。

もちろん地方の高校とかだと難しいでしょうけど。

インタビューが終わってからいろいろ話をしたんですが、彼女たちが通う SMK NUSA DUA の2年生は18クラスもあって1学年で700人くらい生徒がいるそうです。(@_@;

少子化に困ってるどこぞの国の首相が聞いたらきっと「いいなぁ〜!」って言うでしょう。

DSCF6185

みんなでお茶しながらのんびりとお話をして、最後はお決まりの記念撮影でお開きとなりました。

なかなか経験できない楽しい時間を過ごさせてもらいました。(^_^)v

みんな、勉強がんばってね〜!o(^o^)o

 

posted by たかお at 19:51 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

スーパーにあった日清の「みく屋ラーメン」

デンパサール方面に用事があって出かけた際、途中で立ち寄ったスーパーで日清のラーメンをみつけました。

DSCF6176

日清みく屋ラーメンのジャージャー麺で、一袋 Rp.6,700.(58円くらい)でした。

袋の中身はこんな感じ。

DSCF6179

最近の日本のインスタント麺によくある太麺タイプで、ソースと調味オイルの他になんと乾燥ネギまで入ってます。

さすがラーメン大国(?)日本のインスタントラーメン!って感じですね。

ジャージャー麺のソースがちょいと濃いな〜って感じだったので、思い切って普通のスープラーメン風に作ってみました。

DSCF6181

残り物野菜を炒めたものと乾燥わかめとゆで卵を入れれば立派な日本風ラーメンに。

スープの味はちょいと甘めですが、スープスタイルにしても十分美味しいものでしたよ。(^_^)v

ローカルのインスタントラーメンが Rp.2,000.〜Rp.2,200.(17〜19円くらい)で買えちゃうので毎回日清のみく屋ラーメンをチョイスするわけには行きませんが、太麺が懐かしくなったりしたら買っちゃうかもしれません。

まぁ Rp.5,000.(43円くらい)でちょっと小さめの Nasi bungkus(おかずがチョコチョコっとのったご飯)が買えちゃうんですから、Rp.6,700.のインスタントラーメンが受け入れられるかは・・・難しそうですね。

でも手軽に日本の味が味わえることは嬉しいことなので、がんばって売り続けてもらいたいもんです。

 

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :