bannar-s.gif mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2015年12月28日

コーヒー風味のクレテック・タバコ Djarum Black Cappuccino

気まぐれでちょっと変わったタバコに手を出してみました。(^^ゞ

DSCF3943

大手メーカーの Djarum が作ってる Black Cappuccino  16本入り、近所のワルン(雑貨屋さん)では Rp.17,000.(150円くらい)で売られています。

DSCF3948

ニコチンは 1.6mg、タールは 25mgとインドネシアのタバコとしては比較的軽い数字です。

このタバコ、以前から気になっていて1回試してみたいな〜と思っていたんです。

DSCF3945

気になってたのはこれ!パッケージのコーヒーのイラストが可愛くないですか?b(^_^)d

この可愛いタバコの味はどんなもんだろ?とパッケージの封を切っただけでほんのりと甘い香りが漂ってきました。

1本抜いて火をつけると一気に甘いコーヒーの香りが漂いまくります。(^^ゞ

インドネシアで売ってる 3 in 1 のコーヒー(Kopi Bubuk=超細かく挽いた粉コーヒーと砂糖とクリームがパッケージ化されてるもの)の香りそのものです。

不思議な事にこの甘い香りはタバコ自体の味にはほとんど影響していなくて、吸った味は普通のクレテック・タバコでした。

もともと Djarum のタバコは全体的に美味しいんですが、この Djarum Black Cappuccino もクレテックの風味がしっかりとあってタバコとしての味は美味しいものでした。

コーヒーの香りが強すぎるので飲み屋どころか家の外で吸う気すらおきませんが、疲れた時なんかに1人でぼ〜っとこのタバコを吹かしてるのはメッチャいいかもしれません。

香りが強すぎると言っても私にとって嫌なものでは無く、個人的には好きなタバコの種類に入れられます。

ただし、この Djarum Black Cappuccino をポケットに入れて1日中吸っていたいとはさすがに思えません。(^^ゞ

普段吸うタバコの横に置いておいて1日に2〜3本ボケ〜っとしながらおやつ代わりに Djarum Black Cappuccino を吸うってのがいいような気がしますね。

いろいろと規制は増えてきたものの、まだまだスモーカー天国のインドネシアには(たぶん)とてつもない種類のタバコがあるんで、いろんなタバコをゆっくりと試してみたいもんです。

 

bannar-s.gif  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :