bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年12月25日

パパイヤ(日本食材スーパー)のチキンカツ丼を食べてみた

ちょっとお昼時にバタバタしてたんで、クタ方面に行ったついでに日本食材のスーパーマーケット「パパイヤ」で弁当を買って食べることにしました。

パパイヤの弁当・惣菜コーナーには唐揚げ弁当やおにぎり弁当、幕の内弁当などが3万〜5万ルピア弱くらいの値段で冷蔵ショーケースに並んでました。

その中で揚げ物好きの私がチョイスしたのはチキンカツ丼 Rp.32,000.(310円くらい)です。

DSCF1737

直径が17〜18cmくらいの使い捨てドンブリに入ったチキンカツ丼は、ややボリューム感に欠けますが晩ごはんまでのつなぎとしてなので良しとしましょう。

本気のお昼ごはん用なら、これにオニギリを1つくらい付け足したいところです。(^^ゞ

我が家に電子レンジは無いので「どうやって温めようかな〜?」と思ったんですが、バイクのフックにぶら下げて自宅まで帰ると冷蔵ショーケースから持ってきたチキンカツ丼はそれほど「冷や飯」という感じではなくなってましたよ。(^_^)v

さて、久しぶりの丼ものを食べてみた感想ですが・・・甘いっ!(^_^;

チキンカツを卵とじにする時に使ったツユが甘すぎたんでしょう、日本人の味覚をまだ持っている私にはホントに甘すぎる味でした。

なので、我が家に常備してある万能辛味調味料の BON CABE をふりかけて食べました。

たった1回だけ食べてみてパパイヤさんの弁当類全てを否定するつもりはありませんので、チャンスがあったら別の弁当を買って試してみます。

でも、3万ルピア以上も出して日本食風の弁当を食べるより、素直にワルンで1万〜1万5千ルピアくらいのナシ・ブンクス食べた方が良かったよなぁ〜、という気持ちは拭えません。(^^ゞ

 

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :