bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年12月23日

インドネシアの社会保険「BPJS」を使って病院へ行って来ました

来年1月中旬に更新となる私のインドネシア滞在許可の手続きをエージェントさんへお願いした時に、「今年からKITASホルダーに対してBPJSの社会保険加入が義務付けられたんですよ。」とのお話がありました。

BPJSの仕組みなどについては ↓ このあたりのサイトが参考になると思います。

インドネシアの新社会保障機関BPJS(Badan Penyelenggara Jaminan Sosial)について
- インドネシア進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

【BPJS特集】国民皆保険実施に課題も BPJS変更点や制度を解説
じゃかるた新聞 インドネシアの日刊邦字新聞

logo bpjs kesehatan

本家、BPJSのサイトはこちら。 ⇨ BPJS KESEHATAN (英語とインドネシア語のみ)

一応インドネシアで今年から始まった国民皆保険制度という壮大なものなんですが、どれほど使い勝手が良いのか?どこまで面倒みてくれるのか?ハッキリ言ってよくわかりません。(^^ゞ

VISAエージェントさんとの話で掛け金も3段階あると言われたんですが、これまでもあまりたいした病気をしてないんで最低掛け金のクラス3=月額 Rp.25,500.(240円ちょっとくらい)でお願いしてました。

さて、そんな健康に過剰な自身を持っている私が、ここ2〜3日熱は無いものの体のダルさが抜けない状態が続いてました。

普段なら JAMU(ジャムー インドネシアの伝統的な家庭薬)でも飲んで昼寝を決め込むんですが、せっかく掛け金を払って加入している社会保険 BPJS のカードがあるんだからと、試しに使ってみることにしました。

karut BPJS

まずは BPJS Kesehatan に加入した時に指定した一次対応の病院 Klinik Tiara Husada(JL.Tuban Kuta)へと向かいました。

DSCF1652

日本の病院を見慣れている人にとっては「おいおい、こんな病院で大丈夫か?」と思えるような古臭くて薄暗い病院でした。(^^ゞ

DSCF1651

インフォメーション・カウンターで BPJS カードを見せると診察室前の小さな机が BPJS 専用の受付カウンターとのこと。

受付カウンターで BPJS カードを提出し症状を簡単に説明すると「座って待っててね。」と女性看護師さん風のお姉さんに言われました。

20分ほどの待ち時間で診察室に呼ばれると女医さんがおり、ここでまた「熱は無いんですが、食欲が無くて体のダルさが取れないんです。」と申告しました。

女医さんは「ふ〜ん」ってな顔で血圧だけ測ると「今は季節の変わり目(乾季と雨季)だからね。薬を出すから飲んで様子を見ててね。」と処方箋をくれ、あっさり診察終了となりました。

DSCF1659

病院内にある調剤薬局でありがたく頂戴したのは単なるマルチビタミン剤。

これで良くなるなら苦労はしねぇ〜よ!と思いながらも、BPJSカードのおかげで診察代も薬代も無料だったので、まぁ良しとしましょう。

きっと病院側の事情を勝手に推測すれば、政府主導で始まった BPJS カードホルダーの治療には、日本で言う診療報酬のようなものの金額(後で病院に入る金額)が低いんでしょう。

だから診察もおざなり(に感じた)だし、処方する薬も最小限だったのかもしれません。

ほんとに高熱が出たり具合が悪くなった時は、我が家の近所にある評判の高い診療所へ行って 5万〜8万ルピア程度のお金をちゃんと払って診てもらうつもりです。(^_^)v

たった1回だけの検証では BPJSカードの効果を図ることは出来ませんし、本格的に動き出してから半年ほどしか経って無いので「使えねぇ〜!」と判断するのは早いのかもしれません。

また「そこそこ」体調が悪くなった時にでも使ってみようとは思ってます。(^_^;

posted by たかお at 22:00 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(6) | TrackBack(0) | 生活
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :