bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年12月16日

お隣のコス(アパート)の完成ウパチャラがありました。

隣家に住む現役警察官のお父つぁんのところで、家族総出で建築作業をやっていたコス(ワンルーム風の安アパート)が完成したとのことでウパチャラに呼ばれてきました。

OM160134

作り始めてから2年半くらいでしょうか、電気工事や塗装の一部は終わっていないのですが「建物」としての工事が終わったのでマンクー(僧侶)を呼んでのウパチャラです。

2階建てで上下それぞれ3部屋づつで、一部屋は3m×3mの居住部分と1.5m×1.5mほどのマンディ・ルーム(トイレと水浴びの場所)があるだけのシンプルな造りです。

この2階建ての建物は、2階の床部分だけは若い職人さんを数人入れて作っていましたが、それ以外はすべてお父つぁん夫妻と現在高校1年生のコマン君の3人で作り上げたものなんですよ!

きっと日本みたいに建築基準法は無いんでしょうねぇ。(^^ゞ

耐震のための構造計算やら行政による建築許可なんかも無いんだと思います。

それでも(私から見たら)日曜大工の延長線上のような素人工事で、よくもまぁこんな立派な2階建てのアパートが建てられるものだと感心します。

もちろん建物自体を見れば、コンクリの表面に凸凹が目立ったり、階段の段差が一定で無かったり、廊下の一部が斜めになってたり、タイルの継ぎ目がまっすぐじゃ無かったり、配管の水平垂直がとれて無かったり・・・いろいろと目につきますが、建築業とは無関係の家族3人が3年近くかけて作り上げたんですから立派なものです。

OM160149

今朝の9時頃から始まったウパチャラは決して盛大なものでは無く近所の人たちが10人近く集まる程度の質素なものでした。

OM160130

それでもウパチャラに用意された供物などはかなりのボリュームです。

OM160150

施主であり作業の親方でもあるお父つぁんも今日は普段見せないような真剣な顔でウパチャラに臨んでいました。

OM160248

1時間半ほどのウパチャラの最後には、施主一家=作業員一同がお祈りをして無事に終了です。

ウパチャラが終われば毎度の「振るまいご飯」をごちそうになって、帰るときには供物として用意されたフルーツなどのおすそ分けを頂いて帰ってきました。

家族の力を合わせて作った立派なコス(アパート)ですから、家賃の取りっぱぐれの無い店子がきちんと入って、建物や設備が壊れず末永くお父つぁん一家の家計を助けてあげてほしいと心から願わずにはいられません。

本来の仕事をサボりつつ陣頭指揮を取り続けたお父つぁん(というか親方)、手が荒れるのも構わずに暗くなるまでセメントをこねていたお母さん、人使いの荒い親方のもとで何度か過剰労働が原因と思われる体調不良に見舞われたコマン君、みんな本当に本当にお疲れ様でした。

そして無事完成、本当におめでとうございます!\(^o^)/

posted by たかお at 19:33 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月17日

本日はガルンガンなり

今日はバリ・ヒンドゥー教祭祀の中でもニュピと並んで重要な日、ガルンガン(Galungan)です。

DSCF1711

3日ほど前には大家さんが我が家の玄関にペンジョールを飾ってくれました。<(_ _)>

毎度のことながらこのペンジョールを見ると「あぁ〜バリだなぁ〜。」と思いますし、道の左右にペンジョールが並んだ景色は本当にバリ島らしい風景だと思います。

DSCF1713

大家さん一家をはじめご近所さんは朝からみんな正装して、家寺や親族寺でお参りをしていました。

せっかくご近所の家族がみんな揃って正装をする日ですから、私も朝から記念写真家になりきってご近所を廻ってきました。

OM170352

まずは大家さん一家。

今年中学生になった長男のアグス君は、ぐんぐんと背が伸びてお姉ちゃんのプトゥちゃんと同じくらいになってます。

OM170349

今年10月におじいちゃんが亡くなって日本で言う新盆を迎えた一家です。

ここでは新盆だからなのか、飾ったペンジョールもかなり豪華なものでした。

OM170373

そして隣家のお父つぁん一家。

建築作業中に着てたボロボロのジャージ姿の印象が強いお父つぁんですが、こうしてパリっと正装すると立派なバリ人になってます。(^_^;

DSCF1722

そしてこれまたいつものようにご近所さんから御供物のおすそ分けが食べきれないほど届きました。

しばらくは冷蔵庫の半分を果物が占めて、毎日フレッシュ・ジュースが飲めます。(^_^)v

普段はお母さんたちの元気な声が飛び交っている我が家周辺ですが、今は大きなお寺にお参りに行っているのか、親族の家を訪ねているのか、とても静かです。

そんな大きな行事とは無縁の日本人は、おとなしく昼寝でもしてましょう。o(^o^)o

 

posted by たかお at 13:34 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2014年12月18日

なんとガルーダ・インドネシア航空がランキングで5つ星を獲得!

私のイメージでは「オンボロさ」や「いい加減さ」が売りだったような航空会社だった(過去形ですよ!)ガルーダ・インドネシア航空が、スカイトラックス社エアライン・スター・ランキングで5つ星を獲得したそうです。(@_@)

ガルーダ・インドネシア航空 スカイトラックス社 2014年最高評価「5スター」を獲得|
プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

ガルーダ・インドネシア航空会社本社:ジャカルタ、インドネシア)は、2014年度の英国スカイトラックス社のエアライン・スター・ランキングで最高評価である「5スター」を獲得しました。
「5スター」は、最高品質のパフォーマンスを達成した航空会社にのみ与えられ、現在、
ガルーダ・インドネシア航空を含め7社となります。

Garuda Indonesia 5-Star Airline Rating | SKYTRAX

GA skytrax5star

ついでと言っては何ですが、ワールド・ベスト・キャビンスタッフ賞も受賞してたようです。

ガルーダ・インドネシア航空 スカイトラックス社「The World's Best Airline Cabin Staff」賞を受賞 :
ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空会社は2011年−2015年まで経営戦略「クオンタムリープ」を実施し、サービス向上に努めた結果、2012年の「The World’s Best Regional Airline」、2013年の「The World’s Best Economy Class」受賞に続き、2014 年 7 月 15日(火)にロンドン ファンボロー航空ショーで開催されたスカイトラックス社による「The World Airline Awards(ワールド・エアライン・アワード)」にて「The World's Best Airline Cabin Staff(ワールド・ベスト・キャビンスタッフ)」を受賞いたしました。

私が最後に乗ったガルーダ・インドネシアの国際線は、もちろん日本からバリ島に逃げてきた2009年10月のことですから既に5年も前の話です。

それ以降インドネシア国内線で何度か利用しただけですので、昔とくらべてどれほど機内サービスや設備が良くなって5つ星を獲得するまでになったのかは知る由もありません。

airplane-garuda_2

このスカイトラックス社エアライン・スター・ランキングで5つ星を獲得している航空会社って世界で6社(GAを除く)しか無かったってのに、そこへガルーダ・インドネシア航空が入れたってスゴイ事じゃないんですか!

だって、全日空やシンガポール航空と同じランクなんですよ!o(^o^)o

日本航空やニュージーランド航空やブリティッシュ・エアウェイズやルフトハンザドイツ航空なんかより上ってことですよ!(^_^)v

すごいなぁ〜!偉いなぁ〜!

いつかはインドネシア共和国のフラッグキャリアであるガルーダ・インドネシア航空で日本へ行けるようになりたいですね。

 

posted by たかお at 07:35 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物

2014年12月19日

ドラゴンフルーツの巨大な花が咲いてました

我が家の隣にある大家さんの親族寺で大きなドラゴンフルーツの花が咲きました。

DSCF1727

左下からニョッキリと出ているのは奥さんの手なので、だいたいの大きさは想像できるかと思います。

これまでフルーツとしてのドラゴンフルーツは見たことはありましたが、花を見たのは初めてでこんなに大きいとは思っても見ませんでした。

Dragon Fruits

インドネシアのパサール(市場)で売られてるドラゴンフルーツは赤紫色の果肉ばかりで、白い果肉のドラゴンフルーツは見たことがありません。

でもこのドラゴンフルーツって甘みも含めて味が弱いんですよね〜。

印象としては水分たっぷりのシャクシャク感があるフルーツだけど味が無いって感じです。

なのであまり自分で買って食べることはしないんですが、この大きな花から果実がなったらチョットだけ味見はしてみたいですね。
o(^o^)o

posted by たかお at 09:05 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月20日

2014年12月現在のインドネシアルピア定期預金金利

久しぶりに新聞(全国紙 KOMPAS)を買ったので、本日現在のインドネシア国内銀行でのルピア建て定期預金金利(すべて年利です)の一覧表を載せておきます。

bunga deposit

前回データは2014年9月18日現在の定期預金金利一覧表がありますので参考にしてください。

インドネシアでの生活(特に金利生活)を考えておられる方は、この金利を参考にシュミレーションしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

なお、利息からは20%の税金が源泉徴収されますので、手取り額の計算をするときは注意して下さいね。


【参考情報】

観光ビザで本人名義の定期預金・普通預金口座が開設できる銀行を紹介します: インドネシア居座り日記 2012年12月1日

観光ビザで開設できる定期預金の利息が上がります: インドネシア居座り日記 2014年3月27日

 

posted by たかお at 11:14 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :