bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2014年12月09日

2日続けて晴れたのでネコ砂(トイレ用)を補充してきました

11月の終わりから始まった雨季ですが、一昨日までほぼ毎日雨が降っていました。

昼間降る雨も何回かあったんですが、大半が深夜から明け方にかけて”ドォ〜ッ!”と降る日が多かったですね。

そんな雨季の中、昨日は1日中雨が降らず、今日も朝からいい天気で太陽がしっかりと見えてました。

DSCF1665

雨が続くとトイレ用の乾いた砂をビーチから取ってくることが出来ないんですが、これまでも雨季になると丸2日くらい晴天が続いたらビーチの様子を見に行って乾いた砂があれば取ってくるという事をしていました。

DSCF1666

前回の雨季までは 85L 入りのコンテナ1つに砂をためておいて乗り切れたんですが、今年は孫が6人も増えたのでコンテナを1つ増やして対応しようと準備して、雨季が始まるまでは満タン状態を維持しておきました。

DSCF1668

コンテナ1つには多分 150Kg くらいの砂が入るんですが、2週間近く砂を補充できないと片方のコンテナがほとんど空に近い状態になっちゃいました。

そんな訳で晴天の今日、奥さんとバイクでビーチまで3往復して乾いた砂を補充してきました。(^_^)v

砂を取る方法は中くらいのレジ袋を1人2枚持ってビーチへ行って、1袋に7〜8Kgの砂を手ですくって入れてから両手に下げてバイクまで運ぶという、非常に効率の悪い方法です。(^^ゞ

一応ビーチには「砂の採取禁止」の立て札が立っていて 10万円ほどの罰金額まで書いてあったりするんですよね〜。

もちろん主旨は「建築用途など大量に持って行っちゃダメよ!」ってことなんですが、たとえ「ネコ用に少々いただきます。」とはいってもあまり褒められた方法では無いので、目立たないように手で集めてレジ袋に入れて持ってきているというわけです。

もっとも「ダメじゃん!」って怒られたらウンチとオシッコ入りの砂を返そうとは思っていますが・・・ウソウソ(^_^;

DSCF1672

ビーチからバイクでこんな風に運んでくると、二人乗り+砂が30Kgくらいなんでバイクの加速も悪くなりますし、段差があるとバイクのお腹が擦れたりもします。(^^ゞ

今日の作業で、コンテナの砂もほぼ満タンになったのでしばらくは安心できるでしょう。

これからしばらくは、晴れ間が続いたらトイレ用の砂を補充するという作業をやり続けることになります。

posted by たかお at 20:50 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月11日

雨季の運転に備えてバイクのリアタイヤを交換

前回タイヤ交換をしたのは2012年7月でした。

それから2年半、相変わらず私の無茶で過酷な運転にも従順に応えてくれた愛車の後輪もずいぶんとヘタってきました。

雨季になったこともあり、いつウエット路面を爆走しなければならない場面に遭遇する可能性が大なので、雨の止み間を狙ってタイヤ交換をしてきました。

DSCF1674

馴染みのバイク修理屋さんでタイヤ交換をお願いし、早速作業開始。

タイヤ・ホイールを外したところで「リアのブレーキシューが限界だよ!」と言われました。

「じゃあ、それも交換してよ。」と言うとパーツが在庫切れとのこと。(>_<)

近所の店からでも探してくれば売上になるのに笑顔で「無いよ。」というのも商売気の薄いバリ人(?)らしい感覚でしょう。

そんな訳で今回はタイヤ交換だけにして、ブレーキ・シューの交換はどっか別のお店でやることにしました。

リアタイヤ交換のお値段は Rp.145,000.(1,430円くらい)で、2年半前より Rp.20,000.値上がりしていました。

これで雨が降ってもビクビクせずに走ることが出来るようになりましたが、ブレーキ・シューの交換も早めにしとかないといかんな〜。

posted by たかお at 19:14 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物

2014年12月12日

孫の Sekar(セカール)が5日ぶりに退院

実は12月8日の午後から孫の Sekar(セカール)が入院していました。

入院の前日あたりから食欲がちょっと落ちた感じがしていたのと、8日は兄妹で遊ぶものの少し遊んでは寝てしまったりして、元気が無さそうでした。

クタにある Bali Pet Care Center に連れて行ってチェックをしてもらうと、バイクでの移動のせいもあるんでしょうが体温が39度もありました。

ドクターは「少し落ち着かせてから再度チェックしましょう。夕方まで預かります。」とのこと。

午後には「簡易血液検査でウイルスが見つかったので血液検査の分析を外部に依頼しています。少し脱水症状も見られるので入院が必要ですね。」と電話が入りました。

それからは毎日午前と午後に病院に行って Sekar(セカール)の様子を見たり、ドクターから経過の説明を受けたりしていました。

DSCF1676

血液検査の結果には大きな問題は無く少し安心したんですが、食欲が戻らなかったり下痢が続いたりしていたそうで、昨日まではずっと点滴を受けていました。

私たちが見舞いに行くと鳴き声をあげてケージの中を歩きまわったり、手にじゃれついてきたりして回復してきたように見えたんですが、昨日の夕方まで下痢と軟便の繰り返しだったそうでドクターからの退院の許可が出ませんでした。

今朝もいつものように Sekar(セカール)を見舞いに行くとドクターから「昨夜から下痢は止まったので連れて帰ってもいいですよ。」との嬉しい話がありました。

「ただし、1週間の投薬が必要ですし、下痢が1日以上続いたり元気が無い様子が見られたらすぐに連れてきて下さい。」とも言われました。

DSCF1677

5日ぶりに Sekar(セカール)が我が家に帰ってくると、みんな心配していたのか?「んっ?誰だ、こいつ?」ってな感じなのか、Sekar(セカール)の周りに集まってきてくれました。

DSCF1680

さすがに愛ちゃん(お母さん)はすぐに自分の娘だと認識したらしく、しばらく Sekar(セカール)と一緒にいてくれました。

DSCF1682

Sekar(セカール)自身も久しぶりの我が家の様子を確認するように歩きまわっていましたが、お昼ごはんも以前のように食べてくれたので私たちもホッとしました。

ちなみに今回の治療費+4泊5日の入院費で Rp.2,520,000.(24,500円くらい)でした。

しばらくは食事やトイレの様子も含めて気をつけて見ていかないとなりませんが、とにかく無事に家に帰ってこられたのは良かったです。(^_^)v

2014年12月13日

YAMAHAのディーラーでバイクのドライブベルトを交換

先日バイクの後輪タイヤを交換したところですが、今度はドライブベルト付近から加速時に「キュルキュルッ・・・」ってな音が聞こえてきました。

このまま走ってて去年のようにベルトが突然切れちゃうと困るな〜、ということで修理に行ってきました。

近所のバイク屋さんに行こうかと思ったんですが、また「パーツの在庫が・・・」なんて事になるのも面倒なので、Nusa Dua にある YAMAHA のディーラーまで行ってきました。

DSCF1687

受付のカウンターで症状を説明してベルトの交換をお願いすると、5分ほど待たされただけで私のバイクの修理が始まりました。

さすがはディーラーのサービスマン、テキパキとパーツを持ってきて分解を初めてくれました。

しばらくするとサービスマンのお兄ちゃんがやってきて「問題はベルトだけじゃ無いよ」とのこと。

一緒にバイクの横まで行って話を聞くと、変速機部分のプーリーと周辺のパーツも減りが激しくて交換しないとならないらしい。

DSCF1689

そのまま修理しないで走る勇気は無いので「そしたら悪いところは全部交換してよ。」とお願いしました。

カウンターのお姉ちゃんとパーツ代などの確認をすると工賃まで含めて全部で126万ルピアもするとの見積が出ました。

しかし、こればっかりは仕方無いんで「OK、交換して。」と言うと、サービスのお兄ちゃんが「ちょっと、ちょっと。」と手招きをしてきました。

修理スペースの片隅でサービスのお兄ちゃんが話し始めたのは「変速機パーツが一番高いんだけど、サードパーティ部品(非純正品)なら安くあがるけどどうする?」とのお誘い。

インドネシアではメジャーなバイクや車のパーツ類はほとんどサードパーティ製のものが存在します。

もちろん純正品より値段が安くて非純正パーツメーカーは「品質は同等以上!」と謳っています。

まぁ同等以上は言い過ぎにしても個人的には「そこそこ同等」なものが出回っているように思います。

そこそこ同等で安いのであれば断る理由は無く「んじゃ、非純正品でやってよ。」と言うと「これは個人的な部品だから、この分は私に払ってね。」と。(^^ゞ

純正品使用が大原則のディーラーで、サービスのお兄ちゃんのちょっとした小銭稼ぎなんでしょう、カウンターのお姉ちゃんたちにも小声で口止め料として分け前を渡すような話を小声でしてました。

結局パーツの交換作業は1時間半ほどで、ディーラーへの支払いはギアオイルの交換も含めて Rp.185,000.(1,780円くらい)、お兄ちゃんへの直接払いは Rp.800,000.(7,700円くらい)で、合計 Rp.985,000.(9,480円くらい)と純正パーツ使用より Rp.275,000.(2,650円くらい)安くあげることができました。\(^o^)/

サービスのお兄ちゃんは最後に「また具合が悪くなったらここへ持ってきなよ。」と、ネギを背負ったカモに優しい言葉をかけるのも忘れてませんでしたよ。(^_^;

これで異音も消えて安心してバイクに乗ることが出来るようになったんですが、リア ブレーキ・シューの交換を頼むのを忘れてました。(>_<)

これはまたどこか近くのバイク修理屋さんにでも持って行って修理することにしましょう。

posted by たかお at 21:46 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | 乗り物

2014年12月15日

インドネシア到着ビザの無料化は1月8日からかな?(勝手な想像)

先月あたりからいろんなところで話題になってるインドネシア到着ビザの無料化(11月7日のブログ記事)ですが、なかなか「その後」の情報が出てきていませんでした。

で、今日ネットで見かけた情報から勝手に実施日を推測してみました。

ガルーダ・インドネシア航空、機内入国審査プログラムを終了 来年1月7日で : Traicy

ガルーダ・インドネシア航空は、機内で到着ビザの発給と入国審査が完了する「機内入国審査プログラム」を、来年1月7日をもって終了すると発表した。

機内入国審査プログラム(IOB)の終了について | ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空のGA881/GA883/GA885便で提供しております「機内入国審査プログラム(IOB)」ですが2015年1月7日(水)を持って終了いたします。
このプログラムは、インドネシア共和国の入国管理局の協力のもと実施してまいりましたが、近年のインドネシア入国者数増加や国内各空港の拡張整備及び、入国審査システム機器へのアップグレードへの対応、日本人観光客に対する同国の査証撤廃を見越した措置など、複合的な要因を考慮し、入国管理局により決定されたものです。

VOAl-USD35

ということは、2015年1月7日到着の人までは1人35ドルの到着ビザ(VOA)で入国して、翌日1月8日以降観光目的で入国する日本人は無料で30日間の滞在を許可してくれる・・・のかな?(^_^;

まぁこの国の行政サービスやら規則類の決定・変更なんかは何の前触れもなく施行されたり、1日〜2日前に突然実施の発表があったりするんで何とも言えませんね。

今回の内容は「もしかしたら、こうなるかもよ!」という程度の勝手に妄想した個人の見解ですが、年明けのニュースなどはちゃんとチェックするようにしましょう。

でも、無料化したあとも機内入国審査プログラムを続けてくれればイミグレの長蛇の列に並ばずに済むんだけどなぁ。

私はチケット代が高いフラッグキャリアのガルーダ・インドネシア航空を利用する予定は無いんですけどね。(^^ゞ

posted by たかお at 18:15 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :