bannar-s.gif deposit  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年12月02日

似て非なるバリ島の「ほかほか弁当」

バリ島の南部を車やバイクで走ってると時々この「ほかほか弁当」の看板をみかけますが、私たちも「是非行って見たい!」というお店では無かったので、今まで食べる機会がありませんでした。(^^ゞ

先日 MAL BALI GALERIA 内にあるハイパーマートに買い物に行ったついでに「まぁ話のタネに・・・」とモール内にある「ほかほか弁当」に初めて行ってみました。

CIMG6504

いわゆる「ホカ弁」とは全然イメージが違っていて、店内はファミレスの雰囲気に近い感じです。

CIMG6502

メニューもちょっと品数が少ないかな〜という印象ですね。

CIMG6489

セットメニューの他に単品メニューもその場で選べるようになってました。

CIMG6488

私がランチに選んだのはチキンカツライスセット Rp.25,000.(220円くらい)です。

CIMG6500

薄い衣が付いたチキンカツに甘めのタレがかけてあるだけの、超シンプル(寂しいとも言う?)なランチでした。

インドネシアではパン粉を使ったフライものは一般的で無いので仕方ないのかも知れませんが、サクサク感も無いし温かいけど熱々の揚げたてでも無いし・・・

日本のホカ弁屋のおばちゃんが作ってくれる、弁当のふたが閉まらないほどのチキンカツ弁当が無性に恋しくなってしまいました。(T_T)

奥さんが頼んだのはバリューセット(冷茶付き)+ Tahu Goreng の入ったお吸い物で Rp.30,000.(265円くらい)でした。

CIMG6499

魚のすり身のフライとサラダが乗っていますが、このフライも薄い衣で温かいだけでした。

なんとなく日本食の雰囲気は味わえますが、これなら同じ MAL BALI GALERIA の1階にある和食レストラン「漁師」の方が(値段はちょっと高いですが)満足できると思います。

次回の訪日時には、小さなお店で作りたてを出してくれる本物の「ホカ弁」を食べる事に決定しました!(^_^)/

2013年12月05日

家族が2人増えたようです(^_^;

昨日の朝、大家さんの奥さんが「この子たちのお母さんが死んじゃってさぁ。ここのペットにしてあげて!あたしは仕事行くから、じゃ〜ねぇ〜。」と2匹の兄妹子猫を置いていきました。(^^ゞ
普段は近所の子たちに「捨て猫を拾って来ても持って来ちゃダメよ!」と言ってくれていたんだけど・・・
きっと大家さんの奥さんは、他の人が見つけたネコには厳しく言えても、自分が見つけちゃったネコにはそこまでの事が出来ない優しい心(なのか?)の持ち主なんでしょうね。
で、昨日から我が家に来てくれたのはこの子たちです。
P1030980
怪我や病気のチェックを簡単にしたところ大きな問題は無いようです。
まずはペット用の粉ミルクを溶いて水分補給をさせると2人で先を争って「フゴフゴ」言いながら飲んでくれました。
見た目1か月くらいの子なので普通のキャットフードも行けるだろうと、子ネコ用のキャットフード(ウェットタイプ)を出してあげると、今度は「フギャッ!フギャッ!」と言いながら2人ともお皿を抱えるようにしてペロリと食べちゃいました。
まだ食べられそうなので、今度はお湯に浸した子ネコ用のフリスキーを出してあげると、これも2人して争うように・・・(^^ゞ
P1030962
これだけ食欲があれば一安心です。
さて、私たちのチェックだけではやはり心配なので一度クリニックへ連れて行こうと、最近近所で見つけた新しいクリニック Dr.Ni Nyoman Sutiati へ向かいました。
地図画像
ところが、ドクターは結婚式のウパチャラがあって午後1時過ぎにならないと来ないと・・・
まぁチェックだけの急ぎの用件では無いので、先生が来たら我が家へ往診してもらうことにして一度帰宅。
午後3時頃にドクター(女医さん)が来てくれ、一通りチェックしてもらうと「ノミがいるだけで大きな問題は無いようですね。」とのこと。
ありがたいことにこのドクターは「シャンプーがあるなら今マンディさせてノミ退治もしちゃいましょ!」とぬるま湯を使って丁寧にノミ取りまでしてくれました。
もともと野良の2人ですから「母乳から寄生虫をもらってるだろうから薬も飲ませておきましょう。」と、虫下しも飲ませてくれました。
いやぁ〜、随分と丁寧で面倒見の良い先生でした。<(_ _)>
最後にお支払は?と聞くと「今日は私の都合で往診になったんで、往診料2万ルピアは不要です。」とのことで、Rp.80,000.(710円くらい)の請求書をいただきました。(安っ!)
nota
ここで新しい家族を紹介しときましょう。
P1030995
生後1か月くらいの男の子で手足の先っちょだけが白くて、軍手とスニーカーソックスをしているような子です。
名前は今奥さんが考え中なんですが、ペンちゃん(仮称)と呼んでます。(尻尾が短い=pendek)
P1030967






この子は女の子で、後ろ足には白いルーズソックスを履いています。(^^ゞ
名前は、パンちゃん(仮称)です。(尻尾が長い=panjang)
P1030974
上の写真は左が尻尾の短いペンちゃん(仮称)、右が尻尾の長いパンちゃん(仮称)です。
体重300gちょっとのこの子たちがどれほど小さいのかと言うと・・・
P1030999
こんな感じですわ。(^o^)
頭の良い(すでに親バカ!)ペンちゃん(仮)とパンちゃん(仮)なので、昨日の夜には用意したトイレを使う事も覚えてくれたんですよ。(^_^)v
P1040008
しばらくは目を離せない状態が続くでしょうが、1週間もすればお兄ちゃんたち(ニス凛々ケンタ)ともコミュニケーションが取れるようになってくれるでしょう。
まだお兄ちゃんたちは神経質なようですけど。(^_^;
ということで、お〜い、奥さ〜ん!早く名前を決めておくれ〜!


2013年12月06日

考えていた通りにVISA(VOA)延長が出来るのかなぁ?

先月21日にクアラルンプールへ日帰り出国〜再入国して30日間滞在可能な VISA on Arrival(VOA)を取得し現在バリ島に滞在しています。

Passport-2

私たちの次の計画として1月15日に新しい長期滞在用の VISA(非リタイアメント・ビザ)を在シンガポール大使館で取得することにしていて、チケットも予約済だしエージェントさんにも依頼を済ませています。

そんな訳で10月下旬から1月15日までの3か月弱をツーリスト・ビザで滞在するつもりでした。

インドネシアでは空港で取得できる VISA(VOA)を滞在期間中1回だけ30日間延長することが出来ます。

普通に考えれば到着時の VOA 30日間+延長VISA 30日間で合計60日間の滞在が出来る・・・と思ってたんですが、どうもそうじゃないような情報がネット上にあるんですねぇ。

どうやら VOA で滞在可能な30日の期間中に延長手続きをするので、結局は25日間前後+延長 VISA 30日間しか滞在出来ないらしい・・・

バリで VOA の延長を体験した知人に聞いてみると、やっぱり1週間くらいは短くなることを見越して出国のチケットを取っているとのこと。

前回の入国日から1月15日までは56日間。奥さんは58日間の滞在を予定していたんですが・・・やばいのか?

まぁ、考えていても仕方ないので今日の午前中にクタのイミグレに行って来ました。

受付で「ビザの延長をしたいんですけど」と言うと「書類は整ってる?」と聞かれ、パスポート原本、パスポートのコピー、次回出国便のチケットのコピーを渡すと一通り目を通してから、MAP と呼んでる紙の書類挟みと申請書を無料で(ネット上では5000ルピアで買うという情報が多かった)くれて「申請書を書いて窓口に提出してね」と言われました。

申請書を書いて機械発行の受付カードを取って待っていると、混んでいる割にはわずか2〜3分で番号を呼ばれました。

窓口の担当さんから一部書き足りないところを指摘されたのでその場で書き足して提出すると「後で名前を呼ぶからちょっと待ってて!」と一応受理してもらえました。

またもやインドネシアの役所仕事ではあり得ないような待ち時間、わずか2〜3分で名前を呼ばれて「この紙を持って来週の11日の9時から11時の間にもう一度来てね」とあっさりと手続きが終了しちゃいました。

tanda-terima

本当に大丈夫なのか〜?と思って「これで30日間+30日間の60日間滞在できるんですよね」と確認したんだけど、担当さんの回答は「延長は30日間だよ!」と、ちょいとかみ合わない会話になってしまったんで「買ったチケットの日までは居られるんだよね」と再確認したら「だから延長は30日間だから!」と忙しそうにつっけんどんな対応をされちゃいました。

以前、空港近くにイミグレがあった時は職員ももっとのんびり(インドネシアでは普通に)仕事をしていたような気がするんだけど、今日行ったイミグレのカウンターを見てるとみんな真剣に申請書の数をさばいているという印象を受けました。

昔なら申請段階で問題があれば「このままじゃ受理出来ないんだけど、なんとかしようか?○○ルピア出せる?」などと笑顔で聞いてくれたんでしょうけど・・・(^_^;

それでも今回の申請は一応受理された(?)ようなので、来週の11日に再度イミグレへ行って来ます。(2回目の出頭はビザ延長代金の支払いのため)

その時点で予定しているフライト日まで滞在できるのかがわかる・・・かもしれません。

その後、3回目のイミグレ出頭日(パスポート受け取り)にならないとわからないのかもしれません。

お役所仕事にこんなワクワク、ドキドキ出来るインドネシアって素敵です!(んなこたぁ〜無い!)

 

posted by たかお at 22:26 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月09日

サム(男の子)とサーラ(女の子)です

やっと奥さんが命名してくれました。

P1040093

左側が男の子のサム。右側が女の子のサーラです。

サンスクリット語(バリ語)の輪廻を表す単語 saṃsāra(サンサーラと発音するらしい)から名付けたそうです。

P1040075

今年は立て続けに我が家で悲しい出来事があったのですが、バリヒンドゥ教にある輪廻転生の考え方によって「亡くなった子たちがこの2人の子猫に生まれ変わって帰って来てくれた」という意味だそうです。

P1040083

2人とも元気にチョロチョロと家の中を駆け回っていて、元気に過ごしてくれています。

P1040112

ご飯もたくさん食べてくれていますが、兄妹がいるから余計なんでしょうけど「俺が!俺が!」、「あたしが!あたしが!」と主張しあってえらい事になってます。(^^ゞ

P1040148

1人1皿にしてもお皿をかかえて「この皿は誰にも渡さへんで〜!」という気迫が伝わってきます。

P1040168

ニス凛々ケンタのお兄ちゃん達とは、まだまだだいぶ距離があるようですが、今のところ凛々(三男坊)が一番近づいてくれてるかな〜?

それでも距離感はまだまだこんな感じです。

P1040033

このサムとサーラが我が家に来てから6日間ですが、ものすごい勢いで成長しているのが感じられます。

P1040049

最初は私の太ももに直接昇る事が出来ず、足首あたりから乗っかって来ては太ももからコロリンと落っこちていたんでが、今ではソファーに寄りかかってる私の肩まで自力で昇ってこれるようになりました。

P1040144

まだ人肌(ネコ肌?)が恋しいのか、私の首の回りで私と一緒にテレビを見たり昼寝をしたりしています。

でも、ここで昼寝をされるとコーヒーも飲めないしタバコも吸えないしで、ちょっと困ってしまいます。

P1040156

ご飯をたくさん食べて、ウンチもオシッコもたくさんして、昼も夜も良く寝てくれれば、きっと元気に育ってくれるでしょう。

心配事はお兄ちゃん達とちゃんと仲良くできるかどうかなんだよなぁ〜・・・

でも、これは神経質大親分のニスと神経質子分のケンタの対応と努力にかかってるんだよなぁ・・・

時間が解決してくれるのを待ちましょう。(^_^)/

 

2013年12月10日

新年を迎えるラッパが売られ始めました

今年も残すところ3週間となりましたねぇ。

日本で仕事をしていれば冬のボーナスが気になったり、忘年会のスケジュール調整などに忙しい時期なんでしょうが、ここバリ島では師走らしい雰囲気は全然ありません。

それでも年末の風物詩と言えば、ニュー・イヤー・ホーンと呼ばれているボール紙で作ったラッパでしょう!

P1040179

大晦日のカウントダウンではもちろん大人も子供も吹きまくって賑やか(うるさいっ!とも言う)、子供たちは12月の下旬になると夕方になるとみんなで吹き鳴らして楽しんでいます。

近所のスーパーマーケットで見つけた新年ラッパですが、小さいもの(30cmちょっとかな?)は Rp.3,600.(32円くらい)。

P1040181

大きなもの(50cmくらいかな?)は Rp.4,800.(43円くらい)で売られてました。

P1040180

他には、豪華な飾りが付いたサックスタイプもありますよ!

P1040182

ラッパの先端が花になっていたり、ラッパ自体がドラゴンのようになっているものもありました。

これらはちょっと高めの値段で Rp.10,800.(96円くらい)もします。

P1040183

クリスマスイルミネーションも見かけない我が家の周りでも、これからこのラッパの音が日に日に賑やかになって年末らしさを感じられることでしょう。

でも、ホントうるさいんだ!このラッパ!(>_<)

posted by たかお at 20:10 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
bannar-s.gif deposit  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :