bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年06月01日

ニスのその後

昨日、再びウダヤナ大学の動物病院に行ってきました。

レントゲンを撮っての再チェックだったんですが、毛玉は少なくなっていて、腸内のガスも少なくなっていました。

1週間 Hair Ball Control 効果があるドライフードを食べさせた効果はあったようです。

普段の様子にも変化はあって、オシッコ1回の量も増えてきたし、ウンチはここ2日ほど”もりもり”と出していました。

昼間はいつもどおり隣家の屋根裏で昼寝をしているようで様子がわからないんですが、朝と夕方のご飯の食べっぷりは以前と変わらないですし、くうちゃんや凛々と追っかけっこをする姿なども普段通りに元気に見えます。

ただ病院の先生は「やっぱり毛玉が残ってるから手術した方がいいねぇ。」と言ってました。

手術自体はそれほど難しいものでは無く、手術は2時間程度でその日のうちに帰宅できるとのこと。

でも、やっぱり手術しないで済むならそうしてあげたいので「今の方法で効果が出てるから、もうちょっと様子を見たい。」と言うと「じゃぁもう1週間様子を見てみましょうか。」とのことで、とりあえず昨日の手術は回避できました。

インドネシアでは人間相手の医者も日本と比べて「切りたがる=手術したがる」と言われてるんで、果たして本当に手術が必要なのかどうかがなかなか判断できません。

1週間後はこれまで撮ったレントゲン写真を持って、別の大きな民間の動物病院に連れていこうと思います。

それでも「要手術!」と言われたら仕方ないですが・・・

 

2013年06月03日

エアアジアがプロモーションを実施中(予約は 6/9まで、対象フライトは 8/16〜12/15)

本日からエアアジアのプロモーションが始まってました。

Book The Lowest Fares Now!

プロモーション期間

予約期間:2013年6月3日〜2013年6月9日

搭乗期間:2013年8月16日〜2013年12月15日

羽田〜バリ島(デンパサール国際空港)間で調べてみたら9月で往復 38,200円。

20130918-0925

10月だと往復 34,368円。

20131016-1023

11月でも往復 34,368円ってのが見つかりました。

20131113-1120

探せばもっと安い組み合わせがあるかも?

この料金は往復の航空運賃のみで、機内預け荷物の料金や座席指定料金などを含んでいません。

ずいぶんと先の話ですが、とっとと休暇を決めてしまって安いチケットで旅を楽しんでくださいね!

air-asia-airline_200x115

がんばれ!エアアジア

posted by たかお at 18:15 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 乗り物

2013年06月06日

2日間だけ一緒に過ごした「ダリア」の死

一昨日の午後、近所の子供がぐったりしたネコを抱えているのを見かけた奥さんが「どうしたの?」と尋ねたところ、「病気でご飯も食べないし、死んじゃうから捨てに行く」と言うのを聞いて、たまらずに引き取ってきました。

目は開けているものの柔らかくしたペットフードを口元に持っていっても食べようとしないし、湿らせたコットンで水分を摂らせようとしてもダメ。

我が家のかかりつけのドクターに連絡して診てもらったところ「ウイルス性の内臓疾患で、とても危険な状態。自分で食べるようにならないと長く生きていられないよ。」と、悲しい診断をもらいました。

ただ私たちのことを思ってか注射を1本と、嘔吐防止の薬を処方してくれました。

ドクターからは「人間の赤ちゃん用の粉末離乳食(おかゆ)が市販されているので、それを少しづつでも口に注射器で入れてみなさい。嘔吐防止の薬は1日2回で投薬したら30分は食べさせないこと。」とアドバイスをもらいました。

ダリアと名付けた6か月くらいの女の子に早速嘔吐防止の薬を飲ませ、30分後におかゆをゆるく溶いて口に入れてあげると少しづつですが飲み込んでくれました。

丸1日経った昨日の夕方にはオシッコもウンチも出せるようになりましたが、まだまだ立ち上がる力まではありません。

今日になっても容態が良くなる様子も無かったので、クタにある Sunset Vet という比較的大きな動物病院に連れていきました。

そこでの診断は「発症してから長期間食べない状態が続いていたから、悪くなった内臓が委縮してさらに栄養を摂ることが出来ていない。このまま少量の栄養補給を続けても命は数日しか持たない。」という更に厳しい診断でした。

ドクターからは「申し訳ないけど人間ができる医療にも限界があります。このまま自宅で最期まで面倒をみることも出来ますが、安楽死という選択肢も考えてあげて下さい。」と言われました。

わずかな時間ですが一緒に家族としてみてきたダリアです。

すぐには安楽死という選択をすることが出来ませんでした。

「2人で話し合ってみて下さい。」と診察室からドクターとスタッフが事務所に戻り、しばらく私たちはダリアの頭や首や背中や足をさすってあげながら話をしました。

この時、一度だけダリアは右前脚で私の指をつかんでくれました。

まるで握手をするように。

2人でしばらく話し合ったのち、最終的に選択したのはダリアの安楽死でした。

これが良い選択なのかどうかはもちろんわかりませんし、単なる人間のわがままなのかもしれません。

でも家族として出した結論なので、ダリアには「ゴメンね」と言いながらそのことを伝えました。

ドクターとスタッフにもこの結論を伝え同意書にサインをしたのち、ドクターがダリアを別室に抱いていってくれました。

待合室で待っていると、あっけなくたったの20分ほどでダリアは花柄の布に包まれて戻ってきました。

病院のスタッフに「近くにペットの葬儀ができる所があるか?」と聞いたところ JL.Sesetan にある動物病院で火葬をしてくれると言うのでスタッフに案内をしてもらって Klinik Hewan DR.Dharma へ向かいました。

P1020130

Dr_Dharma-3

ここで行ってくれる火葬は日本の火葬場と比べればとことん質素ですが、バリの人たちの葬儀を見てればそれほどの格差は感じません。

火葬の前には、病院のスタッフがダリアのためにバリヒンドゥ教のお祈りもしてくれました。

P1020133

火葬が終わるまではたぶん1時間もかからなかったと思います。(体重は 650g しか無かったから)

スタッフがダリアのお骨を集めてくれ、バリ人の葬儀と同じように白い布で包んで素焼きの骨壺に入れてくれました。

P1020137

そしてお昼過ぎにはダリアは我が家へと戻ってきました。

P1020156

お骨はバリ人と同じように海に流すことも考えましたが、マンディ(水浴び)嫌いのネコなので日本風に土に帰してあげようと思っています。

たった2日間しか一緒にいられなかったけど、輪廻転生の考えを持つバリ島なのでまたきっと一緒に過ごせる時が来ると思います。

それまでゆっくり休んでね、ダリア。



このような内容を書いたところにお金の話もどうか?と思ったんですが、このような情報も必要な人がいるかもしれないので書いておきます。

Sunset Vet での安楽死処置:Rp.250,000.

Klinik Hewan DR.Dharma での火葬料金:Rp.500,000.

 

posted by たかお at 20:27 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月07日

ケンタ(ネコ)が家族になりました

ダリアが我が家に来る1時間ほど前、これまた近所の子供たちが「広場で拾ったんだけど飼ってよ。2匹いたんだけど1匹はもう死んでてさ。」と子猫をもってきました。

奥さん:「え〜っ、もう3匹も飼ってるから無理だよ〜。」

子供たち:「そうなんだ・・・じゃぁ捨ててくる。」

奥さん:「ちょっ、ちょっ、ちょっと待ってよ!捨てるんじゃかわいそうじゃん。」

子供たち:「だって家では飼えないし・・・」

奥さん:「わかりました。預かります。」

という事で、我が家に4番目の家族が仲間入りしました。

P1020125

まだ1か月半くらいで 600g の男の子ですが、全然人見知りをしない子です。

P1020145

私たちの足元をウロウロしながら体を擦り付けてくるし、すぐに膝の上に乗っかるしで「野良としての警戒心もって無いのか?」と聞きたいくらいです。

P1020129

チェックを兼ねて体を拭いてあげたあと、フリスキーのお湯で柔らかくしたものをあげると、小皿2杯をペロッと食べちゃいました。

名前はダリアの事もあったので、健康に育つように漢字で「健多」(健太だとデブになりそうなので・・・)と名付けました。

しかしこのケンタ、全然人見知りしないネコのくせにネコ見知りは強くて、2日間くらい我が家の3兄弟に向かって尻尾を太くしながら「ファァ〜ッ!」と威嚇の声を出していたんですよ。

しかも人の足の後ろに半分隠れて。(^_^;

3日目になった昨日あたりからはくうちゃんと凛々には尻尾を太くする事が無くなったんですが、一番神経質なニスはまだまだケンタを受け入れる気分にはならないようで、ケンタに向かって威嚇の声を出しています。

まぁこれも時間が解決してくれるでしょう。

P1020161

でも、ケンタはニスの弟か?と思うくらい性格は別にして外見は良く似ています。

2012年1月22日にニスが我が家に来た時のブログ

兄弟なら余計仲良くすればいいのに、と思うのですが神経質なニスにとっては単なる闖入者でしかないのかもしれませんね。

今朝、凛々の3回目のワクチン注射をしに行ったとき、ケンタも一緒に連れていってドクターの簡単なチェックと1回目のワクチン注射をしてきました。

我が家の”ネコ”エンゲル係数は高くなる一方ですが、仲良く元気に育ってほしいものです。

 

2013年06月08日

外国人も多いお手頃ワルン“Campur Campur”@ウルワツ

先日マルク州サパルア島出身でバリ在住の知人に晩ごはんを誘われて行ってきました。

サパルア島はとても居心地のいい島で2010年のブログでも紹介した所です。

連れてってもらったのはウルワツにある Campur Campur というワルンです。

P1020109

大体の場所はこのあたりです。

地図画像

店内には外国人も結構入っていて、Free wifi まで使える立派な(?)ワルンでした。

P1020104

メインのメニューはいろんなおかずを自由に選んでお皿に乗せてもらう Nasi Campur なんですが、ここのワルンでは3種類のご飯が用意してあってご飯も選ぶことが出来ます。

選べるのは普通の白いご飯、ターメリックとココナッツミルクで炊いた黄色い Nasi Kuning、赤米を混ぜて炊いたほんのりピンクの Nasi Merah です。

おかずはどこにでもある Nasi Campur 屋さんと同じようなものですが、照明が明るいだけで結構おいしそうに見えるのが不思議です。

P1020106

「ここのイカの煮物が美味しいよ!」と知人の勧めにしたがって、滅多に食べられない赤米の Nasi Merah をチョイスしていくつかのおかずを乗せてもらいました。

P1020105

時計の3時の位置から反時計回りに、ナスの素揚げサンバル漬け、とうもろこしのかき揚げ、煮込みゆでたまご、イカと野菜の煮物、唐辛子調味料サンバル、という布陣です。

これだけ乗せて一皿のお値段は Rp.21,000.(210円くらい)でした。(おごってもらいましたが・・・)

私のプレートではイカの煮物が高かったようで、魚のから揚げを選んだ奥さんの一皿は Rp.14,000.(140円くらい)でしたよ。

1人前が 1万そこそこ〜2万そこそこルピアで食べられるなら、町中にある薄暗いローカルワルンと変わりはありません。

このお店ならワルン初心者の友人なんかを連れて行っても「えっ!ここで食べるの・・・食べても大丈夫?」と引かれる事は無いでしょう。(^_^;

なかなか良いワルンを教えてもらいました。& ごちそうさまでした。<(_ _)>

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :