bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年03月02日

サーファーの怪我で治療院へ!

27日の水曜日から弟が我が家へ来ています。

目的は自分でやっている治療院(大船駅前)の海外展開を視野に入れた視察・・・という名目にしているようですが、単にサーフィン三昧を楽しみたいだけのようです。(^^ゞ

詳細は本人のブログでも見てやって下さい。

昨日から本格的に海に入って楽しんでいたようですが、今日は昼過ぎに予想外の早帰り。

さては年齢も年齢だし、体力の限界で尻尾を巻いて帰ってきたのか〜?と思って迎えに出ると、どうやら波にもまれて浅瀬の海底に思い切り肩を打ちつけたらしい・・・(>_<)

視察と称して遊びに来るからバチが当たったんだよ!とは言ってはみたものの、アイシングを始めたりして本当に痛そう。

急遽医者に行くことにし、持っているクレジットカード付帯の海外旅行障害保険の適用について日本へ電話をかけて確認してから、クタにある「タケノコ診療所」(場所はこちら)までバイクで行ってきました。

事前連絡もせずに行ったんですが運よく予約の患者さんもおらず、すぐに診てもらえました。

結局、骨折までのダメージでは無いとのことでレントゲンは撮らず、痛み止めの注射と飲み薬を処方してもらって無事に解放。

治療費+薬代で90万ルピアほど(8,750円くらい)の支払いをしていました。

治療を受けて最悪の事態(骨折などでの長期治療)は免れた安心感からか、我が家に戻るとコーラを飲みながらこの笑顔です。

単なる打撲のようですから帰国して自分の治療院を再開するまで5日間あるんで、営業再開は大丈夫でしょう。

自分の肉体の衰えを自覚しろ!というバリ島の神様からのちょっとキツイ助言だったんでしょうね。

まぁ大事に至らずよかったですわ。

 

posted by たかお at 18:36 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月04日

凛々が捻挫(?)で治療院へ

今朝わたしたちが朝食をとっているときに見た凛々は「んっ?ちょっと歩き方がおかしくないか?」という状態でした。

右前脚をちょっとだけ浮かせるように歩いているように見えたんですが、凛々を抱えて足を曲げ伸ばししてみても痛がる様子も嫌がる様子も見せないんで「まぁ大丈夫だろう」と考えてました。

そして今日のお昼ご飯のとき、匂いを嗅ぎつけて昼寝から目覚めた凛々の歩き方は明らかに異常でした。

右前脚をほとんど地面につけずに私たちのご飯をねだりに近寄ってきたんです。

こりゃ一大事!と、とっとと食べていた Babi Guling をたいらげて、クタにある Vet International という大きな動物病院へとバイクで向かいました。

運よく渋滞も大したことなく15分ほどで到着すると、24時間営業の病院のシャッターが閉まっています。(@_@)

「もうつぶれたんか?」と思って電話をかけてみると、聞き取りづらい自動音声が「政府の許可に問題があって現在休業中です」とほざいてる。

レントゲンでも撮る必要があったら困ると思って、わざわざ大きな病院まで来たのに〜!(事前連絡をしなかった私も悪いんですが・・・)

仕方なくサヌール方面にある Klinik Hewan Dr. Anom という中規模病院まで、またもやバイクをかっ飛ばして行くはめに。

病院に着いて今朝からお昼までの状況を説明し、早速診察をしてもらいました。

先生の所見は「熱も高くないし骨折でも無いですね。どこか高いところから飛び降りた時に捻挫のような状態になったんでしょう」とのこと。

鎮痛消炎の注射を1本打ってもらい、飲み薬を6日分処方してもらって無事に帰宅となりました。

P1010078

ちょっとだけ右前脚の肩のあたりと肘の先あたりが腫れてる様子がわかりますかね?

ちなみに今日の治療費は Rp.200,000.(1,950円くらい)でした。(高っ!)

nota

我が家へ帰ってきた途端に足を引きずりながらもニスにじゃれついたりしてたし、ほんと大きな怪我じゃなくてよかった。

2人のお兄ちゃん(くうちゃんニス)と遊ぶのは良いけど、あんまり無茶しなさんなよ!

2013年03月05日

ひなまつりのちらし寿司

凛々の治療やらサーファーの治療やらでバタバタしていて、こんな季節ネタを書くのが遅れてしまいました。(^_^;

2日前の3月3日はひなまつり。

我が家の該当者は猫を含めても1名しかおらず別に毎年これといったイベントもしていないのですが、タイミングよく弟が日本から「五目ちらしの素」なるものを持ってきてくれたので突然パーティをすることになりました。

P1010035

日本の食文化を代表するありがた〜いお土産の品々です。\(^o^)/

近所のお店で売ってる1kgに小分けされたお米(もちろんインドネシアの長粒種米)を Rp.9,500.(93円くらい)で買ってきて、炊いたご飯を扇風機で冷ましてから「五目ちらしの素」を混ぜ、錦糸卵を乗せるだけで見事な豪華和食が出来上がりました!

P1010061

ついでに、これまた弟からの貢物「ノザキのコンビーフ」を使ってキャベツのコンビーフ炒めを作ってみたり、インドネシア食材の代表格テンペ(Tempe)を Kecap Manis で甘く味付けたテンペ・クリンもテーブルに乗せて日本料理とインドネシア料理のチャンプルパーティとなりました。

P1010065

普段から和食に執着心の無い我が家ですが、久しぶりの五目ちらしは旨かった〜!(^_^)v

こうしてみると日本には「○○の素」みたいな便利な食材が豊富に揃ってますよねぇ。

たまにはこんな手作り和食を作って日本を忘れないために(?)食べるのもいいかもしれませんね。

 

2013年03月07日

雨があがって虹が出たよ

ここ3日間ほど雨が降ったりやんだりの天気が続いていて、太陽もなかなか顔を見せてくれなかったんですが、今日の夕方になって久しぶりに太陽が出てきてくれました。

西の空に太陽が出てきたら東の空には見事な虹まで出てくれました。\(^o^)/

P1010085

これでしばらく晴れが続いてくれるといいんですが。

何しろ我が家のネコたちのトイレ用の砂も在庫がピンチになりつつあるもんで。(^^ゞ

まる2日くらい腫れてくれないと、砂浜の砂も乾いてくれないんですよねぇ。

ペットショップで売ってる高い「トイレ専用砂」を買わなくて済めばいいんだけど。

お天道さま、よろしくお願いしますね!<(_ _)>

posted by たかお at 20:07 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2013年03月09日

我がバンジャール(Banjaru)のオゴオゴが完成

近所の子供たちが作っていたオゴオゴがいよいよ完成しました。

P1010095

3週間前にはまだまだ新聞紙でくるんだ張りぼてのようだったのに、あっという間に完成したという印象です。

このオゴオゴは、ニュピ前日の3月11日の夕方からはクドンガナンの街を他のオゴオゴとともに練り歩きます。

P1010098

毎年のこととは言え、中学生・高校生たちが作るオゴオゴの迫力は、とても子供たちだけで作ったとは思えません。

バリ中の子供たち(一部の豪華なものは大人が作ってるらしい)が作るオゴオゴっていったい何基くらいになるんだろう?

みんなが一生懸命に作ったオゴオゴたちの大舞台となる3月11日が楽しみです。(^_^)v

 

posted by たかお at 20:58 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :