bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年02月01日

インターネット用に新しい WiFi モデムを購入

いつでもネットが使えること自体ありがたいと思っていたのに、慣れてくると「もうちょっとスピードが出ると・・・」などと欲が出て来ちゃいます。

そんな訳で今年最初の無駄使い(?)は、ネット用の WiFi モデムの購入でした。(^^ゞ

3日ほど前に JL.Sunset Road にある smartfren のオフィスに行って買ってきたのは、5ユーザ同時接続可能で、下り最大14.7Mbpsというスペックを持った USB WiFi モデムで、値段は Rp.599,000.(5,700円くらい)でした。

この USB WiFi モデムはパソコンに接続しなくても電源供給だけしてあげれば WiFi 接続が可能になるので、我が家のように複数台のパソコン+スマホのような使い方をしている場合には便利だと思います。

我が家では電波状態の良い窓際のコンセントに、モデムに付属していた USBコネクタを挿して使っています。

今まで使っていたのは下り最大 3.1Mbpsのルータータイプのものでした。

このルーターを使っていた時は早朝の時間帯で最大 1.1Mbps程度のスピードが出ていたんですが、最近昼間の時間帯に接続できない状態が出てきていたんで買い換えを考えていました。

でも、このルータータイプだと今回買った USB WiFi モデムとは違い、接続してあるパソコン同士が LAN 接続された状態になるのでプリンターの共有やファイルの移動など、便利な面もあったんですけどね。


さてさて、今回購入した USB WiFi モデムを使ってみてどんだけ早くなったのかというと、早朝の状態の良い時間帯では 2Mbpsをちょっと超えるようなスピードが出ていますが、昼間から夕方にかけては 100〜200Kbpsに下がることが多いです。(もちろんこれ以下になることも・・・)

でも、以前のルーターのように頻繁に切断されるようなことが無くなったので、いらぬストレスからは解消されました。(^_^)v

感覚的には 1.5倍くらいのスピードアップ感がありますので、設備投資の効果としては十分でしょう。

USB WiFi モデムでは LAN 接続が出来ないので、プリンターを使う時には母艦として使っているデスクトップパソコンに有線LANでつなぐという面倒なことが必要になりますが、印刷も頻繁にする訳では無いのでこれは目をつぶることにします。

あとはもうちょっと安定して速度が出てくれればいいんですが、そこまでのインフラ強化をしてくれるのはまだまだ先の話でしょう。

しばらくはこの環境でインターネット接続をしていくことになりそうです。(というか、無駄使いはほどほどに・・・)

 

posted by たかお at 18:55 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 買い物

2013年02月03日

腕時計の電池交換

去年の8月に買った Rp.36,000. もする豪華な腕時計ですが、昨日コモド仕事があって前日に荷物の準備をしていたら、なんと電池切れで止まっていました。(>_<)

この仕事では時間の管理も重要項目なんで、帰りの飛行機に絶対に乗り遅れないためには時計無しで出発する訳にはいきません。

そんな訳で一昨日の夕方に急遽、以前にも文字盤の修理をしてくれたお店に行って電池交換をしてもらいました。

電池の交換をお願いすると「Biasa(普通)の電池?Bagus(優秀)の電池?」と訊くので、何が違うのか尋ねると「Bagus な電池は長持ちして Rp.25,000.、Biasa は中国製の電池で Rp.12,000.だよ。」とのこと。

値段相当(2倍)に長持ちするかどうかは不明ですが、ここは気前良く「んじゃ、Bagus で!」とお願いしました。(^^ゞ

小さなマイナスドライバーで裏蓋をこじ開け、電池を交換して裏蓋を手のひらで“パンパン”と叩いて閉めるまでわずか1分の早業!

現在時刻に合わせてくれた(帰宅したら10分近く違っていたけど・・・)腕時計を受け取って、Rp.25,000.(240円くらい)を支払ってきました。

おかげで昨日は飛行機に乗り遅れる事も無く、無事仕事も完了しましたよ!(^_^)v

 

posted by たかお at 17:52 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月05日

デンパサール(NgrahRai)空港の国内線ターミナルがまた変わってた

従来の国内線ターミナルを使っていたデンパサール(NgrahRai)空港の国内線(GAを除く)ですが、先日国内線を使ったとき到着ターミナルも変わっていました。

旧国内線ターミナルはもう既に解体工事が始まっているようです。

上の略図の黄色い部分が国内線到着ターミナルになっていて、出口と書かれたところに柵が作られており、ここで出迎えが出来るようになっています。

今回の最大の変更点は、これまでフリーで使えていた16番ゲート横の喫煙室が、軽食店のお客専用になっていたことです。(T_T)

いつものように出発前にタバコを吸おうとして喫煙室に入っていくと、お店のお兄ちゃんが「コーヒーでも飲む?」と聞くので「いらん!」と言うと “ Customer Only ” と書かれた張り紙を指さして「ここは店の利用者専用なんだよ」と・・・

なんだと〜!と思いながら「他にタバコが吸えるところはあるの?」と聞くと「外だけだよ」とのこと。

それって現実的には「他に無い」ってことじゃん!(-_-)

スモーカー天国のインドネシアでも、空港はだんだんと肩身の狭い場所になりつつあるようです。

 

posted by たかお at 08:11 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物

2013年02月06日

YAMAHA MIO の後輪駆動部からカラカラと異音が

サイドスタンドを立てて暖機運転中の YAMAHA MIO の後部からカラカラという異音が聞こえてきました。

耳を近づけると後輪左側にある駆動部あたりから異音が出てるようで、バイクを直立させると異音は消え斜めにすると再び異音がするという状況です。

バイク運転中には全然違和感を感じないし、信号待ちのときも当然バイクは直立してるんで異音はしません。

でも、このまま乗り続けるのは気持ち悪いので、いつものバイク屋さんにいって修理をお願いしました。

バイク屋のお兄ちゃんは異音を確認すると「分解するから時間がかかるよ」と言いながら早速駆動部の分解にとりかかってくれました。

分解してもらってわかったのは、キックペダルとプーリーをつなぐ部分の部品の一部が欠けていることが原因のようでした。

当たる部分を研磨してそのまま使うか?部品交換するか?と聞かれたので、安心のためにも「部品の交換」をチョイス。

とは言っても道ばたのバイク屋さんには部品が潤沢に揃っている訳では無いので、近くにあるディーラーまで部品調達に行ってくれました。

ディーラーを2軒回って確保してくれた部品を取り付けて、修理完了まで3時間弱。

思っていた以上に修理時間がかかりましたが、バイク屋のお兄ちゃんは少し組み上げてはエンジンをかけて異音が出ない事を確認してくれていましたので、丁寧な作業をしてくれたんでしょう。

部品代が Rp.65,000.+工賃が Rp.25,000.+洗車代が Rp.10,000.で、総額 Rp.100,000.(970円くらい)の支払いでした。

3時間近く付きっきりで作業してくれたお兄ちゃんには、修理代とは別に Rp.10,000. を渡しておきました。

ちょっと大きな出費でしたが、出先でいきなり動かなくなるような事になる前に手を打っておく方が、結果的には安く済むでしょう。

過酷な運転に付き合ってくれている YAMAHA MIO は、まだまだ現役で毎日走ってもらわないとならないですからね。o(^_^)o

posted by たかお at 07:49 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物

2013年02月07日

デンパサールのローカル寿司屋さん

普段は渋滞を避けるために通らない道を久しぶりに走ってみたら、寿司屋さんの看板があったんで入ってみました。

デンパサールの JL.Teuku Umar にあった Warung SUSHI QOMBI で、場所はこのあたりです。

地図画像

道路側にはこんな看板もあって結構目立ってました。

お店の入口はこんな感じになっていて、車とバイクの騒音を楽しみながら(?)食事が出来るようになってます。

お寿司を握ってくれる板さんは、お店のトレードマークにもなっている Volkswagen のワゴン車の中で寿司を作ってくれています。

店内は半分がオープンエアのスペースで喫煙可、半分はエアコンが効いている部屋になっていて、もちろん禁煙でした。

エアコンの効いている部屋にはずいぶんと地元のお客さんが入っていましたよ。

私が注文したのは Sushi Q Roll という、ツナサラダとサーモンとアボガドときゅうりの巻物で Rp.20,000.(195円くらい)です。

8個並んでますが1つが小さいので、私でもこの1人前じゃ足りません。(^_^;

で、サイドオーダーで頼んだのがワカメと天かすが入った Mini Udon で、これも Rp.20,000.(195円くらい)でした。

しかし、このうどんは全然味が無い(と言って良いくらい)つゆで、醤油をたらして食べちゃいました。(>_<)

Mini Udon は、このお店で「絶対頼んじゃいけないメニュー」でしょう!

奥さんのチョイスは手巻き寿司でサーモンとツナマヨを注文して、これは2本で Rp.20,000.(195円くらい)でした。

うどんを注文したのは失敗として、お寿司のほうはジャポニカ米を使って酢飯になってるし、値段を考えても十分美味しいものでした。

ちゃんとガリとわさびも付いてきましたし!o(^_^)o

メニューの内容も出て来たお寿司も、海外で食べる外国人板さんが作ったお寿司と言う感じで巻物中心だし、ほとんどのメニューにアボガドが入っているしで、本格的に和食を食べたい人には全然物足りないと思います。

実際、このお店の板さんはオーストラリアの寿司屋さんで修行をしてきたバリ人でしたし。(日本へは仕事じゃ無く行ったことはあると言ってました)

でも、インドネシア人の友達に「日本のお寿司食べてみる?」と連れていくには、苦手な生ものはサーモンぐらいしか無いんで雰囲気を味あわせるにはちょうどいいお店って気がします。

私たちにとっても、たまには「安く」和食の雰囲気を味わってみるか〜というノリで行けるお手頃なお店ですね。

話のタネに行ってみるといいかもしれません。ただしミニうどんは・・・

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :