bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2013年01月23日

2012年我が家の家計簿大公開!

去年1年間バリ島で生活して使ったお金ってどんなもんかいな?と思って、我が家の家計簿を検証してみました。

総支出のうち年一括(我が家の家賃は複数年一括)で払ってる「住宅費=家賃」と「VISA関連費用」を除いた科目別集計をしてみると、こんな感じになりました。

単純に見てみると、1か月の2人分生活費(家賃抜き)として 7百万ルピア(今のレートで 66,000円くらい)って使い過ぎじゃないですかね〜?(^^ゞ

参考までに家賃とVISA代の単純1か月平均まで足すと、1か月の生活費は10万円くらいになっちゃいます。(@_@;)

これで生活費の節約をしたいという事なら誰が見ても「酒とタバコをやめなさい!」って事になりそうです・・・が、絶対に無理でしょう。(^_^;

それでは、個別に問題点をあぶりだして行きましょう!o(^_^)o

問題の「酒・たばこ費」15.9百万ルピアのうち、お酒に使ったのは 4.3百万ルピア(約27%)で、タバコ代は 11.6百万ルピア(約73%)でした。

酒とタバコのどっちかをやめなさい!という事になると、おのずとタバコをやめるべきなんだろうなぁ・・・無理だけど。

まぁ、これについてはノーコメント!ということで。(^^ゞ

「食費」15.5百万ルピアは月1万円ちょっと程度ですから、まぁこんなもんかなぁ〜という印象です。

食料品はもっぱらローカルパサールで買ってますし、輸入品で高くて手が出しづらいチーズなんかは年間で 58万ルピアくらいしか買ってませんから。

食費の支出額トップは同じ輸入品のバターで年間 1百万ルピアも使ってました。

これは奥さんが作るパンに使うし、焼いたパンを食べる時にも使ってるんで仕方無いでしょう。

「娯楽・ペット費」9.9百万ルピアのうち、衛星放送の Indovision への支払いが 3.2百万ルピア(約32%)で、くうちゃんとニスのご飯代が 2.6百万ルピア(約26%)、くうちゃんとニスの治療費(ワクチン・去勢含む)が 2.1百万円(約22%)でした。

我が家の息子たちにかかる費用もバカになりませんが、これも抑制する対象じゃぁ無いですね。

「日用・消耗品費」7.7百万円の中では、奥さんが使う化粧品代がトップで 1.4百万ルピア(約17%)も使ってました。

これを「節約しなさいっ!」と言うと、作ってもらう食事に毒を盛られる可能性が否定できないんで黙ってます。(^_^;

集計してみてちょっとビックリしたのは、殺虫剤関係で 64万ルピアも使っていたことです。

いたずらにぶちまけてる殺虫スプレーや毎晩つけっ放しの電気蚊取りリキッドをずいぶんと使っていたんですね。

「備品・修繕費」の 5.8百万ルピアは9月に買ったノートパソコン 3.2百万ルピアが大きな支出だったんで、毎年これほど必要では無いでしょう。

「交際費」5.8百万ルピアの中では、近所の人たちに配った写真プリントや額代が一番多くて 年間 3.5百万ルピアも使ってます。

でも、写真を撮ってあげてプリントもして渡してるおかげで、いろんなウパチャラにも誘ってくれたりするし、何よりみんなの嬉しそうな顔が見られるからやめられませんね。

ご近所さんだけじゃなくインドネシアの人たちは、とっても自分大好き!な人たちですから、写真をプリントしてあげるとホントに喜んでくれますよ。

「光熱水ゴミ処理費」は年間 4.9百万ルピアで、このうち電気代が 3.5百万ルピアにもなっています。

これは今年1月から値上がりしてる電気代をちょっとでも節約するために、年末に 1百万ルピア分の電気代プルサを購入したためなので、これを除けば毎月の電気代は 20万ルピア強という程度です。

ローカルの一般家庭よりは高額ですが、エアコンをほとんど使わない我が家なので外国人家庭としては安い方だと思います。

その他は、飲料水の Aqua ガロンボトル(19L入り)が 63本で 85万ルピア、12Kg入りのガスボンベが 4本で 30万ルピア、ゴミ処理費が 25万ルピアというところです。

「医療費」の 4.5百万ルピアのうち、お医者さんにかかった治療費が 2.7百万ルピアですから、日本で払う国民健康保険料よりもだいぶ安く済んでいます。(^_^;

この治療費ばかりはかからないに越したことは無いですが、病気になってしまったら潔く早めに医者に行くことの方が大事だと思ってます。

「外食費」の 4.1百万ルピアは、1か月平均で 34万ルピアほどですから大したことは無いでしょう。

「交通費」の 2.7百万ルピアの大半は、車を持っていない我が家で大家さんの車を借りて出かけた車代 2.3百万ルピアなので、全部タクシー使うよりはずいぶんと安く済んでるはずです。

このコストが倍になったところで、毎日渋滞ばかりのバリ島では車を持つ気にはなりません!

「バイク・免許関連」の 2.6百万ルピアの半分近い 1.1百万ルピアが 1リットル=4500ルピアのガソリン代です。

逆算すると年間240リットルほど(月に20リットル)のガソリンを使って、年間 7200 Kmほど走っているので我が家のバイクの平均燃費は 30Km/Lということになります。

ほとんどが2人乗りで、結構メチャクチャな急加速・急減速を繰り返してすっ飛ばしている割には、さすが「日本が誇る世界の YAMAHA」のバイク、かなり優秀な燃費です。(^_^)v

インドネシア特有のルール(?)で、いたるところで支払いが発生する 1回 1,000ルピアほどの “Parkir”(駐車代)ですが、チリも積もって1年間の合計は 28万ルピアにもなっていました。(^_^;

「通信費」の 2.3百万ルピアのうち、電話用に使ったプルサ代が 1百万ルピア、インターネット用に使ったプルサ代も 1百万ルピアでした。


これが我が家2人+2匹の 2012年1年間のバリ島での生活費の実態です。

たいして贅沢もしてないような気もするし、余計なお金を使ってるような気もするし・・・どんなもんですかね?(^^ゞ

今の所、本気で節約生活をしなければならないような状況には追い込まれていませんので、当面はこのレベルの生活を続けていくでしょう。

今年1年も無駄使いはしないようにしながら、貧乏臭くない程度の暮らしをしていきたいですね。(^O^)/

 

posted by たかお at 11:13 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(2) | TrackBack(0) | 生活
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :