bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年12月28日

今まで吸ったことが無いタバコを買ってみた

今日は朝から雨季らしく1日中雨が降ったり止んだり・・・しかも雨が止んでる時も「さぁ〜て、ぼちぼち降らせましょか」というような曇り空だったんで、買い物に出かける気力も失せちゃいます。

雨のやみ間に近所を散歩してスンバコ屋さん(食品・日用雑貨を売ってる小さなお店)の前を通りかかった時、見慣れないタバコのパッケージを見つけたんで買ってみました。

CIMG1700

Tali Jagat Raya という両切りのクレテック(丁子の実入り)タバコ、12本入りでRp.6,000.。

CIMG1693

両切りだけあってタール43mg、ニコチン2.7mgと重量級です。

同じ銘柄のフィルター付きがこちら。

CIMG1701

Tali Jagat Filter というクレテック(丁子の実入り)タバコ、12本入りでRp.7,000.。

CIMG1692

フィルターが付くとタール25mg、ニコチン1.7mgとインドネシアのタバコとしては普通の部類でしょうか。

吸ってみた感想はと言うと、どちらもクレテックの香りが足らず美味しいタバコという印象は持てませんでした。

ただ、日本に持って行って吸うなら比較的クレテック臭くないんで飲み屋でも嫌がられないかもしれませんね。

普段私が吸っているのは Gudang Garam International というタバコで、一箱12本入りRp.9,000.からRp.10,000.くらいで売られています。

CIMG1691

これはフィルター付きですがタール30mg、ニコチン1.8mgと少々重めのタバコです。

この Gudang Garam International を好きな理由はクレテックの甘い香りがしっかりしていることと、もともと強めのタバコ好きにとってちょうどいい重さだからだと思います。

ちなみに奥さんが吸ってるタバコは Samperna Menthol で、一箱16本入りRp.11,000.からRp.12,000.くらいで売られています。

CIMG1694

これでもタール18mg、ニコチン1.1mgあるんで日本のライト系たばこに比べたら随分ずっしりしたタバコですが、私にはちょっと物足らないタバコです。

ここ数年はインドネシアの空港に降り立った時のクレテックたばこの独特の香りがしなくなりましたが、以前は日本からデンパサールやジャカルタの空港に着いてこの香りが漂ってくるだけで「あぁ、またインドネシアに来れたなぁ〜!」と感じたものでした。

しかしよくよく考えてみると、インドネシアのクレテックたばこを全種類試した訳では無いんで、もしかしたらもっと美味しくて自分に合うタバコがあるかもしれませんね。

こりゃ〜試してみるしか無いかな。(^^ゞ

bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :