bannar-s.gif  suzuki_apv mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :

2011年09月01日

家賃の残金を払って鍵を受け取りました

8月20日に手付金を払っておいたクドンガナンの貸家ですが、約束通り今日9月1日に残金 Rp.40,000,000. を大家さんに渡してきました。

こんな札束とお目にかかるのは滅多に無いんで一応記念写真をば。(^_^;

JP017739

日本円なら40万円弱なんで記念写真を取る気にはならないでしょうが、インドネシアでは100枚の束が4つですからねぇ。

約束の10時に新居に行くと大家さん夫婦が掃除をしてくれていました。

ちょこっと世間話をしてからおもむろに支払いの儀式に突入。

現金取引なんで大家さんが400枚を数え終わるのを息を殺して(は大げさ)見つめてました。

最後に「Pas!」(ぴったり!)と笑顔を見せてくれたんで、私たちもホッとしました。


領収書と家の鍵を受け取って今日の式典は完了・・・と思いきや、大家さんが賃貸契約書を出してきました。

日本では当たり前なんですが、インドネシアでは家の賃貸ごとき(?)では契約書を交わさずに事が進むことが多々あるようです。

現在住んでいるクタの貸家も大家さんとの口約束だけ。

証拠として残るのは領収書と、領収書にかかれた「◯年◯月◯日〜◯年◯月◯日分の家賃として」という文字だけです。

普通に家を借りる時は日本のように敷金も礼金も保証金も契約手数料もありませんし、これまた日本のようにやれ「釘を打つな」「壁を汚すな」「床にキズをつけるな」「ストーブは使うな」「タバコは吸うな」などのダメダメ条件もありません。

そのかわり、何かあれば大家さんに一言了解をもらう必要があるんですが、近所に住んでれば用が無くても顔を合わせるし世間話もするんで面倒は無いような気がします。

まぁ、コンクリートの壁にドリルで穴をあけてネジを打つくらいでは目くじらを立てる大家さんはいないようですが。(^_^;

そんな訳で賃貸契約書も簡単なもので、

  1. 貸すのはこの広さの土地とそこに建ってる建物。
  2. 賃貸期間は2年間。
  3. 家賃は1年25百万ルピアで2年分一括払いする。
  4. 契約を延長する時は話しあう。

こんな程度です。(原本は大家さんが警察と自治会に報告・確認してからもらうことになってるんで中身は記憶です)

賃貸契約書にサインをして、本当に今日のイベントは終了。

あとは細かいところの寸法を測ったり、コンセントの位置などを確認して我々も新居をあとにしました。


このあとデンパサールまで買い物に行ったんで、途中で昼食をとりました。

メインストリート沿いはレバラン休暇でことごとくお店が閉まってたんで「コンビニでパンでも買って食うか?」と思いつつ脇道に入ってしばらく走ると屋台に毛が生えたような Bakso屋さんがあったんで、ここでお昼ごはんにすることにしました。

Mie Bakso Telor(つみれ・卵入りの麺)が今日のお昼ごはんです。

JP017774

あっさり味のスープに濃い味の鶏の甘辛煮と野菜が少々、これにBakso(鶏肉のつみれ)が6個と煮込みゆで卵が乗っかってRp.5,000.(50円弱)です。

JP017775

Ubudで食べたBaksoにはちょっとかないませんが、ボリュームもあったし十分に美味しい Mie Bakso でしたよ。

さぁて、残りは改修工事と引越しのみだ。

posted by たかお at 20:20 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸物件

2011年09月02日

ドア替わりの竹製スダレを買いました

クドンガナンの新居の近くにあった竹・ラタン製品屋さんでドア替わりとして使いたい竹製スダレの製作をお願いしてきました。

SANY0368

リビングダイニングから台所へ抜ける出入口スペース用として W 90cm x H 193cm のすだれを1枚。

これは、我が家の愛猫「くうちゃん」が勝手に台所に入らないために出入口スペースの高さピッタリにするためと、構造上取付場所が限られるため細かいサイズでお願いしました。

もう1枚は、リビングダイニングから主寝室へ抜ける出入口スペース用として W 100cm x H 200cm のすだれを1枚。

これは単純に目隠し用なんで、若干大きめのサイズで注文しました。

それぞれに巻き上げようの部品(これは木製)とロープを付けてもらいます。

(新居の間取りはこんな感じです。)


一応オーダー商品なんで1枚 Rp.100,000. × 2枚 = 合計 Rp.200,000.(2,000円弱)で手を打ちました。

ちなみに製作期間は10日間とのこと。

でも、「もうちょっと値切ってもよかったかなぁ・・・」と奥さんに話をしたら、「まぁ今回の引っ越し関係の買い物で竹家具やダイニングテーブルなんかが安く手に入ったんだからいいじゃん。値切ったって1枚100円か200円だよ。」と太っ腹なことを言われたんで値段に文句はつけないことにしました。

今回頼んだお店では、竹やラタンを使った敷物なんかも扱ってるんで、新居のレイアウト(これは奥さんの仕事)や小さな修繕(これは私の仕事)が落ち着いたらインテリア全体の見直しをして、改めて見に行きたいと思うお店でした。

また引越作業が一歩前進しました。

posted by たかお at 21:48 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | 買い物

2011年09月03日

新居の改修工事が始まりました

クドンガナンに借りた家の改修工事がはじまりました。

10時に現地で待ち合わせたんですが、工事担当のアナン君とお兄ちゃんの兄弟2人は2時間も遅れてやって来ました。

なんだか奥さんが具合が悪かったのと、早朝に別の現場で問題が起こっちゃったんで時間を取られちゃって・・・と言い訳をしてましたが、まぁ言い訳させたら世界一(なのか?)と言われてるインドネシアの人達ですから、このくらいは「へぇ、そうだったんだ」と平静に対応して(若い頃のように)切れたりはしませんでしたけど。

ただ「でも、遅れる時はちゃんと電話しなきゃだめじゃん!」と釘はさしときました。

この一言がどれほどの効果があるのかは不明ですが・・・(^_^;


今日の仕事は温水器のあるKamar Mandi(トイレ+シャワー室)までの水の配管ルート確認と、古いトイレと台所のシンク部分の撤去工事でした。

撤去工事は電動工具なんか使わず全部手作業で、トンカチとタガネでガシガシ、ゴンゴンと壊してましたよ。


それとなんで今更(既に人が住んでた家なのに)水道配管のチェックなんかしてるかというと、Kamar Mandi までは(当たり前だけど)水の配管が通ってて水は出ますが、壁に埋め込まれてるパイプが細いようで末端の位置にあるシャワーの水圧が微妙に低すぎるんです。

しかし水の配管が壁の中に埋め込まれちゃってるんで、パイプを太いものに交換しようという案はボツ。

仕方ないんで、大家さんに断って貯水タンクからシャワー用に少し太いパイプを1本追加(外壁に露出配管)して、ダイレクトに温水器とシャワーにつなぐことにしました。

現在のクタの家もかなり水圧が低いんですが、インドネシアの人たちは水圧が低くてもあんまり気にしないんでしょうかねぇ?

Mandi(水浴び)の時も水ために貯まってる水を手桶でかけりゃ済むんで、シャワーなんてあっても使わないのかな?

ただ単に外国人(私のこと)だけが「ガッツリシャワーを浴びた〜い!」と騒いでるだけなのかもしれませんね。


残る2日間もがんばって工事してもらって、無事に9月5日にはすべての工事が終わるようにしてちょうだいよ!アナン君。

posted by たかお at 22:05 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2011年09月04日

改修工事は順調、順調 ♪

クドンガナンの新居改修工事は順調に進んでるようです。

昨日古いシンクを外して、ガシガシとコンクリを壊してた台所は既に新しいシンクが入ってました。

SANY0375

古いシンクより一回り大きくなって、奥さんお気に入りの大きな中華鍋がすっぽり入るようになりました。

水道の蛇口も替えたんで、ここだけ見ると新築のキッチンのようです。


トイレの取替も古いトイレは完全に撤去されていました。

SANY0373

床の嵩上げしてある部分を少し手前に足さないと新しい洋便器が乗らないので、ここはもうちょっと時間がかかりそうです。


追加でお願いした工事は台所が暗い(採光窓が2ヶ所しか無い)ので、台所の換気&明かり採り用の窓を撤去してもらい人が入れない程度の間隔で鉄の棒を付けてもらうことにしました。

もともとあった採光窓はこんなものです。

JP017763

これはガラスを上下に互い違いに入れて雨が吹き込まず、空気だけが通るようになっているインドネシアではよく見る窓です。

これだと汚れさえとれば明るさは確保できるんですが、換気できる空間がものすごく小さくなる(木枠の厚みしかとれない)んで台所の換気窓としては物足りません。

JP017762

これもよくある飾りブロックのようなもので、部屋の換気窓としてよく見られるものです。

みかけは悪くないんですが厚みが3cmほどあるうえに飾りがあるせいで採光量はイマイチです。

この2ヶ所の中途半端な窓部分を撤去してもらって、最大限の換気量と採光量にしてしまおうという魂胆です。

もちろんキッチンカウンター前に窓を作ることができればいいんですが、大工事になってしまうのと家の構造部分に手を入れるのを嫌がる職人さんが多いんで無理っぽいです。

この飾りブロックの撤去も人力でコツコツと周りを少しづつ壊して飾りブロックを再利用できるように外そうとしてくれてました。

SANY0374

お願いした時は「ブロックは全部ぶっ壊してもいいよ。ここを出てく時は新しいのを買って付けるから。」と言ったんですが、インドネシアの職人さんはそんなもったいない事はせず、使えるものは全部再利用する事を前提に考えてくれるんで手間のかかる作業になっちゃいました。

日本人(だけじゃ無いかな?)は「時は金なり」という意識が強いんで「時間がもったいないから壊しちまえ〜!」と安易に考えちゃうんですが、こんな考え方では今流行りのエコにはなりませんね。

こんな手間のかかる作業をしてるんで「予定通り3日で大丈夫?」と聞くと「大丈夫!終わらせるよ。」と力強い返事をしてくれました。

まぁこっちも日給で頼んでるわけじゃ無いんで早く終わらせないと次の仕事にかかれないから、きっと意地でもやってくれるでしょう。

改修工事も残り1日。アナン君とお兄ちゃん、がんばれ〜!

posted by たかお at 21:53 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2011年09月05日

引越しの荷造りをはじめました

昨日(引越し3日前)から引越しの荷造りをはじめました。

日本での生活にくらべ格段に物の量が少ないんで、荷造り作業もちょっと拍子抜けという感じです。

家具さえ無ければインドネシアの友人たちの引越しと同じようにバイクだけでも出来そうです。(^_^;

なにしろ着るものといえば夏物(あたりまえ)のTシャツと長短のペラペラパンツくらいしか無いし、履き物はサンダルのみ。

食器類も洗剤のおまけでもらったガラス皿やガラス碗の数がちょっと多いだけで必要最小限しか持ってない。

本・CD・DVDの類と洋服関係をキャリーバッグとリュックに詰めちゃうと、残りの荷物はダンボール数個で済みそうです。

日本で生活してた時も荷物は少ない方だと思ってたんだけど、それでもダンボール20個とか30個で引越ししてたのはやっぱり無駄なものを結構持ってたんだろうなぁ。

これからも意識して荷物を増やさない生活をしていかないと、きっとあっという間にダンボール30個の生活になっちゃうのかもしれませんね。

posted by たかお at 07:22 | ひらめきコメントを書くひらめき Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
bannar-s.gif  suzuki_apv  jamu mail_88x31.jpg  Today : Yesterday :